いまさら何を言うかグルメでない私が食べたアメリカの寿司2017/03/07

いまさら何を言うかグルメでない私が食べたアメリカの寿司

アメリカでラーメンに挑戦しても寿司を食べてみようかなって全然思わなかった

のですが、この度 ”じゃぁ食べてみようかな” と思うチャンスが訪れました。


アメリカでお寿司を食べるのを避けていた理由は、ほとんどが中国人、韓国人が

経営しているので、単純に生モノの鮮度とその衛星管理が信用できずちょっと口

にしたくないのと、連れ合いの相棒が生ものは食べないのでアメリカでわざわざ

寿司を食べるという発想が今の今まで私には全くわきませんでした。


日曜日、ボストン近郊に住む長男夫婦がランチに私たちを招いてくれました。


いつもは料理大好きな相棒の息子が手作りするのですが、近所にある行きつけの

Japanese Restaurantでお寿司はどうだろうかと聞かれて、相棒の長男は料理

するのも食べるのも大好きでグルメな彼のオススメなら間違いないだろうと

せっかくの機会だし物は試しに食べてみることにしました。


メニューには日本語名で日本で食べるほとんどの品が揃っていました。

彼は全ての品を食べ済みでどれも好きだってことで、食通でない私の好みに

合わせてくれて単品で好きなものをチョイスでサバ、マグロ、エビ、ハマチ、

サーモン、穴子、イクラ、そして刺身各種を舟盛りでオーダーしました。


これはこれは生寿司だけは食べない相棒とはありえない外食の光景です!

長男の奥さんと相棒はBENTO BOXをそれぞれにオーダーしましたが、


まだ1歳のお孫ちゃんはイクラ大好きでお寿司だけを始終笑顔で食べていました。


サバ寿司は結構大丈夫かなと恐る恐る食べたのですが意外に美味しく大好きな

穴子も私にはイケましたね〜。ここのお店は日本人の経営者ではないのですが、

彼らかなりお勉強しているようで、日本のお寿司により近くをモットーに営業

している印象でした。 お酒が大好きな長男は熱燗3本ほど飲んでいましたが、

ウエートレスが回ってくるたびにお酌していました。

(お酌文化は日本特有のものと思うのですが、もしかして違うのかな?)

食通の相棒の息子のオススメを機にアメリカで寿司を食べた初印象は見た目も

悪くなく、ネタも私には問題なく新鮮そうには見えました。

ただイクラだけは鮮度がよっぽど良くないと日本でも食べられないので

パスしましたが、あとは全て完食して満足満足のランチとなりました。


アメリカで食べるラーメンよりはるかにイケてるお寿司がアメリカでも食べられ

るなんてこと知って、いまさら何を言ってるの〜なんですが、基本的に私は日本人

がこだわるほど刺身や寿司食べた〜いってのはほとんどなく、ま〜食べる機会が

あったら食べるくらいなので、お寿司の味にもこだわる人ほど厳しくないかも。

相棒と日本食のレストランへ行く機会あったら天婦羅のBENTO BOX美味しそ〜

やっぱこっちの方が私には食欲そそるかもしれません。