手荒れも傷口も虫刺されにもコレ!2018/05/29

手荒れも傷口も虫刺されにもコレ!

冬になると家事仕事をするだけで、手荒れに伴い指先がひび割れていました。


なので皮膚が薄く肌の弱い私は、去年9月の末から皿洗いの仕事を始めてから、

実際に手荒れへの影響がどれくらい出てしまうか心配していました。


最低限の自己対策としてビニール手袋すれば何とかなるかなと思っていました。


しかしです、甘かった!

そんなものしていたら仕事にならないじゃ〜ありませんか!


はじめの頃は使い捨てのビニール手袋をしたりしていましたが、頻繁に取り外す

ので、それが結構面倒で...その結果、今では素手でも平気になってしまいました。


アメリカで得た初仕事へのチャンスなので、致命傷にならない限りは、

手荒れくらいでそう簡単にやめる訳にはいきません。


試しに、保湿効果が高いと言われているグリセリンをお風呂上がりにつけて

丹念にマッサージするようにしました。


切り傷が出来ると殺菌効果が高いと言われているワセリンを傷口に塗ると

効き目ありで比較的直ぐに治ります。


蚊に刺されてもワセリンを施すと、前のように掻いて真っ赤に腫れ上がる

こともなく、痒みも治ってしまう優れものです!


仕事中でもちょっとしたコトで、けっこう小さな傷が耐えない私です。

傷にワセリンを塗ると、治りが早いように思います。


先日、

マシンの方の仕事を終えて、ハード部門の手伝いに入ったときのことでした。

ナイフ類は危ないので、間違いがないように洗い終えた後には決めた1箇所に

置くようにしています。

ラストスパートで途中から手伝いした私は片っ端から洗い終えたものを片付け

回っていました。テーブルに置かれていたモノがまさかナイフだとは思わず、

無意識に手に取ろうとしたら、痛い!と思った瞬間に血が滲んできました。

なんとそこにあったのはナイフで、それを無意識に掴んでしまったんですね。


誰がここにナイフを置いたの〜なんて、私がよく見なかったという不注意さも

ありますから決して言いませ〜ん。 万が一このようなことが二度目あったら、

さすが寛大な私でも言いますが、その時のリアクションと指の状態を見れば

二度と置く事もないと思います。


家に帰ってからワセリンを傷口に塗り指をガードして、次の日の仕事でも

指ガードして保護していました。

すると、やはり2日目にはほぼ傷口がふさがり回復も早いような気がしています。


冬場の日々のグリセリンでの手入れと、傷にはワセリンで、これはこれは

効果大有りで、 これで手荒れの最大の強敵である皿洗いも問題なしです!


あとはですね、蚊に刺されると過剰に反応する私の肌なんですが、


ワセリンを直ぐに付けると、前のよな異常に腫れる事なくこれも治ってくれます。


指の強張りはまだ残ってますが、一時期の頃のような強い強張り感はありません。

これはグリセリンやワセリンとはいかないのですが、

お風呂に入った時に、毎晩よーくよーくマッサージを実践しています。





コメント

_ あーる ― 2018/05/30 00:10

ワセリンてそんな優れものなんですか。私も今度使ってみます。
そろそろ虫刺されの季節です。
手の切り傷大丈夫ですか?無意識につかんだってことは遠慮なくつかんだってことですよね。怖い・・・刃物に過剰反応する私はその傷を想像しただけで寒気がしてしまいます。
夫も擦り傷、切り傷の耐えない人なので、ワセリン試してみます。

_ Riceball ― 2018/05/30 02:27

はい〜、騙されたと思って使ってみてください!
下手な軟膏塗るよりか効き目あると思います。
もし、効果あるようでしたら、あーるさんのブログで報告してくださいね。
ナイフの件、ホント寒気しますよね。帰って相棒にその話すると、話しただけで、止めて〜〜〜ゾッ〜〜聞きたくないって言われました。追い込み時間で疲れていたのもあって、下手すりゃ〜取り方次第ではおおごとになっていたと思いますが、これも運が良かったというか、血はすぐに止らなかったんですが、そんな深い傷でなかったのが幸いでした。今はすっかり塞がってますが、その部分が凹んでま〜す。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://walk-myspace.asablo.jp/blog/2018/05/25/8859663/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。