いつかは通る道に覚悟するこの頃2019/09/06

いつかは通る道に覚悟するこの頃

あ〜気がつけば、、、随分とブログから離れてしまってるわ〜です。


母が入居するグループホームの事務長さんから、母の体調の報告を受けました。

痰が絡んでいて食事をとるのが困難で、熱もあり点滴を始めたとのことでした。


その次の日に医者でもある院長の往診を受け、酸素飽和度が低いので、

在宅酸素機械で1ℓを実施する状況が12日間ほど続きました。


熱は1日で下がっていたのですが、酸素療法が続き...心配は尽きず

毎日施設に電話を入れ母の様子を聞いていました。


12日ほど経過してようやく酸素機械の使用中止となり、重湯形態で、

朝・昼・夕完食したとのことで、とりあえずはホッとしているとことです。


昨年の同じ頃、同じ症状になった母でしたが、今回も危機から脱してくれて、

3週間ぶりのスカイプでいつもの母に会うことが出来ました。


83歳でアルツハイマー型認知症と診断されてから10年が経ちます。

昨年から車椅子を使用するようになりこの段階で、全介助となった母でした。


〇〇さんと名前で呼ぶと、分かるようで相手の顔を見ながら反応して、

あとは独語が続きます。担当の人とスカイプしている間も何かを喋って

いるのですが、もちろん何を言っているのか分かりませんが、

これがこれがなかなか力が入っていてエネルギッシュな母を感じます。

しかし、90歳過ぎていて、いつなんどき急変してもおかしくありません。

もしもの時の緊急事態に出来るだけ早く対応しなければならないという

緊張感が続きます。


やはりこれも10年経ちますが、絶縁状態の兄が居て... 叔母から母の居場所を

聞いたようで、月1ホームに兄夫婦で面会しているそうです。


その話は随分前にその当時の事務長さんから、来てることを言わないで欲しい

と言われていますが、一応伝えておきますということで聞きました。


兄にとっても親なのだから当然でしょうと思うくらいで、それ以上の感情は

何もありません。

遠くアメリカに住んでいる私ですので、母の緊急時にはどうしたって施設側は、

心配が尽きないのも事実であると思います。

入所当時から緊急時は、出来るだけ早く日本へ戻ることを約束しています。

その時が来たらと、、葬儀屋さんにもすでに話をして承諾を頂いています。


お墓を永代供養で移動した事を叔母が兄達に言うと住所を聞いたそうです。

こうして叔母から私の情報は一方的に伝わっているだけで、兄達自身は何も語ら

ないようなので 母の緊急時に、、兄夫婦がどう考えているのか分かりません。


私としてはこの10年間、母のこと家のこと先祖のお墓のことなどを一人で

判断して実行してきたように、これからのことも一人で対応するだけです。


私はこのままアメリカに住み続けると思います。

母が居なくなった後は、家の処分を考えるようになると思います。

しかし、家に関しては私だけではどうにも動かせません。

やはり10年前に、父名義のままの家の名義変更の手続きを司法書士さんを

通して揃えた書類を同封してサインをしてもらうのに兄宛に送ってもらい

ましたが、そのまま無言で返送されてきたのでした。

そのまま放っておけば自動的に兄夫婦の子供達のものになるのでしょうから、

推測するに、、、そういうことだと思いますが、それまで一体誰が固定資産税を

払っていくのでしょうか、、、


義姉との相性が良くないと、よい兄妹関係がとれず疎遠になるのも仕方ない

のかもしれません。そもそも私たち兄妹の相性すら良くないんですから

尚更だったのかもしれません。

もしも義姉と私の相性が悪くなかったら、もしかしたらマシな違う

展開になっていたかもしれないと思うのですが、

私としましては、兄妹、義姉運に恵まれず、残念なことでした!!!


いつかはやって来る母の終末期、

その時はアメリカから日本へ出来るだけ早く向かわなければなりません。

そんなプレッシャーを感じますが、そんなこんなも含めてある意味で

難儀とも言えるような性格とそんな生き方を選んだのも私自身であります。


日本人2019/09/13

日本人

私のパソコンを覗き込み、たまたまそこにあった「日本人」の文字を見て

「にっぽんじん」と 読んでみせた相棒でした。


私はそれを教えたこともなく、独学で勉強して忘れずに覚えていたようです。


使いもしないのに、増してや難しい漢字を、、

あなたの語学への記憶力は大したもんだ!と言うと、

自分でも読めたことに驚いていて、とても嬉しそうでした。


それでも「日本人」を覚えてくれていて、嬉しいじゃ〜ありませんかね。


あのまま日本に住み続けていたら今頃けっこう日常会話イケてたかもです。


それにひきかえこの私、7年以上も住んでいてこのレベルでありまするぅ〜 



日本人である私たちが知っておくべきこの事実2019/09/17

日本人である私たちが知っておくべき事実

・ユダヤ難民救出(1938年〜)

・奇跡のキスカ島撤退(1943)

・北海道を守った占守島の戦い(敗戦後1945)

これら3つの奇跡を起こした日本の陸軍軍人樋口季一郎です。


「占守島の戦い」により日本を分断国家の悲劇の危機から救ったという

想像を絶するような樋口季一郎中将の功績に深く心を動かされ魂が震えました。


「ユダヤ難民救出」の功績は、エルサレムにあるゴールデンブックに

「偉大なる人道主義者、ゼネラル・樋口」と刻まれているそうです。


私だけでなく、未だに日本人の多くが知らないままではないでしょうか、

日本人の心を持った先人たちの誇りと意識高き尊い数々の功績の事実は

日本人である私たちは後世に伝えるためにも知っておくべきだと思います。

リンクを貼りました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

"奇跡の将軍・樋口季一郎"



戦後生まれの私たちは誇り高き日本人精神・魂を持った人たちの物語を知らない

ままに、日本を象徴する国旗「日の丸」と国歌「君が代」のシンボルに背を

向けながら育ってしまったことが、本当に本当に残念で仕方ありません。

戦後のGHQによる教育の改革(教育破壊)で、歴史の嘘、戦争についての

誤った罪悪感を私たちの心に植えつけられ、そんな政治活動を優先する日教組の

利権集団の教育に洗脳され染まってきたのですから、愛国心がすっぽりと

抜け落ちてしまい日本の心を喪失してしまうのは当然の流れでした。


こんな能天気な自由人と自称する私でさえ、地政学的な視点を持つことで世界で

起こってきたことを知る大切さがようやく解ってきたような次第であります。

ネットにより私も遅まきながら正しい真実の歴史を知るに至りました。

アメリカの核の傘の下ですっかりと現実が見えなくなってか、

自国を自力で守るという世界的な常識が欠落してしまった私たち日本人


中国や北朝鮮の核兵器の脅威に囲まれながらもいまもって無防備な私達の日本国


お隣の独裁国家の権力者一人の判断で、核ボタンが押される危険性の脅威にさら

されている我が日本は世界で最も滅ぼされるリスクが高いのではないでしょうか


「備えあれば憂いなし」私たちの自国を守るたの防衛力がいかに大切であるか、

私も正しい歴史を知ることで学ぶことが出来ました。


今回の内閣改造後にいよいよ憲法改正の発議が行われる事を強く期待します。

安倍首相、

「我が党の長年の悲願である憲法改正を党一丸となって力強く進めていきたい」

とありましたが、とりあえず消費増税への批判を回避する為の口先だけだった

としたら、偽善者猛々しく、安倍首相の本性が決定的に露わになります。


日本国と日本人の為に働いているように思えない多くの親中・親韓派が自民党の

中にもいるというその事実を知った時には、なんとも言えない失望感と絶望感に

襲われてしまいました。

しかし、それを選んでいるのも私たち国民であるわけですから、、実際に、

悪夢のメディアに洗脳されていた2009年に間違いを犯した一人でした。


中国の静かなる侵略が世界中で行われていると言われます。

本当に怖い怖い悍ましい人間とは思えないような仮面思想国です。


戦後74年の流れで実践されてきた日本への静かなる侵略と解体はもう呑気な

ことは言ってられないくらい手遅れで深刻なのかもしれませんが、

正しい歴史観と正しい情報で日本人の心を持つひとりでも多くの日本人が

正しく目覚めていくしか手はないと思います。

日本人

ネット歴20年近くもある私でさえも、動画と言えば趣味の領域を巡るくらいで、

社会情報はマスメディア発信を通してのみ疑いもなくそれらを信じていました。


無知のまま長年生きてきた末に私の史観が一変したのは昨年からでした。


世界で起きてきた信じ難き事柄、今も継続している嘘にまみれたその利権争い

への失望感と絶望感に襲われ、ある意味でストレスの日々にあります。

知らぬが仏で能天気のまま一生を終えてしまえばそれはそれで普通に取るに

足りないけどそれなりの平穏な人生だったかなと思います。

しかし、世界最古の同じ民族の日本人が日本国がこのままではもしかして

途絶えてしまうかもしれない事を思うと、どうにも我慢がなりません!


日本人は日本人の何物でもない2019/09/22

日本人は日本人の何物でもない

「ねずさんのひとりごと」から、私たち日本人がほとんど知らない隣国との

宿命的な関係や相容れない両立し得ない関係性などを歴史的事実から学ぶことが

出来るブログの一つだと思います。


戦争の本当の悲惨さや、他の民族の特性などについての知識を欠いたままに

平和ボケでぼーっと過ごしてしまった私たち日本人で、戦争を避けるための

本来備えるべき抑止力(軍事力)と戦争を避けるための戦闘力を保持することが

いかに重要な焦点であるかを考えることも想像することもできませんでした。


「ねずさんのひとりごと」のブログに書かれている数々の詳細な描写内容は

目を閉じたくなるような内容もあったりしますが、その時代の経過と歴史の事実

を知れば知るほど、今では平和という正しい概念を学んで冷静に知ることが

出来るようになりました。


正しい歴史を知れば知るほどに、

日本人は日本人の何物でもないというその思いが明確になっていきます。


今ではすっかりと危機意識がなくなってひ弱になってしまった私たちのありさま

ですが、これはあくまでも催眠術をかけられたままの仮の姿であると思います。


封じ込められてきた私たちの誇るべき精神文化と魂の根源の価値観のそれらの

真実を正しい歴史から紐解いていけば、断固として日本人は日本人の何物でも

ないのですから、こんなお気楽トンボな私ですら目が覚めたのですから、まだ

もしかして覚めていない同じ日本人の人たちもきっと目を覚ます時に違いないと

思われます。

本来の日本人の魂を取り戻す時とチャンスが今こそ到来しているように思えます。


今回の話は第二次世界大戦後のドイツで医療に従事した肥沼信次医師の

正義、平等、勇気 、努力なしでは成し遂げられない大偉業の涙涙涙の実話です。

もしまだ知らない人がまだいたら、是非知って欲しいと思います。

今回は「ねずさんのひとりごと」のブログリンクを貼りました。

↓ ↓ ↓ ↓

"リーツェンの桜と日本人的生き方"


拙い私の発信力ではありますが一人でもと思う次第でありまして...

日本人である老若男女の人達が、今そこにここにある危機を正しい情報から

得て、日本人がどうあるべきか覚醒してくれる事を願います。


こんな事実にもドキッ!時間があったら観て下さい。

↓ ↓ ↓

"朝鮮戦争の真の目的は日本侵略!?"





程よい夫婦間の距離感ってどんな?2019/09/28

程よい夫婦間の距離感ってどんな?

再び、亭主元気で留守がよぃよぃモードに陥ってしまいました。

わたしのこの自分勝手極まりない拗ねっこ一面にも困ったもんですわ〜


以前は最大で5つの仕事を掛け持ち不規則な日々をこなしていた相棒でしたが、

図書館2箇所での仕事を得てからは週一の家庭教師だけを残して、

ようやく先週から相棒にとって理想的な状況に落ち着きました。


私もやれやれって感じで喜んでいるのも事実ですが、、、その半面、、、


程良い距離感があってこそ愛しさの鮮度が保てる夫婦生活の実態でしょうか、

そんなよい意味でのすれ違い生活にすっかり慣れてしまってただけに、

こうして日常生活を共有する時間がやたらと増していくと、

正直な気持ちその窮屈感(ウザぃ〜)の方が強くなってしまいました。


どうしても限られた狭い室内空間の中では私の方が気を使ってしまい、

一人で過ごす開放感大好きの私にはやっぱり一人がラクチンですわ〜


新たに就いたもう一つの図書館の仕事が遅番のため、それに伴いご飯作りの

回数が増えてしまいました。

やっぱり二人で食べるとなるとですね、頑張ってしまうんですわ。


ちょうど私の休日が相棒の遅番日で、ラジオのように流しているyoutubeも

イヤホンなしには聞くことできませんし、 ま〜、4時、5時出勤で帰りは8時過ぎ

なのでその間ゆっくりすればいいんですが、帰ってきて食べる晩ご飯の準備を

しなければなりません。そんな感じで丸々開放感日がなくなってしまって残念!


そんな私のネガティブ感を切り替えずこの現実の局面を嘆くままに身を任せて

このまま放置してしまえば、本当に心身共に腐ってしまいそうです。

なので、この気持を打破して切り替えて行かなければ〜と思っているところです。


亭主元気で留守中はう〜んと減ってしまいましたが、無い物ねだりしても何も

始まらないので、なんとか程よい夫婦間の距離感を私の心の中に模索していか

なくっちゃで〜す。


しかし、

名キャッチコピーの的を射た亭主元気で留守がよいとはよく言ったもんです。