夫婦共に時給11ドルのパートタイマー2017/11/01

夫婦共に時給11ドルのパートタイマー

手軽で力の源_アメリカ人の相棒はサンドイッチ、日本人の私はおにぎりで

仕事頑張ってます!


本当にブログのタイトルらしく『サンドイッチとおにぎりの二人三脚』で、

そんな私たちの実生活が再スタートして定着してきたこの頃であります!


これも全然意識していなかったんですが、本当に用意されていたような物事に

沿って、それが私たちのライフスタイルになってきているようです。


私が仕事を始めて早くも一ヶ月が過ぎました。


仕事の体勢にも慣れてきて始めの頃のあのとんでもないキツさはなくなりました。


私たちの生活パターンにも大きな変化があり、ランダムに仕事する相棒との

すれ違いが、日常生活の中で定着してきました。このすれ違いは、ともすれば

夫婦の危機ってな響きですが、私たちはお互いの日常生活の中での負担を出来る

だけ省いて協力しあって、お金を得て行くことに重点を置いて生活しています。

夫婦のすれ違いになんの問題もないどころか、この生活態勢で以前より私たちの

関係性は上手くいっているような感じであります。


日常生活の中で一番変わったことは『食』であって、以前は毎日料理していた

ランチと夕飯でしたが、今では一緒に夕飯が食べられるのは日曜日の夜くらいに

なりました。 ランチだけは週によって異なりますが、週3〜5回一緒に食べて、

火曜日と木曜日は英語クラスから家に帰るのが一時近くになってしまうので、

その時間帯は相棒が家に居ますのでランチを用意してくれています。


月、水、金、土の夕飯4日間は私はおにぎり持参で仕事に行きますので、

相棒はその曜日の夕飯に自分で好きなものを食べています。

私が家に居る火、木の夜は私一人で好きな物を作って食べて、相棒は掛け持ちの

仕事で移動で、自分でサンドイッチを作って車の中で食べて済ませています。

フルタイムの教師の仕事をしている時は日本式スタイルのお弁当を毎日持って

行きましたが、今や食べる場所も時間もない環境に相棒はアメリカ人らしく

手軽で力の源になるサンドイッチ、私は仕事場へ日本人らしく、おにぎり持参

してそれぞれで仕事に勤しんでいます。その分、 すっかりとおさんどんから

解放されたこの開放感はなんとも言えないかもしれない私です :)


一ヶ月以上も前の話になりますが、相棒がネットで本屋さんでのパートタイマー

の仕事に応募しました。その数日後に待っていても始まらないと言う相棒とその

本屋さんへ様子を見に行くことにしました。 するとですね、なんとタイミング

が良かったようでその日に一時面接を受けることが出来たのでした。

それから数日後に二次面接を受けて、採用決定です!

但し、10月から1月までのシフト制で週3、4日の短期アルバイトです。

チェーン店の本屋さんでこのシーズンはアメリカでは、忙しいようです。

トレーニングを二日間受けて、短期パートタイマーとして稼働始めました。

これで相棒は家庭教師と化学の先生と本屋さん店員で3つの仕事に加えて前から

やっている博物館でのボランティアの仕事もしていますので、スケジュールが

ランダムで混乱してしまいます。


アメリカでは労働基準法に基づく最低賃金制度があって、性別年齢問わず、

スタートは11ドルからなっているので、本屋さんでのパートタイマーの仕事は、

私と同じく時給11ドル!私と同じく15分のブレイクタイムで大急ぎで相棒は

サンドイッチを私はおにぎりを頬張って食べるって具合で、これはこれはなんだか

傑作なそれぞれの一片の日常風景であって面白いではありませんか!


どの仕事も単発でフルタイムでないので、一ヶ月の稼ぎもたかだかです。

なので二人で力を合わせて、それでも人並み以下の稼ぎですが、

アメリカ人らしいサンドイッチと日本人らしくおにぎりを持参していざ出陣!


『サンドイッチとおにぎりの二人三脚』で、地に足をつけてアメリカ生活を

つつましく暮らしながらも楽しく送っていきますよー!