コロナ禍中に元気いっぱいな夫2020/09/01

コロナ禍中に元気いっぱいな夫

先日、相棒が通う居合道教室で二人の生徒さんの初段への昇段のための

セレモニーと、加えお習字をやるということで、誘われて行ってきました。


残念ながら写真は撮りませんでしたが、

昇段した二人の女性の身の引き締まる様な気合いの入った演武でした。


相棒を除いた全員が稽古着に身を包んでキメていましたねぇ〜

相棒にもとても似合いそうな稽古着を手に入れたいのですが、残念なことに、

9月からの仕事のスケジュールによっては後のレッスンが受けられるかどうか

今の所まだ未定なので、とりあえず保留にしています。


これはネットで注文した帯で、すでに締め方をマスターしているではありませんか。

難しく無いそうですが、私にはさっぱり出来ませ〜ん。


居合道の生徒さんの一人で書道が趣味だという人が居て、

表彰式のあとにお習字を試み楽しむ時間がもうけられていました。

いやいや〜なかなかで、

漢字などのファイルや資料などなど本格的で趣味の域を超えていましたね。


新型ウィルスパンデミックによる世界の動向とその影響で、全人類の生活が

一転してしまい、コロナ過敏症恐怖症で行動をかなり制限している人たちも多い

嘆かわしい社会風潮の中にあっても相棒は逆に行動的となり元気元気であります。


ウイルスという目に見えないものに対する不安や恐怖でどうしても行動を制限して

しまいがちですが、相棒はそんな「つまらない日々」からの脱出するために

居合道を選択して始めたことはいい結果になっていると思います。


私もコロナ渦中もずーっと仕事を休まずやっていますが、私の働くレストランの

多くのスタッフたちも以前と変わらず元気に働いているわけですから、

ま〜、何事も気の持ちようであって、ココロ元気であれば〜!

案外コロナコロナってそう心配するほどのもんじゃないかもしれませ〜ん。