良いニュースと悪いニュース2015/06/02

良いニュースと悪いニュース
6月がスタートした今日は10℃を切り肌寒い雨を伴う一日となりました。


さて、

我家の良いニュースでは 今年も無事に首を切られることなく相棒の仕事続行が

確定しました。人並みに存続していくために私たちにとっても基本中の基本事で

ありますので一先ずは、これから一年間の安心を得ることが出来たのでした。

それほど我家は毎年、低空飛行しながらの綱渡り人生を送っております。


もう一つの良いニュースとは、先週末に下の新しい住人が決まりました。


ウォーキングから帰ってきた時にちょうど大家さんが一人目の見学者を案内

していたところで 大家さんが声をかけてくれて面識を持つことが出来ました。


久しぶりに大家さんに会って なんでだろ〜と思ってしまうのですが う〜ん、

何故かしら嫌な感じがしない大家さんなのでした。

まだその時点では決めていない見学者でいたが、彼女は会計士であって

彼女と犬(愛嬌あるコッカースパニエル)とで暮らすとのことでした。

そして次の日には契約を済ませた彼女は 見た感じ話した感じでは恐らく問題が

ない人に感じました。なので、これはよいニュースだといえそうです。

引越しはまだですが、今後うまく隣人とやっていけることを願っています。

さてさて、悪いニュースとは母のことです。
どうやら母がお世話になっている

グループホームではまだまだ問題が満載のようで改善される気配もないようです。

食事がひどいことになって改善されることなくそのせいかここ一ヶ月ほどの間で

母の食欲が減退してしまっているそうです。この情報は直接職員から聞いた話で

はないのですが 唯一母のことで信頼出来る頼れる人からの話であります。

なので事情があって直接に確認するにも確認出来ないジレンマにあります。

利用者の男性がその貧相な食事に文句を言うくらいですので目に余るかなりの

内容ではないかと思われます。そのことを従妹にも伝えて母の様子を見に行って

もらうようにお願いしました。スカイプで会う限りは気になるような様子はなか

ったのですが...次回は注意して観察したいと思います。食欲の衰えは深刻で心配

でなりません。いつかは緊急事態を向える日がやってくるといつも覚悟はして

いますが... ましてやアメリカでの生活ではなおさらのことその緊急事態に備えて

の機敏な対応が必要とされるわけで そのプレッシャーもかなりのものです。

今、私は来月の頭に期限が切れるパスポート申請をやろうとしているところで

この間にタイミング悪くもしものことがあった場合にパスポート番号が変わって

しまってもチケットは有効なのかどうなのかという点を聞いてみたら実際に

チケットを購入していた時の返答対応になるらしいとのことでした。

一難去ってまた一難って感じで気が休まりません。

しかし、
これも性格的なものもあって心配症な私で心配事もつきものなのかもしれません...

これもあれも私が選んで歩んでいる道中で 恐らく今後も平坦な道を歩むことは

ないのかもしれません。

まだ、

母に生命力があることを願って、大仕事になりますが 条件が整って

もし可能ならば移転の方向も検討していこうかと思っています。