4年ぶりの田舎脱出_NYCへ2019/06/26


3泊4日で予定していましたが、出かける日の夜中に体調不良になった私でした。

吐き気を伴う激しい頭痛が始まり何度もトイレに通ってしまう症状に見舞われてしまい

止むを得ずその日はNY行きをキャンセルすることにしました。

このパターンって私には珍しく、まるで相棒の偏頭痛みたいな感じになってました。


次の日も体調は万全でなかったのですが、せっかくのNYC行きを丸々キャンセルして

しまってはつまらない話になってしまうと思い、車にピローとブランケットを持ち込んで

シートの背もたれを倒して寝る態勢で出向きました。


相棒のお兄さん宅で用意されたランチを頂いてから早速、奥さんが運転する車でNYC入り、

私たちを降ろしてもらい、地下鉄に乗ってチェルシーギャラリー地区へ向かいました。


チェルシー地区は何度か訪れているのですが、高架線を改築して作られた遊歩道を

今回初めて歩いて、マンハッタンにこんなちょっとした名所があったなんてね、

2014年の秋に完成したそうでハイラインって言うそうです。


前回最後に行ったのが2015年の10月だったけど、、、

こんなとこがあるなんて全く全く気が付かなかったな〜


お兄さん、Bronxに家を購入して住んで25年以上、NYCで勤務なのでさすがに詳しい!

私と相棒はお兄さんを見失わないようにひたすらについていくのであります。


お兄さんの超おすすめで、同じチェルシー地区にあるチベット美術品のコレクションが

展示してあるロビン博物館へ初めて行ってきました。


博物館の中は各フロアへ移動が出来きる螺旋階段があり会場は大きくないので短時間で

観ることが出来き、あとは静かなカフェで歩き疲れた体を休めるのにも最適な場所でした。


大好きNYの街で不調さもぶっ飛んでしまい来た甲斐がありましたわ〜


この日は午後過ぎからのNYC入りで、あーっと言う間に夕飯の時間になりました。

再びNYCへ車でやってきた奥さんとスペインレストランSalinasで待ち合わせして

パエリアを食べてこの日は帰宅しました。


しかしです、マイカーでNYC入りして駐車しやすい場所に止めてなんてね、私達にはムリ!


アウトドアは好きでない彼等なのですが、NYCを歩くのは苦もないようで、

あいにくの悪天続きのなか、雨の時にはレインコートのフードを被ってマンハッタンを

軽やかに歩くそのお姿はニューヨーカーって感じでしょうかね。

強い雨の時はやっぱり傘が欲しくなる私ですが、この点は相棒も傘不要でありますが。



次の日は、朝ゆっくりしてからバスと地下鉄でNYCへ移動しました。

地下鉄のこんなところにも中国の浸透ぶりがさりげなくあって

オール中国語のポスターが車内に貼ってあるのが目につきました。

定かでありませんが解る漢字を拾うと、心理カウンセラーに関する広告だったような、、

その横のシートに座って寝ている人も中国人のようでありました。

だからなんなのですがね、

全世界に繰り出す脅威的な中国パワーに過剰反応するだけのことです。

まずはランチでベトナムレストランへ入りました。


この日の予定は相棒が必ず行きたいメトロポリタン美術館へ、お茶したり2時間ほど

過ごしてから相棒のお兄さんはお医者さんの予約があるので一足先にMETを出て行き、

7時にイーストビレッジ地区にあるレストランSharakuで待ち合わせする事になりました。


レストランやカフェ以外の場所で初めて見るMET内にあったジェンダーフリーバスルーム、

私個人的には、ひじょ〜なる不自然さを感じて順番待ちの間終始拒絶反応状態でした。

偏見や差別の支障を解消するのにそんなトイレも一部あるって事は良いとは思いますが、

いずれもしかして全トイレが共有化してしまうようであれば、

これはこれはやり過ぎではない?

〜に装った犯罪もありそうで、、絶対にイヤですわ!



閉館でMETを出るとNYCに取り残された気分でちょっとナーバスな相棒、

METをあとにして早々と現地へ向かうことになりました。

NYは相棒よりかうんと慣れている私で、行き方は私に任せって感じでした。


現地のカフェで1時間ほど潰して、無事お兄さんと合流〜

大食いの私がなんと胃が張った感じになって天ぷらを食べ切れませんでした。


この夜は地下鉄に乗ってバスに乗り換え無事にお兄さん宅へ帰宅しましたが、

ここから再び私の不調が始まり、胃がパンパンに張った感じがずーっと続き、

便が大量に溜まってしまっていたのか夜中に何度もトイレに行く始末でした・


次の朝はBronxを観光する予定でしたが、胃が張ってご飯も食べられない不調さに、

我が家で休みた〜ぃで、自宅へ戻る事にしました。


アメリカ生活を始めてMA州の4カ所に住んできましたが、

夏の観光地で賑わうLenoxを除いて、外食するにも特にお気に入りのレストランも

ないような退屈なとこ〜って言う相棒で、

これからは年1でお兄さん宅に泊まってNYCで気分転換しよ〜と提案してきました。

田舎に住む私たち、二泊三日でNYCいいじゃな〜い、大賛成です!


コメント

_ あーる ― 2019/06/30 12:12

体調悪くて大変でしたね。夏バテか?
健康第一、お大事にしてください。
ライスボールさんの大好きなNYCにお兄さんちってイイですね。
私は今夜一人の夜を堪能しています。夜更かしする体力がないので寝ちゃうと思うけど。。。

_ Riceball ― 2019/07/02 01:16

レストランがリノベーションしてから平日でもお客さん増えてきて、
時間中のバイトが忙しく、腰が妙に痛かったりと、、、
キツぃ〜かも〜で、ほんと健康第一ですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://walk-myspace.asablo.jp/blog/2019/06/25/9091816/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。