こんなアクシデント…ついてないとしか言いようがないね2019/10/08

こんなアクシデント…ついてないとしか言いようがないね

こんな状況に遭遇するなんて、運が悪かった?


1週間前のことでしたが、一般道路を走行中に石の落下物にもろ接触した結果…

10分ぐらい走った後に走行不能になりました。

実際の場所とは異なります。


夜の8時過ぎ頃、ローカルな暗い道で、何か...前方にある物体に気が付いた時、

後方には車がなかったのですが、前方の反対車線に車が見えたので、そのまま

走り抜けてしまい、その瞬間に硬いものにぶつかる衝撃をくらったのでした。


うわぁ〜

と、思いつつも10分くらい走行してエンジンが止まって動かなくなりました。

破損してしまうくらいですので、それくらいの大きさの石だったのでしょうか…

下回り破損で、オイルが全部漏れてしまったのでした。


ロードサービスAAAに救援要請してから、やっと10時過ぎに無事帰宅しました。



次の日の朝一にTOYOTAに搬送してもらい、

ざっと調べた結果、何と修理代に8000ドルくらいかかるとのことでいた。


その後直接、保険会社の専任担当者が損傷状況を確認してから、

中古パーツ使用の見積もりで3500ドルくらいで修理可能で全額保険でカーバー

出来るということでした。


来年から保険の掛け金が上がってしまいますが、ま〜それでもここのところ

歯だの木の伐採など私たちにとって費用がかさんでしまいますので、

保険を使うことにしました。



そもそもですよ、

車の下回りが破損するくらいの大きさの石が道路にあっただなんて、

あんまり聞かない話じゃないでしょうか

仮にあったとしても、たいがいは気が付いて前後確認して徐行して避けることも

可能だと思います。


その時の運転状況によっては確かに暗いと見逃してしまうこともあると思います。

相棒曰く、瞬間気がついたもののまさかそれが石とも思わずそのまま通過して

しまったそうです。


自分の判断力の甘さで車を駄目にしたことにすっごく落ち込んでいましたので、

いやいや、仮に前後に車があったとして、一歩間違えれば...ハンドル切ったり

急ブレーキかけたりで、もしかしたら相手を巻き込む事故に繋がりかねない

わけで、単独事故で終わったと思えば不幸中の幸いでラッキーだったわ〜

と言うと、納得していました。


しかしですね...よりによって...そこに石があったなんて...ついてなかった!

マジでそういうことですわ!