地獄なみの暑さだった_私が働くキッチン内2019/07/25

地獄なみの暑さだった_私が働くキッチン内

米東部で湿度を伴う猛暑を体感しました。

猛暑が数日続き、月曜日には寒冷前線の南下で途端に暑さは和らぎ、

火曜日には肌寒いくらい気温が下がってしまうこの気候激変に

身体は参ってしまうようであります。


我が家では、ベッドルームにだけあるエアコンですので、

あとは扇風機でしのいでいましたが、家の中でも熱中症ありえるとのこと、

そんな危険を感じて唯一の避難場所として一日中エアコンをフル稼働させていました。


先週の金曜日の夜、私が働くレストランでもスタッフたちが、

明日はF100(38℃くらい)越えになる〜と言っておりました。

忙しい土曜日の3時からの仕事、いざ覚悟してキッチンに入りました。

室内体感は40度越えでしょうか、

キッチン内はエアコンがなく覚悟以上の湿度と熱波で頭がクラクラ〜、

こりゃ〜マジでヤバッと思いました。

マシンサイドにはまだ早番の人が入っていたので、手洗いするハードの方へいくとですね、

何と直ぐに年長者の調理人が業務用の大きな扇風機を私の方へ向けてくれました。

誰もが暑いキッチン内で仕事中じゃ〜ありませんか、私が占領してしまうわけにいかない

と言うと、いいから〜って感じのリアクションでありました。

お湯を使う皿洗いへの気遣いでしょうか、いや〜ありがたや〜です。

こんな気遣いなど、(あるようでなかなか無い気遣い、増してはアメリカの職場で?)

キッチン内の普通の良識のあるスタッフたちに囲まれた環境の職場である

からこそ、何とか私がここで仕事が続けられる所以でもあります。


その夜のあまりの暑さに頭痛が始まり、ちょっとヤバい感じでしたので、

仕事の合間に出来る限り水を飲んだり顔や手を洗って冷やしてました。


いや〜それでなくても夏場のキッチン内はフツーに暑く大変なもんですが、

アメリカで唯一私に出来る安定した大切な収入源なので辞めるわけにはいきません。


そんな仕事を高校生たちと肩並べてやってる私ですが、アメリカの高校生たちの

それぞれの性格やら仕事に取り組む姿勢を見てるとけっこう面白いもんです。


皿洗いがスムーズに行かなければ全てに影響してしまい営業に支障をきたします。

忙しい時は戦場のようなキッチン内なので、状況判断しながらスピーディに

こなしていかなければなりません。

段取りよく、作業スピード、気配りなどなど仕事に取り組む姿勢は個人差があるのですが、

比較的動きがいい子は仕事の流れをちゃんと見ながら処理していて、

性格的にもちょっとせっかちな方が動きがよく戦力になりますね。

スーパー皿洗い人の私は(自分で言ってしまいますが)かなりせっかちなタイプかしらん?


ちょっとした文化の違いと言うか、アメリカでひとつ気が付いた日本との違い、

日本では小学校の時から教室のお掃除するので男女共自然に普通に身についてますね。

ところが、初めてやって来た高校生のどの子もホウキの持ち方、掃き方を知りません。

ま〜普通、アメリカではそんな事も知る必要性はないんでしょうがね。

少なくともこの子たち、そこいらに平気でゴミを捨てなくなるんじゃないでしょうか

いつも言ってますが、たかが皿洗い、されど皿洗いの縁の下の力持ち的仕事であります。

少なからずとも初めの一歩として貴重な経験をしている高校生たちではないでしょうか。


あの猛暑での地獄のような暑さのキッチン内、

夏は始まったばかりですので、 熱中症に注意しなくちゃ〜ですね。


やっと得たよ理想の掛け持ちパート2019/07/28

やっと得たよ理想の掛け持ちパート

2016年にフルタイムの仕事を辞めてから三年近く過ぎましたが、

その間に、家庭教師、出張科学の先生、本屋さんでの店員、ライブラリーアシスタントと

数々の掛け持ち仕事でなんとか生計を立ててきました。あっちこっちと移動を含めて、

若けりゃ〜問題ないかもしれませんが、体力的にこれが結構堪えていたと思います。


家から30分以内にある図書館アシスタントの募集があるたびに応募していた相棒でした。

パートタイマーで、空きの曜日が合わないのもあって採用されることなく、

それでも諦めないで探し続けていたようです。

私としては都合よく同じ図書館の仕事に就くのは難しいんじゃんと思っていました。


昨日なんと!今回4箇所目でしょうか、採用通知を得たではありませんか!

しかも時給が今のところよりも2ドルも高いなんてラッキーですね。

すでに働いている図書館は週3、4日勤務、新たに採用された図書館では遅番の週2日、

これで週5、6日になりましたが、家庭教師の仕事は最小限でキープして、

理想の図書館での仕事を得ましたので、本屋さんでの仕事の重要性はなくなりましたが、

早番で時間が合って首にならない限り念の為とりあえずやっていくそうです。


今年10年目の結婚記念日に3泊4日で旅行を計画して宿泊先も予約していたのですが、

就いたそうそう休みを取る訳にもいかず即座にキャンセルしました。

私も相棒も楽しみにしていてとても残念なんですが、仕事優先です。

我が家では出来る限り働いて行かなければ生活が成り立ちませ〜ん。


兎にも角にも、

相棒にとってよりストレスのない好きな仕事を増やせたことは本当に良かったですわ〜


ライダーinアメリカ2019/07/31

ライダーinアメリカ

夏に向けて気候が良くなると、アメリカでもよく見かけるライダーたちです。

バイクを楽しむのに年齢は関係なく、日本でも50代過ぎのバイク愛好家を

普通によく見かけますが、同じく若い人達のライダーも多いんではないでしょうか。

(もしかして、車離れも多いと聞くからバイク離れもしてるのかな?)


ま~あくまでも私の狭~ぃ生活圏における範囲での私の印象に過ぎませんが、

アメリカに住んで私が見る限り、日本に比べてはるかに若い人たちよりも

50代以上の中年族ライダーの方が多いような気がします。


しかも、

大型バイクに共に体格がよいカップルの相乗りやら、集団で連ねて走るその迫力たるもの、

いや〜日本とは一味違うようなアメリカらしい夏の風景のひとつかもしれませんね。


ある日、私が働くレストランの裏に停めてあったハーレーで、やはり目がいきます。

いつもは早番で仕事をしている50代前半くらいの調理人のものでした。

アメリカでも日本でも愛好家の所有したい憧れのハーレーだと思います。


バイクと一体なって走る爽快さと開放的な気分を満喫できるバイク乗りなんですが、

ひとたびバイクにまたがって言えることは、常に危険と隣り合わせって事ですね。

単調な高速道路では特に全神経を集中させて走行しないと、かなり危険であります。

昔~私は250CCのオフロードに乗っていました。高速で100キロ近くになると

風でハンドルがぶれたりの恐怖を感じながら運転に全集中していますので、

長距離ツーリングの後の体力的な消耗はかなりなもんでした。


20代半ばから通勤もバイク、休日には林道、ツーリングなどを楽しんでいましたが、

30代半ばになった頃にまわりの知り合いの事故が続いたり、丁度そんな時期に

海外へと興味が移行していき、自然とバイクから離れて行きました。


遠い昔〜の話ですが一応ライダーだった私なので、

今でもライダーたちの姿に普通よりか反応するのかもしれません。


そんなライダーを多く見るようになった今年の夏の始り、訃報に接しました。


1ヶ月前くらいになりますが、ニューヨークから帰ってきたその日のこと、

コミュニティーからのメールで、私たちが住むコミュニティーのプレジデントご夫妻が

ニューハンプシャー旅行中にバイク事故で亡くなったことを知りました。

恐らく70歳前くらいのご夫婦だったでしょうか、それ以上の詳細は知りません。

私たちがNYCへ行く前のいつものオータムとの散歩時に、ちょうど、庭に出ていた

ご夫妻と通りすがりに軽く挨拶をしたのが最後となりました。


プレジデントだった奥さんの車が今もドライブウェイに置いてあります。

通る度に、今でもなんともやりきれない気持に見舞われます。



バイク事故は体が剥き出しなので、致死率も当然高くなります。

高齢になれば何かの時のコントロール能力も衰えているので、事故につながる危険性も

高まると思います。ま、これは高齢者の車運転でも言われていることですが、

やっぱりバイクの操作能力はその比でないくらいで、高齢者にとってはなおのこと

危険な乗り物になるんではないでしょうか。

私の住むコミュニティ内でも、かなりの年齢の女性が時たま大型バイクで

サークル内をグルグルと何周も慣らしで乗っていたり、隣に住む70代前半の住人も

決して手放さないと言うくらいのバイク好きで、頻繁ではありませんが

時たまエンジンをかけて近場を乗っているようです。


ライダーの皆さん、くれぐれも無理をせず気をつけて楽しんでください。