やはり他人事ではなかった_一寸先は闇2020/07/01

やはり他人事ではなかった_一寸先は闇

いやいや〜

今朝のことで、なんと恐れていた事が現実となり不安と恐怖に見舞われました!


”がさっー”と大きな音に一瞬で目が醒めた私たち(ワンワンワンとオータムも含め)!


瞬時に私は頭上の窓に設置したエアコンが落下したと思いすぐに確認すると、

エアコンではなく..相棒が倒木だと言うので、急いで着替えて外へ!


なんとですね、隣の敷地の二股に分かれた大きな木の片側がボキッと折れて

私たちの家のベッドルームを見事にかすめて倒木したではありませんか!


今朝6時頃の出来事..

もしももしも落下地点が少しでもズレ我が家に直撃していたら、建物はもちろん、

運が悪ければ私たちの頭上に身体にと.....

なんだかのダメージを受けて今頃ただごとではなかった!?


これだけ木に囲まれていたら我が家もいつなんどきに...他所の倒木を見るたびに

これはこれは人ごとじゃないと思って恐怖と不安を感じていました!


いや〜、半年以上経ってはいるものの去年の11月に木の伐採をしてもらった

ばかりだったのに…これって、

依頼した業者さん庭周りの木々のチェックをしていたのに、見逃したってこと?


私たちの敷地の木ではないけど、我が家の敷地内に伸びた木や枝は私たちの

領域の管轄になるらしいので、この後始末は我が家がする事になります。


これって...一歩間違っていればと想像しただけでもゾッとして怖かった〜!

一寸先は闇ってこを実感した朝一の出来事でしたが、

建物も私たちも無事!またも不幸中の幸いでした!!!


間近の倒木の恐怖はこれで2度目で、1回目はアパートの3階に住んでいた時、

かなりの太めの大木が倒木する瞬間を相棒が目撃してました。

この時も幸いにも私たちの部屋をかすめただけでした〜!


"天之御中主様お助けいただきまして誠にありがとうございました"