これってやっぱりコロナストレス?_現実味のある寝言2020/03/24

これってやっぱりコロナストレス?_現実味のある寝言

わりと寝言をハッキリと言う傾向ある私で、昨夜、こんな寝言を言っていたそうな


"I'm thinking and worrying about so many things.".


コロナ非常事態に加えて個人的な心配事 プラス アメリカでの日々感染者

拡大情報に伴い精神面でのストレスも加速されてきているのは確かであります。


・超高齢者の母の心配、しかし今年の一時帰国はやむなく断念

・癌闘病が始まったばかりの身寄りがない友人の心配

これに加えて

・アメリカでのコロナウィルス非常事態に伴うであろうこの先の治安悪化

などなどと、大きな心配事はやはりこんなところなんですが、


そして他にも、



"ご飯が食べたい〜 "と、日本語で半泣きで言ってたそな...


スーパーの食料が消えていく現象に怯えているのだろうか...

そんな大袈裟な〜あり得ない...と思っても...今まさにあり得ないいろんな事が

現実になっているワケで...そんなこと言ってたなんて...スーパーの全棚が

どこもカラッパな夢でも見てたんだろうか.....


レストラン閉鎖から1週間経った私たちの住む地域での非常事態対策ですが、

薬局チェーンCVSに買い物に行ったら、なんとレジカウンターの前にテーブルが

置かれて客との距離を保ちながらマスクとビニール手袋姿のキャッシャーが

対応していました。


そして、レジ待ちのお客のために、2メートル感覚でテープラインが貼られて

おり、そこで間隔を置いて並ぶようになっていました。


銀行にチェックを預けに行くと、店内には入らないように入り口に一人の警官が

待機しており、ドライブスルーでの処理対応になっていました。


MA州のレストラン(テイクアウト、デリバリーは除く)の営業閉鎖から

1週間が過ぎました。

私の働くレストランでは、少人数態勢でテイクアウトの業務に対応しています。

ま〜、土曜日が若干忙しかったくらいでしょうか。


そして、土曜日は次の週のシフトスケジュールが張り出されるのですが、

今週のスケジュールは未定のようで、ありませんでした。



当初、4/7日まで閉鎖実地でしたが、この1週間でアメリカの感染者がみるみる

拡大している状況です。このままいけば全閉で外出禁止になるのでしょうか、、、


日曜日のスーパーにいつものように買い物に行きましたが、結構ガラガラ〜

あっちこっちの棚もガラガラ〜、なんとお米も売り切れ〜、小麦粉があれば

色々作れると思って買おうと思ったら一つもな〜い!

考えることってだいたいみんな一緒なんですね。


相棒の働く図書館では、週一の通勤となりました。


新コロナ感染者は時差を生じて世界中に広がり、いつ終息するのか先行きが

まだまだ見えないと言う、21世紀初の地球規模で人類を脅かす非常事態...





コメント

_ あーる ― 2020/03/29 01:15

ちょっと見るとこ違うんだけど・・YOSHIKIさんて綺麗。魔女みたい。とても同年代とは思えない。
で、今は生き延びることが一番で、怖がり用心すべき時だね。
ただ衣食住が守られないとコロナに感染しなくても死ぬ人がいるよね。人のできることに万能とか完全ってことはないってつくづく思う。

_ (未記入) ― 2020/04/11 03:32

あーるさん、コメントの返事大変遅れてしまいました。
スミマセン!
いやいや〜とても50過ぎてるとは思えないYOSHIKIですよね。
昔〜XーJapanの大ファンの知人がいて知ったくらいで、
私自身は興味なかったけどね。
この緊急事態で命の大切さを見にしみて実感しますね。
このピンチはチャンスで世界がいい方向に向いていって欲しいです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://walk-myspace.asablo.jp/blog/2020/03/23/9227364/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。