心にぽっかり穴が開いてしまったような空虚感にチャネリング2016/10/31

心にぽっかり穴が開いてしまったような空虚感にチャネリング

心にぽっかり穴が開いてしまったような空虚感、もはやここまで来ると相棒の

ことだけが原因ではないようで、いつまで経っても空虚感は埋まらず自己否定に

どんどんハマっていくようなそんな時、ちょうどタイミングよく友人が出会った

スピリチュアル・リーディング(霊視)によるカウンセラーの人との話を聞いて

藁にもすがる思いでこの際と思い私も受けてみました。


私と相棒の個人的情報と画像、友人から事前に何を聞きたいのか質問した方が

良いみたいよと言われて、それなら事前に話がスムーズに行けばと思いメールで

今までの私の人生の流れなど個人情報満載で書いて送っていました。


事前に友人から30代の可愛いらしい人と言う情報だけを聞いていましたが、

カメラオフの状態でのスカイプセッションでそもそも声だけの通信が苦手な私で、

かなり緊張気味にスタートしました。スカイプで話した限りの喋り方や声からの

私の印象は、真面目で正直で誠実そうなしっかりした人の感じでした。

しっかりとした無駄のないような口調で語ってくれるのですが、

何故か路頭に迷う私の心には最後まで響いてきませんでした。沈黙の時間を

20分〜くらい(多分)入れて一時間半くらいのセッションになりました。


始めに相棒のことから入り、こんなことを言ってくれたと思います。

『トライ&エラーを繰り返しながら、しっかりと人生を歩んでいる。

教師の仕事では、無理をして我慢していて、今、自分を取り戻す時期を迎えて

いる。 自分の沸点を知っているので無理をしない。正直な人。頭のいい人。

来年の12月には次の生き方を確立して必要とされる場所へ行く。』


前回のブログにも書いていたように、相棒の前向きさにこれ以上、しかめっ面

している自分が間違っていると自覚し始めた私でしたので、こう言われたことで

相棒の事に関してはすっきりした気持ちになれました。


次に漠然として空虚感のある私自身のことなのですが、

事前にメールで書いていたのでそれで十分かと思ってその場に臨んだのですが、

改めて質問を聞かれ・・そもそも空虚感に満ちた心に具体性はなく、はっきりし

ているならこんなに鬱ぎ込むこともなく、その結果、要領を得ない私の話が、

原因なのかハイヤーセルフの内容に具体性を感じることが出来ませんでした。


私のハイヤーセルフからのメッセージは、今世では『調和』がテーマで、

人との関係性に価値を持って育んでいく。私は自分で1〜100は出来ない。

なので3度も結婚しているのはその都度、誰かに助けられる流れになっている。

自分を許して素直になって人との関わりを生み出しやるべきことを探していく。

そんなようなことを言われたと思います。


今思えば、ここで私はもっと具体的になぜ今世では『調和』なのか掘り下げて

質問すべきでしたが、話のやり取りの調子が掴めずにここでも聞くことが

出来ませんでした。

そして、こんな風に言われました。

ー今のままで完成している、今が幸せだと思うこと。ー こう言われた時に、

えっ!今を満足していないから、道がふさがってしまって先に進めず苦しんで

いるのに、それって、もう私には年齢的なことも含んで人生これまでで

この先の可能性がないってことですか?そんな風に解釈してしまった私は

過敏になってしまいそんなことを言いました。

『やり残したことがあるとすればなんですか?』逆に質問されました。

『やり残したこと?』しばらく考えましたが言葉が出てきませんでした。

後になって考えていると、親子も違う年齢の人から見る私の年代は『人生でやり

残したこと』そんなイメージの年代に見えるのでしょうか、確かにある意味言え

るのでしょうが、私がメールで綴った諸々のことが彼女の中には響いていなかっ

たのかもしれません。なんだか話がスムーズに流れていかないので、事前に、

昔の作品と今やっている作品の写真をピックアップして送っていたので、こそば

ゆくももう一度絵を描いて出来ればアメリカでも発表していきたいことを言うと、

NYでやっているのは見えないけど、5年後にはアートしている私が居て『やって

みると違っていたのよ』って言ってる私だそうです。 これも意味不明でした。


私はこのリーディング進行の仕方に慣れずに沈黙の時間の空間はチャネラーが

ハイヤーセルフとコンタクトを取っている間だと思い最後の10分以上もの間を

黙って待っていました。一時間半が過ぎた頃にチャネラーの方から沈黙を破って、

よろしいでしょうかと促されました。

チャネラーの方は最後にと言って、ご主人のお母様からのメッセージがあり、

『人のためでなく、自分のために生きなさい』と言ってると締めくくられました。

これもどう言う意味なんだろうか分からず、

どうしてもひっかる言葉なので考えて解いていきたいと思います。

心理カウンセラーにその気にされて励まされることを期待していた私でしたが

彼女の言葉から聞くことは出来ませんでした。話の展開がスムーズにいかなかっ

たことは、チャネラーさんとの相性にも影響されるのでしょうか、なんだか

後味の悪い苦しい気持ちになってしまい、この後ますます消化不良になって

しまいました。 真面目で誠実で正直そうなチャネラーさんでしたので、

もしかしたら逆にその内容は信憑性があるものかもしれません。ただただ話術の

テクニックを持って相談者を結果的にその気にさてくれることを期待していた

私とのズレだったのかもしれません。


昨夜のセッションからずーっと夜中も寝ながらも今朝になっても消化できずに

モヤモヤしてしまった私は、チャネリングのこと、好意的に思っていた江原氏の

ことなども含めて調べ読みあさりみました。 下記は行き着いたあるある方の

ブログの一部ですが、これで今回のことは消化することにしました。


『…だが厄介なのは、ほとんどの場合、たとえそれが霊能力によるものでないとしても、その人に「騙してやろう」等という悪意がないことと、自分が使っているのは霊能力ではなく、「技術、手法」だという自覚がないことだ。ましてや養成スクールや講座から認定証を授与される等何らかの「お墨付き」をもらっていれば、自分の能力を「本物」と思い込むのも仕方のないことかもしれない。「高次元」と称される精神世界に関しても、蓋を開けてみれば―というものが存在する。それを行う人間ですら自覚していない巧妙な仕掛けが存在している場合もあるのだ。盲信や過剰な期待は禁物なのだ。』


これを機に更に一気に気持ちが落ちてしまい、いよいよ行き場やり場のない

状態になったところで、やっと自力で這い上がることが出来た感じがあり、

もう私は大丈夫だと思います。

占いも色々と種類があるようですが、算命学で見てくれるある人は私にとって

包容力のある優れたカウンセラーでもあって自信が持てて励まされた経験を

持っていただけに今回もそのノリで臨んで期待してしまった私の方が浅はか

だったことと、そして昨夜は波長が合わなかっただけなのかもしれません。

心にぽっかり穴が開いてしまったような空虚感にチャネリングで穴がもっと

広がって、広がるところまで広がってしまった自分のこのザマを目の当たりに

した挙句の果てに開き直れたような私でした。