気を揉む新天地でのアパート探し2016/07/31

気を揉む新天地でのアパート探し

今では、I need a new job. からI need a new apartment.を連発しています。


金曜日に見た最初のこの物件の場所は治安も良く、一階で部屋数と各部屋の

広さも申し分なく室内は白で統一されていてなかなかいい感じです。



その後に見たロードアイランドにある第一候補だった平家の一軒家は、、

一軒家を半分に区切り、隣は大家さんと犬だけが住んでいるカントリーな環境で、

物件までのロケーションは抜群なのですが、各部屋があまりにも狭かったり、

ドアの入り口の所の床部分の小さな穴の空いた部分に蜂の巣があって鉢が

頻繁にそこから出入りしていたりと、、ここはキャンセルしました。


もうこれ以上検討したくない相棒で、申し分ない最初のところに決めたく

電話してみると、もう一組の予約が入っているとのことでした。

大家さんも近所に住んでいて立ちあって会っていて、担当の不動産は多分決めて

くれると言ってくれているのですが、ネックは犬で、ペット不可の所も多い中で、

駄目とは言っていないのですが、どうも大家さんすぐに返事しないところを見る

と、出来れば犬がいない住人の方に決めたく、その人たちの返事を待っているの

かもしれません。週末明けに返事が入ると思いますが、ここは本当に申し分な

く結果を心待ちにしていますが、ダメだった時に備えて、他も検討しています。


駄目であれば、再び週明けに出向いて探しに行くことになります。


オータムは相棒の息子の家には同伴できなくなって、セカンドハウスに一泊。

オータム、嬉しくって嬉しくって大はしゃぎで飼い主に目もくれず広場に走って

行ってしまいました。


これは、私が頼みもせずに溺愛する相棒が用意してくれたものです。


もちろん就活ほどプレッシャーはないのですが住居も大切な一つで、

8日から始まる仕事の前に決めてそこから通う予定にしていますので、

今では、I need a new job. からI need a new apartment.を連発しています。