ブログは心のエクササイズなのかもしれない2016/07/04

ブログは心のエクササイズなのかもしれない


一週間ほどブログを離れてみたのですが、やはり私にとっては、心と物事に

けじめをつけていく
作業の一つとして欠かせないものかなと思ったりしています。


料理も、手順や段取りなどいろいろ考えるため脳によいと言われますが、それと

同じようにブログを習慣にすることは心の活性化になっているのかもしれません。



 
たかだかのブログであったにしても、それに費やすものは料理と同じ感覚で、

テーマや素材がお粗末であったり、気持ちが入らず惰性だけになってしまうと、

味も素っ気もないものになってしまうのかもしれません。

ファッションでもなんでも物事はそうなんですが、こだわりあるとないとでは

人に与える印象や味わいなどのアピール度は随分と違ってきます。


私のブログといえば特別なテーマと素材のこだわりはなく、冷蔵庫にあるその時

に目にしたもので、今日はこれを作ろうで献立を決める感覚と同じく、ごくごく

一般的な庶民派感覚で味わう定食メニューのようなブログのつもりであります。

それでも、料理に費やす時間と同じくなんだかんだと最低1時間、場合によって

は それ以上の時間を費やしたりします。なのでブログから離れてみると、

その分他のことに集中出来るってこともあったりします。


しかしです! 英語圏に暮らしていて満足な英語表現が出来ない私にとって、


(その現象にすら慣れて暮らしてしまっていますが...)


実はその言葉の壁へのフラストレーションは半端じゃないんですね。


深いところの自分の気持ちを表現できるのは日本語しかないんですね。


頭の中だけで考えているだけでは堂々巡りしてる感じなんですね。なので存分に


日本語で吐き出し思いを表現すること、これはやはり大事なことなんですね。


ウツウツとしたものを誰にも話さず打ち開けず一人で頭の中で抱えていると、

ネガティブな自己イメージが勝っていくような感じになって自己否定の領域が

どんどん膨らんでいくだけなのかもしれません。



適度な運動をして汗をかいて体にたまっていた老廃物や不純物を排出するように、

心に抱え込んだ毒を吐き出すのに、身近なブログは効果があるのかもしれません。




 愛犬ジャズを失ったアメリカでの生活を支えてきたのも自らのブログでした…

それを思えば、生殺しのような今の境遇をブログに吐き出しながら

乗り越えていくのが私の生き方のスタイルの一つなのかもしれません。



まとまった面接通知は駆け込み面談?2016/07/07

まとまった面接通知は駆け込み面談?

相棒からのもらい風邪で本格的な風邪の症状になってしまい昨日は起きることも

出来ない状況でした。

今日は相棒が午前中の面接に出掛けたので、私がオータムの面倒を見なければ

なりませんので、元気をつけるために今日のお昼になってやっとお粥を作って

食べました。まだまだ辛い症状ですが、ブログを更新することにしました。


7月も半ばに向けて、まだこうして面談が実地されているんですね。

何れにしても私たちには朗報であり、一か八かの心境に近いです。

Stage7の面談は先週終えました。そこは一年契約ですが選んでいられません。

そして、今日は午前中に先々週、相棒の風邪でキャンセルした学校の面接日と

なり、明日はボストン近郊での面接Stage8とStage9の2校控えています。

一校は昨日の電話面接ですぐに面談の運びになったところですので、

ちょっと期待してしまいますが、果たしてどうでしょうか...



骨身にしみる日本人の日の丸ご飯2016/07/08

骨身にしみる日本人の日の丸ご飯

今回の風邪症状は、一週間前にかかった相棒と全く同じ症状で食欲もなく

ずーっと寝込んでしまうくらい私にとって重病となってしまいました。


相棒が見つけた足に出た赤い発疹???

高熱症状を心配した私は、まさかこれティックに刺された跡じゃないよねぇ〜!?

いつものようにいつぶっつけたかなんて身に覚えがないのですが、

だんだん青黒く色が変化してきているのでこれは単なる打撲でしょう。


風邪引き一日目はアイスノンを頭につけてひたすら寝るだけで、

夕方になって一口のリンゴと手作りパンをそのまま少し口にしただけでした。


風邪引き二日目になって、積極的な食欲は全くないのですが、少し何か食べ

なきゃ〜と思い、卵入りお粥を作って梅干し一つで少しだけ食べてみました。

相棒がベーコンとトマトのサンドイッチを作るのでと言ってくれましたが、

体が弱ってくるとやっぱり日本食の発想なんですね。しかし、ふらふら意識で

作ったお粥で、なんだか味がわかりませんでした。どうしても食べたくなる時に

大事にしまっておいた冷凍していた納豆を解凍して夜に食べることにしました。

熱があって味覚がなくなってしまったのか納豆の味がまるで判りませんでした。

そこで、アツアツの白いご飯に梅干しを一つだけのせて食べてみました。

これが、お・い・し・い・んです!弱った身体を芯から癒してくれました。


風邪引き三日目の今朝は、相棒は留守でオータムの早朝散歩をすませて、

いつもはそのまま起きているのですがまだまだ本調子ではなく再度ベッドへ、

朝から蒸し蒸し暑く感じてベッドも居心地悪くって9時には起きてみました。


朝はパン食の私ですが毎日口にするもので、ちょこっと安全性を考えて出遅れ

ながらも最近になって、ようやく私も手作りパンをこさえるようになりました。


ついでに手作りいちごジャムもです。 パンレシピは最もシンプルで砂糖もバター

も控え目なので良いかなと思っています。まだまだ初心者なので見た目は悪いの

ですが、嬉しいことに相棒も美味しいと言って食べてくれるんですね。

食の安全性を追求してしまうと、いろいろと気になることばかりの世の中で、

キリがなく恐ろしすぎて... 一応小麦粉はオーガニックなんですがね…これだって

どうだかって言ったら怪しいもんですが、ま〜少しはマシかなってとこです。


食いしん坊の私たちにはベジタリアンもヴィーガンもなんのこっちゃレベル

の話で全く縁のないことで、割と気にしないでなんでも食べてしまう傾向の

私たちには対処のしようがないですね。


正直言って全てオーガニックが買える身分でないしお肉だって止められないしで、

あとはも〜いけないとされている食品はなるべく頻度を減らし量を減らして

みることで心がけていくのが精一杯ってとこです。



今日のお昼にご飯を炊いて梅一つで食べました。少し元気が出てきた感じでした。

こだわりのない普通のお米に普通の梅ですが、充分に美味しくいただけました〜



逃せば崖っぷちかも四校の面接結果待ち2016/07/11

逃せば崖っぷちかも四校の面接結果待ち

先週の木曜日に受けた二校は数学とESLの教職面接で、相棒はどちらの学校も

気に入っています。出来れば数学教師を望んでいるのですが、今回受けたESL

面接では、ESL教員チームの先生4名も加わり先生たち全員の印象はかなり

良く手応えがあり、ここならESL教師もいいかなと思った相棒でした。


一週間後の通知ということですので、今週の半ば頃にはあると思います。

今回は面接時間も長く手応えもあったのでこの四校に祈る思いで期待を寄せて

しまう心境で、そうそう世の中甘か〜ないのですが、そろそろ拾う神と出会って

もよい頃ではないかと思ったりしてます。


これで、四校とも朗報がないとなると、これはこれはかなり厳しい状況です。


今ではもう、相棒が応募出来る学校は数少なく、前に応募した面接の通知も

今のところなく、全く動きのない状況です。


話は変わりますが、

相棒も私も同じ90歳の高齢の母が居ます。相棒のママは今年になってから急激

に体力が落ちてしまいました。建物内の広範囲を時間をかけてウォーキングする

のが日課だったのですが、今では自力で歩くのは室内だけで歩行する体力が減少

してしまいました。私たちが転勤で引っ越すであろうことを前提に出来る限り

会う時間をとっています。


日本に住む私の母は先々週の月曜日に転倒して圧迫骨折してしまいました。

それから母とスカイプ面会は出来ないのですが、事務長さんの話では食欲も

落ちてきているとのことでかなり心配している状況です。


あれこれとシリアスな問題の多い私たちの今の生活であります。:(



歯痛再発 さーて困った!2016/07/13

歯痛再発 さーて困った!

前回のインフェクションによる歯痛、完治して大丈夫だと思っていたのですが、

土曜日の夜からまさかのまさかでちょっと痛み出してしまいました。

も〜これにはなんともショックショックショック状態です。

引っ越さなければならない、かといってどこに引っ越すのかも決定しない、

相棒の仕事が決まらなければ八月いっぱいで保険も終わってしまう。

そうなると治療も出来ない。もし治療するならやはり今のかかりつけの歯医者さん

がよくわかっていて安心。等々、このタイミングでは色々と問題が多すぎます。


塩水でのうがいはもう必要ないかなとストップしたくらい普通に戻っていました。

今のところ痛みはそれ以上ヒドくはならないのですが、左部分が若干腫れてしま

っています。週末明けの月曜日は私の誕生日で、さすがに誕生日そうそう歯医者

さんへ行くのは心理的に避けたかった〜

火曜日に電話してDr.に相談してみると、2、3日様子見て同じ状況が続くなら、

以前根管治療した同じところへ行くようにと言われました。まずは治療日数が

どのくらいかかるかによっては保険の問題で治療することができません。


このブリッジ部分は4年前に日本で治療したのですが、2年目ですっぽりと外れて

しまうし…この部分も根管治療したんだったと思いますが、専門医で行ったア

メリカと比較してみると、なんだかかなり簡単だったような印象でパーフェクト

ではなかったんじゃにかなんて、今更後の祭りで思ってしまいます。


あ〜困った困った〜、気が休まりません :(:(:(