愛犬に噛まれてから_その後2018/08/03

愛犬に噛まれてから_その後

愛犬オータムは今年の10月で、5才になるんですが、 なんて早い年月の流れで

しょうか、あーっと言う前のこの5年間でした。(こわ〜ぃくらいTime flies!)


さて、噛まれアクシデントから、一ヶ月以上経過しました。

すっかり心も指の傷も癒えて、何事もなかったように以前と変わらない

愛犬オータムとの生活を送っています。

どうしたって何があっても、可愛い可愛い愛犬オータムの存在であります。


親しき仲にも礼儀ありです。

この礼儀を欠いてしまったことで起こってしまったアクシデントでした。

これは人間関係だけでなく、犬との関係でもそう言うことだと思いました。

主従関係で、何でもかんでもとにかく犬が従わなければならないと、

私もちょっと勘違いしていたと思います。時にこれは人間の傲慢さにほかなら

ない事で、結果として、噛むという究極の行為をさせてしまったのですから。


最もお気に入りの場所で休む愛犬に対してムキになり過ぎた私の行動をまずは

反省して、日々の習慣の基本的なことを見直し心がけるようにしています。


先ずは、散歩へ出向く時の家の出入りがいつもオータムが先になっていました。

今では、せっかくのコマンドを活かそうと意識して、ステイとコマンドをかけて

必ず待たせて、先に私が家に出入りするようにしています。


この基本的なコマンドでの声かけをすっかり忘れていました。

犬のしつけに主従関係は必要ないという観点から見ると、どうでもいいこと

なのかもしれませんが、私は一つのケジメとして再実践することにしました。


そして、無意識にも散歩でオータムが先を歩かせていました。

今では、私より先を歩かせないで、ヒールと発しながら付いて歩かせます。

こうする事で、人様の敷地内の芝生に入ろうとする気持ちを自然に制御出来ます。


躾け教室で学んでいたので、私の歩調に合わせて難無く歩くことが出来ます。


しかし、いつも私のペースでは散歩も楽しめないだろうと思い、私たちの家の

敷地内では、オータムを優先させて自由自在にコースを取らせています。


そして、咬みつきのアクシデントを起こした問題の場面の改善策は、

仕事に出かける時間帯が近ずくと、これは習慣になっているようで、

必ずベッドの下へ潜り込んでいます。

以前のように、ベッドの下を覗き込んで声をかけるのを止めました。


出掛ける前には、スナックを入れたコングを用意してオータムを呼んで

側に来たら、お座りをさせて与えるようにしています。

これを繰り返す事で、呼ぶとすぐに自分から私の側に来るようになりました。


成犬になっても学習能力はあると思います。

小さなことですが、この基本的なことを定着させて、今後のオータムの様子を

観察していきたいと思います。

50歳過ぎてもカッコいい人2018/08/10

50歳過ぎてもカッコいい人

50代は男女ともに、まだまだ若々しい人達がいるんですが、

50代から歳を重ねていくごとに、見た目の年齢に個人差が出てくるのも

この年代からではないでしょうか。


例えば、50代半ばを超えても挑戦し続ける情熱的なトムクルーズは、

衰えるどころか年齢を重ねるごとにますます進化しているようであります。


第6弾のミッション インポッシブル-フォールアウトを映画館で観てきました。

全力疾走で走る走る、息つく間もないようなビッグなアクションの連続!


スタントマンなしでトムクルーズが実際に、限界に挑みこれら全て直感と

情熱だけでやってるって言うのだから、すっごい話じゃ〜ありませんか!


ビルの屋上から対面するビルへとジャンプする撮影で足首を骨折した場面を

実際に映画で使用しているそうです。

しかし、この距離をジャンプして移動できちゃうなんて、日々のトレーニングの

成果にしても、これはこれは、すっごいです!


そんなトムクルーズのファンになったのは、ミッション インポッシブルの

映画を初めて観てからでした。(なんと去年あたりのこと)


このシリーズの第1作目が1996年に公開されたので、20年もこの映画のことを

知らなかったってことになります。

もちろんトムクルーズは知っていましたが、俳優に特に興味がなかったので、

この映画を観ていなかったんですね


相棒はトムクルーズの映画ファンであり、その影響でトムクルーズの映画をよく

観るようになりました。

そして初めて観たこのミッション インポッシブルのシリーズで、スタントなし

でやっていることを知り、体当たりで演ずるトムクルーズの情熱に魅せられ、

(この手の2枚目顔は好みではないのですが)今ではファンになりました。


ボトックスとかで顔をイジってるってことらしいのですが、


年相応の顔の老化があったって、これだけの体当たりの演技が出来る実力のある


トムクルーズなのだから、顔も素のままで十分魅力発揮出来ると思うんですがね。


例えば、

007シリーズのショーン・コネリーには全く興味がありませんでしたが、

それを卒業してカツラを止めてから、歳を重ねるほど遥かに遥かに個性的で

魅力的になっていったと思います。

演技派の役者なら顔の表情が命である訳ですからトムクルーズも、

いじくらない自然のままの顔で、60代70代と魅せて欲しいと思います。


私の周りにも50歳過ぎても年齢を感じさせない人たちがいます。

その共通する一つには、やはり直感的であること、感受性が豊かで行動的な

人ってことでしょうか。

60、70、80代へと見た目はどうしても加齢に伴っていく現象には逆らえないと

思いますが、物事に対する柔軟な姿勢と好奇心と童心を持った感性で生きていけ

ば、幾つになっても歳とってもカッコいい人でいられるんではないでしょうか。







夫の詰めの甘さが残念過ぎる!_屋根修理トラブルその後2018/08/14

夫の詰めの甘さが残念過ぎる!_屋根修理トラブルその後

ポーチ水漏れの修理依頼してから、随分と日が経ちましたが、 先日になって

ようやく解決へと動き始めました。


しかしです!

せっかくの全額返金のチャンスまで、こぎ着けたにも関わらず、

詰めの甘い相棒の対応で、その最大のチャンスを逃してしまいました!


そして、

ここはアメリカで、私の英語力では、どうにも言うべきこと言いたいことが、

伝えられないフラストレーションとストレス満載の結果となってしまいました。


念入りに調べることなく、ここが雨漏りしていると言う私たちの説明だけで、

一部をコーティングをするだけの10分の作業で、300ドルも払ってしまい、

1週間後の大雨で全く状況は変わらないという、なんともお粗末な結果でした。


それを告げると、改めての検査は無料でやるけれど、更なる修理になると請求が

発生すると言うではありませんか。次にやって来て、水漏れ箇所に屋根からホー

スで水を流してみても水漏れしませんでした。その結果、もうやりようが無いと、

なんてこと!こんなバカげたお粗末な話...私はそんな問題じゃ無いでしょ!と、

怒り満載でしたが、相棒はもう二度と関わりたくないと言います。


ならば、300ドルの明細書と領収書だけでも受け取るべきだと先方に相棒に

連絡してもらい、明細書は出せないけど領収書は切るとのことでしたが、

その後、待てど暮らせど連絡がありませんでした。


二度目にやって来た時に相棒に車の会社名などの入った画像を撮っておくように

言いました。


随分と日が経ってしまい、怒りもおさまり正直私も忘れかけていましたが、

雨が降って雨漏りを見ては、振り返すのですが、関わりたく無いと言う相棒との

板挟みで恨めしく横目でみる状態が’続きました。


ここ数日の雨の日続きでやっと相棒、他の修理屋を調べ始めました。

またぶり返して来て、私としては気持ちがおさまらず...

車に入った会社名とサイトをメモっていた相棒に、

私がレビュー書くと言い始めると、漸く漸く動いてくれました。


これだけでなく色々と問題があったりで、頭痛持ちの相棒には、いっぺんに

あれもこれもと問題を処理していくのは困難です。

やっとここ来て、その時の事情説明のメールを入れました。

ここに到達するまでの道のり、長かったです!


当時、このお粗末な屋根修理の男の紹介を相棒の同僚から受けたのですが...


メールした結果、その会社の従業員であることは確かなのですが、

この男、なんと会社を通さずに、内緒で仕事の合間に会社の車のまんま勝手に

副業として片手間にやったのでした。

この会社は私たちから直接依頼を受けておらず、顧客にはなりません。

なので、当たり前ですが、否定的なレビューを書かれてはビジネスに影響が

出るのを一番に懸念していました。

悪評のレビューを書かれては困るその責任者は、自分の従業員のやったことで

あるので、その男に返金するように伝えるとのこと、話しが必要であればと、

わざわざ電話番号まで表示してありました。


ここまでの経過で、相棒のGoodJobにホッとして希望が見えるようでした。


ここで、本来はメールのやり取りだけでなく、その会社のボスと電話で直に

話すべきだったと思いますが、相棒はお粗末男の電話だけを待っていました。

私だったら、すぐに電話で話を付けますが...英語できないからって...


相棒ばかり責めることしか出来ない私自身も残念であります!!!


そのお粗末男との電話で結果、作業して今更になって、全額は返金できないと、

100ドルの返金で合意した相棒でした。その時点で、お粗末男のダメな仕事でも

200ドル分の仕事を認めてしまったことになります。

そんなバカな話 … … … … … … … …


私だったら、絶対に認めない!これは絶対に全額返金でしょ!


そもそも、作業した時点で、その経過、結果を判断してすぐに強く言わなかった

私たちに大いなる落ち度があります。

確かに今更になって、

全額返金要求に対して、返金したら自分の非を認めることにもなりますね。


隙あれば、お人好しからお金を騙しとる詐欺と変わりないですね。


相棒のこれらの対応力に対してどうにも消化出来ない私です。


それからずーっと考えれば考えるほど腹立たしく、次の朝、うなされるように

ベッドの中で、せっかくのチャンスを、なんて愚かな!と、言い放していました。

朝っぱらからそんなこと言われて、気分いい訳がありません。


強くモノを言えない相棒も自分のお粗末さを自覚しているようで、

つべこべ言う私に、二度とこの話に触れて欲しくないと言い放しました。


なので、このお粗末な出来事の一件は、これでおしまいとなりました。







アメリカ人好青年との別れ2018/08/17

アメリカ人好青年との別れ

夏休み期間だけでやって来た大学生のジェイクが終了して去ってしまいました。


彼は高校生の時、このレストランでパートをしていたのですぐに戦力になり、

この3ヶ月足らずのことでしたが、その間ものすごく頼りになるジェイクでした。


まだ20歳の若者ですが、彼の人に接する態度を見たり触れていると、
標準的な

アメリカ人にはない、その細やかな感性に一味も二味も違うものを実感しました。


日本人の私が見て、共通してると感じる「気が利く人」だなってところは、

やはり相手を思いやる心と、どこか謙虚さがあって繊細な感性の持ち主であって、

これらは年齢や国籍を超えて共有できる心の在り方なんではないでしょうか。


ジェイクがやって来た初めの頃のことでした。


たまたま私の目の前で携帯を床に落としてしまった彼で、 だいたいは、”shit!”

とか言ってしまうと思うのですが、その時の彼のリアクションは、その瞬間を

見ていた私を意識してか、 ”stupid me!”と言ったのでした。

ちょっとした事ですが、咄嗟の場面で出る言葉遣いの違いがあると思いますが、

この時の彼のリアクションに好感が持てました。


いつも手が必要かどうかと声をかけてくれたり、仕事の全てが終了するまで

やり易いように色々と気を回して実行してくれたものでした。


冷房されていないキッチン内はものすごく暑く、それだけで消耗してしまいます。

バーに洗ったグラスの入ったラックを運ぶときに、彼はワイン用のピッチャーを

いつも一つだけ私に手渡し、一緒に行こうって言ってくれました。

一番奥の部屋にあるバーまでのレストラン内はエアコンがガンガンに効いていて、

客室は私たち皿洗いにとっては楽園であります!同感のジェイクのこの気遣いと

思いやり、そうそう誰もこんな風には振る舞えないと思いましたね。


日本語の「黙れ!」をキッチン内の調理人全員が覚えるまで広めユーモアもある

ジェイクでした。


ある日のジェイクを見てびっくりしました。あのバスボーイのマルコメ君と

同じく坊主頭に刈り上げてしまい、スッキリしたヘアスタイルが好きだからっ

て言ってました。清楚さもあるジェイクでした。


名残惜しくも、そんな彼のラストデイがとうとうやって来ました。


全ての仕事を終えて引ける時に、心を込めたThanksカードを手渡しました。


するとですね彼は、それを読んでから、”You’re so sweet!.”と、


心から喜んでくれている様子でした。


彼の方からハグと言って、私たちは大きなハグして別れたのでした。


こうした年齢を超えたフランクな付き合いが出来るのもアメリカ人ならでは

のことでありますが、アメリカ人のこの感覚はけっこう好きです。


ジェイクが職場を去って1週間が過ぎましが、ちょっと寂しいもんです。

もし私が同じ年頃で独身だったら、きっとジェイクに恋していただろうな〜


来年の夏休みも、 ”Jake...Come bake!!!”







隣の不気味さんになんと大きな変化が!_その後2018/08/19

隣の不気味さんになんと大きな変化が!_その後

あれから、隣りに警察がやって来た真相は、相変わらず謎のまんまなんですが、

別に噂にもならず、その後何も変わりないってことは、心配するほどのことでは

なかったのかもしれませんが、だったら一体あれはなんだったんだろうと...

不気味さんなのだから不気味さんらしく、このまま謎でよいのかもしれません。


そして、最近のことで、この不気味宅での二つの変化を目にしました。


一つは、

隣州のナンバーなので、誰かが来ているのかなくらいに思っていましたが、

7月下旬からずーっと停めてあるので、どうやら本人の車のようです。


それから、完璧な引きこもりだった隣人は、車で度々外出するようになりました。


そして、もう一つは、想像もしない事でしたが、まさかのまさか...


ある夜、オータムの排泄で外へ出た時のこと、犬の鳴き声がするので、

なんとなくその不気味宅の窓を見ると、窓越しに私たちを見ている白い犬の姿!

う〜ん、これはきっと誰かの犬を預かっているに違いないと思っていました。


そして、先日、リビングでパソコンしていると一時過ぎころ、なんとですね!

ジャックラッセルのような子犬を連れ出して家の前の道に出ていました。


えっ!犬飼ったの???

私たちの前の通りをちょっと過ぎて、すぐに引き返して来たときには、

その子犬を抱きかかえていました。


偶然に見かける時、いつも黒づくめの出で立ちしか見たことないのですが、

この時はなんとブルーのTシャツを着ているではありませんか!

そして、真っ黒な犬ではなくって、真っ白い犬!!!


数分のお散歩デビュー??? 排泄物の持ち帰りお願いしますよー!

そして、すぐに家の中へ消えてしまいました。


引きこもりの不気味さん、涼しくなったら普通にちゃんと散歩するのでしょうか!

大きなお世話ですが、ワンコの行く末が心配です!