親の死に目に(も)会えなかった2020/04/11

親の死に目に(も)会えなかった

世界中の誰が予測しただろうか、この非常事態アウトブレイクの現実を、、、

信じがたいような非日常的なことが、日常の一部になってしまった。


3月27日のこと、母が寝たまま反応せず低体温の容態である連絡メールを受けた。

そして、29日の夕方に死亡が確認された通知報告メールが入った。


3月26日に仕事へ行った時のこと、

その日は休みのはずであるスタッフが出勤してきたので、今日はオフじゃなかっ

たのかを聞くと、〇〇〇が病気で代わりに私が来たと言うので、その(病気)に

つい過剰反応してしまった私は、 まさか(コロナ)と聞いてしまった。


囁くように(そうだ)と、、、他の人たちは知ってるの?首を振った彼女だった。


家に帰ってすぐに相棒に話をすると、そんな大事なことは責任者に確認しなけれ

ばならないので私が電話すると言うので、決してスタッフの名前を出さないこと

を頼んで私に代わって次の日に電話してもらうことにした。


そしてその朝、母のグループホームから昏睡状態のメール連絡を受け取った。


コロナに感染したスタッフが居ることを聞いたことをオーナーに言うと、

誰が言っていたのか聞くことなく冷静に受け止めて、風邪にかかって居るスタッフ

は居るけれど、コロナ感染の報告は聞いていないとのこと、十分に注意して

今のところ問題なく皆な普通に仕事を遂行していると説明してくれたようだった。


私の母が危篤状態なので暫くは休みを取りたいと言うと、出勤できるようになっ

たらいつでも連絡して欲しいとのことだった。


相棒は、レストランマネージャーはとても感じがいい人で信用が出来来そう、

なので、ただ単にその同僚が悪い冗談を言ったんじゃないかと言う。


何か私の聞き間違いだったのだろうか、とても冗談を言ったとは思えなかった...


その20代の〇〇〇とは、その週の月曜日に接触していた私だった。

彼女とはだいたいトイレに行く時間が一緒になっていつも彼女の後に使用する

ことが多かった。その日も確かそんないつもの流れであって、これも濃厚接触に

なる? 、もしかしたらで、コロナ感染への不安は2週間消えなかった。

それと同時に、母が死去した現実をむかえた。


母がそう望んだのだろうか..この緊急事態で想定外の展開になっていった。


絶縁になっている兄と11年振りに電話で葬儀についての話をすることになった。

母のお骨は49日まで兄夫婦の家で過ごすことになった。


母の死の方が優先して自分がコロナに感染したかもしれないと言う不安は、

色々な手続き等で過ぎていくなか、幸い薄れていったような日々にあった。


1週間の時間経過が3週間くらいの長い日々に感じていた。


10日くらい仕事を離れてから、今週の月曜日から再び仕事に復帰した。

いつもと変わらぬ限られた出勤者たちは、いつもと変わらず元気にしていた。


昨日の木曜日に会った、あの彼女に早速真相を確認してみた。

冗談ではなく、本当だとマジ顔で言う。

今週の月曜日、〇〇〇はいつもと変わりなく元気な姿だったことを言うと、

〇〇〇は大丈夫だったこと。よーく聞くと、〇〇〇のお父さんがコロナに

感染していたこと。 念の為、2週間休むので自分の代わり出て欲しいと、

〇〇〇から連絡を受けて、その事情を知ったとのことだった。


いつ私たちも感染するかわからないけど、仕事がある以上は働かなければ生活が

成り立たない、まだ働けるだけでも幸いだと険しい表情で言った彼女だった。


そんな一人の私でもあり、仕事がある以上は出来るだけ行くつもりである。


こんな状況のなかで、逝ってしまった母…

まさか母親の死に目に会えないなんて、夢にも思もわなかった。


愛犬ジャズを亡くした時と同じような感覚に陥ってしまった私だ。


母の母としての深い愛情を振り返り想うたび、ひっそり涙を浮かべ噛み締めている。


ありがたや〜このマスク2020/04/14

ありがたや〜このマスク

いやいや〜まさか〜びっくり〜の、こんな貴重な有難いものを頂きました。


私の働くイタリアンレストランの女大将から、コロナ感染のリスクにも

めげず働くスタッフ全員へ、この手作りのマスクが配られました〜


彼女はなんだか〜いつもはあんまり想愛がなく、いつも怖い顔したような、

口出す手出す女大将で、ま〜それだけの事なんですが、

もちろん悪気ない、それが彼女の自然体でそのまんまなだけな人だと思います。


毎日レストランに来ているオーナーに、よくそんな時間あったなと思います。

夜なべして作ったんでしょうか〜 それはないと思いますが、

こんな気配りの一面があったんだと、マジで感動しちゃいました。


しかし、そのマスクを付けているのは、唯一30代の男性一人だけです。


私は買い物に行くときに利用させてもらいます。


我が家では、昔日本から何かの時で持って来たマスクが6枚ほどあるだけで、

随分前にネットでオーダーしたのもちっとも届かないし、これはとても貴重な

洗って使えるマスクとなりました。


相棒はマスク付けたくないので、とりあえずこれで凌いでいきます。


この大変なこの時期になんとボーナスいただきました!2020/04/19

この大変なこの時期になんとボーナスいただきました!

昨夜仕事から帰ってから週一の支払いチェックを開きそのままテーブルに

置いていたのをチラッと見た相棒が、(随分多いんじゃない)と言うので、


私:(先週は日曜日出勤した分いつもより日数が1日多いから)

相棒:(それにしても多いじゃない…)とチェックを手に取り ( bonus! )、

私:(えっ!ボーナス???)


何とですね、明細書に Bonusと入っているではありませんか〜!

いやいや〜この大変な時なのに、たとえ寸志額でも、その気持ち大変嬉しいです!


全員にかしらと言うと、こんな時期なのでそうは思はないと言う相棒は、

このことに超〜驚き、Bonus Girl!と嬉しそう に言ってます。


それにしても何故、今のこの状況のタイミングでのボーナスか考えてみました。


昨年は、4月の半ばに私の時給はより上げられていたのですが、今年はまだで、

今年MA州の最低賃金が12.75ドルになったので、私もそのまんまの同じ金額です。


さすがにこの時期に、私だけ上げるわけにいかないと思います。

なので、オーナーからの、せめての寸志な気持ちなのかもしれません。


ささやかでも こう言う形で評価されることありがたく励みになりますね。

コロナ恐怖にもめげず、引き続き頑張っていきたいと思いま〜す!


届いたトイレットペーパーは中国からの直送だった2020/04/23

届いたトイレットペーパーは中国からの直送だった

いやいや〜  これってマジにヤバぃっしょ〜  気持ち悪すぎ〜のって

その「物体」への恐怖感で、心身がこわばってしまいました。



ちょうどトイレットペーパーがスーパーの棚から消え始めた1ヶ月前の頃で、

ネットで探すと、その時はこの業務用タイプのものしかありませんでした。


一つ15ドルもしましたが、この際選んでいられないとすぐに注文しました。

そして、1ヶ月後の昨日に受け取ったのですが...なんとですね〜、


「ブツ」のアドレス見て、これっ、、、中国から直送だと言う相棒、、

えっ~、なんで〜中国から直直直送なのよ~!!!


私は確かめもせず、即プラスチックバックに入れて触らないようにしました。


確かに「メイド inチャイナ」生活用品で埋め尽くされているワケで、これまでは

良し悪しに関わらず私たちも中国製品にすっかりと麻痺していましたが、さすがに

ここまでその悪逆非道さが露わになると、拒絶反応ばかりが強まってしまいました。


中国から海外へ輸出されている中国製のマスクや中国製医療物資など問題続出で、

英国でのコロナ検査キットの綿棒にすでにコロナウイルスが付着していたとか!


質が悪いだけならまだしも、、毒・害なるもはいただけませんワ!

固まってしまうほどゾッとしました。もちろん、すぐに捨てました!


P.S. ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、

Made in PRCの表示なんですが、イメージチェンジを図ったのでしょうか、

People's Republic of China(中華人民共和国)の頭文字を取ったもので、

これも中国製ですね。なんとも抜け目ない手に負えないお国柄ですわ〜!


自宅待機中で心境の変化_コロナストレス防衛策(我が家版)2020/04/28

自宅待機中で心境の変化_コロナストレス防衛策(我が家版)

コロナによる死亡者が世界最多とされているアメリカでは失業者数も2600万人超

と、パートタイマーを含めるときっと想像を絶っするような状況で、さらなる

失業率増加に伴うこれからのアメリカならではの治安悪化も心配してます。


そんな脅威にさらされた世の中をリアルタイムで生きなければならない私たち、

規制のかかった檻の中のような単調な日々に溜まっていくそれぞれのストレスに

対する解消法も様々だと思います。



未だかつてない自宅待機で一変してしまった生活を送る相棒なんですが、

まだまだ先の見通しが立たないこの状況の中で、2つのプロジェクトを実施し

始めました。なんとですね、どうした心境の変化でしょうか!

その一つはなんと、今後日本に住む予定もないのに、かなり本腰で日本語の

勉強を8年ぶりに再開したのでした。


日本在住の時に勉強していた「ひらがな」と「カタカナ」でした。


母と暮らした2年半の日本での生活で、平仮名のカルタ取りを楽しんでいました。

母の認知症がすでに発症していたのもあって、カルタ取りで母も本気になって

盛り上がっていた懐かしい10年前の光景を振り返って相棒と爆笑したりと

我が家では日本語をとおして笑いが多くなってきているではありませんか!



語学に関する理解力と吸収力が衰えていない相棒は、忘れてしまった「ひらがな」

とはいえ、再び覚えこむその正確さと速さにびっくりするくらいです。

日常的なことはメモしいないとすぐに忘れてしまう相棒の記憶力なんですが、

その脳の仕組みがチョット人と何か違っているのかもしれませんね。


やっぱりその姿勢は何かをしながらではなく、その集中力と言ったら

私とは違って半端でなくすごいんですわ!

知らない言葉を言うとすぐにメモを取っています。

そして、成果を上げて上手く日本語を喋れた時、私に褒められた時に子供のように

はしゃぐ相棒の表情になんだか私もつられて嬉しくなってる感じです。


あとですねタイミングよく、たまたまネットで見つけた動画で「私が日本に住む

理由」と言うタイトルの番組がYouTubeで発信されているのを知り相棒と一緒に

観て楽しみました。、相棒もこの番組にかなり興味を持って次はとリクエスト

するのですが残念ながら今のところ英語字幕付きの動画は三本だけのようです。


こうして我が家の日本ブーム再燃で、コロナコロナで本当に暗くなりがちな

日々を、いっときでも忘れて和気藹々な雰囲気で過ごしています。