クマが怖くって森へ入れない2015/05/14

クマが怖くって森へ入れない
あれから黒い物体がすべてクマに見えてしまうような恐怖感を引きずってます。

先週のケネディパークでのウォーキング中にクマを見てからというもの

やはり怖くって森へ行けなくなってしまいました。

これがケネディパークのマップです。

4カ所の入口からけっこういろいろなコースを歩いています。

駐車場からすぐに二手に別れた道は楕円形でつながっています。

画像の向って左は登り坂で 右はフラットな道になっています。

この画像のオレンジマークが私の位置です。もう少し奥の感じになります。

私が位置する右手前方に黒いマークに位置していたクマに(もう少し奥のイメ

ージ)気が付いた時にちょうど楕円形の中の林を画像左手に上がっていました。

もしも、私が違うコースを取っていたら、あるいはもう少し遅く あるいは

早く駐車場へ向っていたら間違いなく至近距離で出会っていたと思います。

画像の向って右手の崖下の方には民家があり国道になっています。

どこへ行ってどこへ帰ろうとしていたのか...それを考えると今回は不幸中の幸い

だったとはいえ 今それを想像しただけでもゾッとして怖くってなりません。


そしてなんと、

その話をしたその日の午後に場所は違うところですが 英語クラスの先生が

ボーイフレンドとハイキングへ行った時に森の中で3時半頃の時間帯にクマを

見たのでした。小熊サイズで一頭だけだったらしいのですが もしかしたら、

どこかに母グマが居たのかもしれません(コワ〜)

とりあえず距離はあったので 騒ぎ立てずそーっと離れていったそうです。

私から話を聞いたあとのことでかなりの驚きだったと言っていました。


あと、私が聞いた話で、

個人レッスンしている先生の家の周りにもクマが出没するそうです。

他にもグループになったコヨーテが道路に出没していたり イーグルが狙いを

定めて小型犬をまさに鷲掴みしたりと全く驚くような話をしてくれます。

このバークシャー地方の自然の中に小さな小さな集落が点在しているわけで、

まさに数々の野生動物と共存しているイメージで そんな光景もありってことに

なるようです。

(くれぐれもオータムが餌食にならないよに注意を払わなくちゃ〜)

気候がよくなって心身共に解放されリフレッシュ出来るくらい馴染んできた

森の中、もっとも身近で安全なケネディパークだと思っていましたが

クマが冬眠する12月まで1人で行く勇気がなくなりました。

相棒はこの頃ハイキングしたがらないし...なので、小さな森があるだけの

ちょっと退屈コースではありますが安全なママの住む所までのコースをひたすら

ウォーキングすることにしました。そこにはまさかクマは出没しないでしょ〜!



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://walk-myspace.asablo.jp/blog/2015/05/14/7633519/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。