時は翼をもつように飛び去る2013/08/02

去年の8/1にここへ引っ越してきて今日で丸1年目になる。

この町には稼動していない煙突のあるビルが幾もある。

SHOE CITYを記念して。

今日は英語クラスの最後の日だった。

夏休み中の出席率はよくないが、今日出席出来たみんながお別れ持ち寄り

パーティーをしてくれた。

先生との相性がよかったのだろう、リラックスして勉強出来た7ヶ月だった。

お別れのスピーチをして、泣き虫でないこの私が泣けてしまったのだった。

先生もみんなもホロリとしてくれて世界ウルルン滞在記のようなお別れに感動!

どうも私は愛犬ジャズを失ってから感情が高まり涙が出易くなっているようだ。

さて、いよいよ待った無しで荷造りを終えなきゃ〜で、

物置にあったケージとの久しぶりの対面でいろんなことが蘇りまた涙の大洪水。

ジャズと私にもっともよい方法をあれこれ考えた結果、犬輸送用ケージ大小。

小さいのはキャスター付きで成田空港内移動用に、大きい方は長時間用に

ゆとりサイズを追加してひとりでこの二つを持ち込んだのだった。

小さい方はビスを外せば二重ねでコンパクトになるので客室へ手荷物で

持っていった。こうして成田からニューヨークへ無事輸送したのだった。

掛替えのない命で、短頭種のボストンテリアを無事空輸するのに最も心配して

気合いの入った私の人生の中での一つの大仕事のようだった。



Time flies. 時は飛び去る

Time has wings. 時は翼をもつ

月日の経つのはあっという間だと実感する年代だ。

過去は二度と戻ってこないから今を大切にしなきゃと実感する年代でもあるのだ



 
   
ブログランキングならblogram Welcome! please click! にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村