完璧な人生の中の欠如2017/04/22

完璧な人生の中の欠如

それはですね…

世間と足並み揃えた競争心が完璧に欠如しているってことなんですが、

お金を生み出す能力が限りなくゼロ感覚で生産力の価値と世間並みの欲にも

疎い人生観の持ち主です。もちろんそんな私も生活するために働いてきました。

自営もしたことがありますが、お金を追求する感覚の欠如で結果うまくいき

ませんでした。よく言われてきましたが、それは考えが甘い!って

ことなんですね。それでもこうして生きてこれたのも生きていけるのも、

違うところの価値観というか、目に見えない何かにいつも支えられているような

人生のような気がします。私の人生の中での見据えている価値観がどうしても

世間並みなことが完璧に脱落しているようで、世間に足並みが揃えられない

のですが、それはそれで人生の足かせのないようなところを無意識に追っかけ

て生きてきた結果のような気がします。


この歳になっても感性に従い、常識にとらわれない性格はやっぱり一般的な

人たちとはどこかズレた視点で生きているのかもしれません。

右にならえ的なルールや常識に疎いのは、どうも生まれ持ったもので、

ことごとく親の意に反する子供時代に鍛えあげた精神力というか、どんなに

挫折しても最終的にくじけないだけのものを養ってきたんだと思います。

この年になっても子供目線で生きていける感性が衰えないってことは、

これはある意味でとても幸せなことかもしれません。



母のところへ訪問するたびに思うのは、バリバリ仕事をやってきた人たちが、

どうしてこうなっちゃったのかなと思いを寄せてみるのですが...

病気だから仕方なく、それと引き換え何かから解放された純真無垢な愛おしさと

断片的な過去の残像だけをどこかに抱え込んで自分の世界に入り込んでしまった

その共通した姿は兎にも角にも象徴的であります。


ある反面とても難しいことなんですが、世間の価値観に惑わされず、

自分の価値観を信じて生きていく、もうこれっきゃないんですね。

若い頃は一体何を考えているの?一体どうしたいの?ってよく言われてきました。

その地に足がつかないような生き様は基本的に今も変わりないようです。

他の知恵と方法が見当たりませんので、ま、開き直りでしょうか、

人様に迷惑をかけないよう、こんな人生もありでこのまんま貫いてまいります。






コメント

_ あーる ― 2017/04/23 23:54

バランスって難しいね。
お金だけを追求しすぎても物事うまくいかないだろうし、夢だけでもうまくいかないだろうし。
でも自分が楽しいって思えるようにしていきたいよね。
他人の楽しいも応援できたらなお良いけど、まず自分。

_ Riceball ― 2017/04/24 14:57

ほんんとですね、何事においてもバランスが大切です!
もう直ぐアメリカへ、無事に帰り着きたいです!
どんなに小さな家族でも、やっぱり家族のもとで過ごすのが一番を実感中!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://walk-myspace.asablo.jp/blog/2017/04/21/8495817/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。