小さな人助けに大きな感謝2016/01/11

小さな人助けに大きな感謝

もちろん、人を見た目と印象だけでは決められませんが、

我が道をゆくって雰囲気のある一面頑固そうな人でもありました。

そんな人とちょっとしたことで巡り会った午後の一コマでした。


森の中はまだ残雪が凍っていて 滑る箇所がたくさんあります。

ケネディパークの中ではマイクロスパイク装着している人も多いのですが、

慣れているのか無謀なのかシューズのまま歩いている人もけっこういます。

この光景は2日に登ったMonument Mountainでもそうでしたが、

このようなカントリーな地域では身近にある小さな森の一つで、

ちょっと寄ってみよ〜と、気軽に公園を散歩する感覚なのかもしれません。


そして、金曜日のケネディパークでの午後のことでした。

私は本道を外したところを好んで歩いたりしているのですが、

いつもの脇道に入った先の登り坂で静止した人が視界に入ってきました。

へっぴり腰で坂の途中でどうも往生している様子であって、近づくとなんと

70代前半くらいの女性でした。すぐに 大丈夫ですか? と声をかけてみると、

滑って動けないと言う彼女に私の履いているマイクロスパイクを装着するように

言いながら脱いでいると、心配そうな顔つきであなたはどうするのと聞くので、

私は大丈夫なので、上に登るまでこれを着けるようにと装着を手伝いました。


その先はそんなに距離はないのですがかなりの急斜面になっています。

犬連れのその人は一度だけ前にもここで見かけたことがあり、いつもこの脇道を

犬との散歩コースにしているようです。昨年降った雪で暫くこなかったけど、

もう大丈夫だろうと思って来たらまだこんな状態だったと言っていました。


慣れているとは言え、このお歳でわざわざ脇道を散歩するこの人はかなり気丈な

人だと思います。あくまでも私の想像の範疇ですが、どちらかと言えば人の手助け

なんていらない我が道をいくって雰囲気の頑固そうな人でもありましたが、

滑って滑って、にっちもさっちもいかない状態だったようで、

最終的に私の行為を素直に受け入れてくれた感じでした。

本当に困っていたそんな彼女にとって私はまさに救世主だったんだと思います。


”名前は?、どこに住んでいるの? ” ”○○○、本当に本当にありがとう!”

ここまで来ればもう大丈夫だからと、繰返し丁寧にお礼を言われました。

マイクロスパイクを装着すれば安心して歩けますよと言うと、

今日、さっそく買いに行こうと思うけど、Arcadian Shopにあるの?

私は日本でこれを買ったけど、たぶんそこにあると思います。

あなたは日本人なの? 日本の人は親切ね。

いえいえ、こんなこと当たり前のことで、たまたま私が通りかかっただけですよ。


 毎日来ている私は道の状態がよく分かっていて、


出口まではこの道を行った方が容易いのでと そこまで案内して別れました。

まるで日本人がするように何度も最後の最後までお礼を言っていました。


こんなこと当たり前なことで誰でもそうすることなんですが、

どんな些細な事でもこんなにも感謝されるなんて、人助け手助けって嬉しいこと

ですね。 きっと私も足腰に問題なかったら幾つになっても同じことしていると

思うと、これってもしかしたら私の将来の姿ってこともあり得たりします。


きっとなんだかの時には誰かが偶然にやってきて手を差し伸べて

くれるのかもしれません。 振り返れば、本当に困っているときには、

いつも何かに誰かに助けられているような私の人生でもあります。

なので、小さな親切と感謝の気持ちを忘れずに心がけていきましょね!



映画「A Walk in the Woods」を観た2015/09/15

映画「A Walk in the Woods」を観た
アウトドアが好きな23歳の次男からおすすめ映画情報をメールで受取った

相棒で、さっそくに土曜日の夜に観に行こうってことになったのでした。



いつもはガラガラの映画館なのですが 私たちが出向いた時にはすでに

多くの観客が席につき上演前にはなんとほぼ満席状態になっていました。

場内を見渡すとやはり50歳以上の中高年層がほとんどで映画の内容を全く

知らなかった私は”うぁ〜ロバート•レッドフォードの人気は衰えてな〜い”

と思った私も結構以前は好きで「明日に向って撃て」から「モンタナの風に

抱かれて」くらいまでの作品は何度となくよく観ていました。

映画が始まって久しぶりにみたR•レッドフォードに ちとショックを受けて

しまいました。精悍でハンサムだった...確かに中年以降はやたらシワっぽく

なっていたのは記憶にあるけど...

最新のR•レッドフォード すっかりと老人っぽくなってしまいました。

↑2010年 相棒 in Japan


さてさて、これはコメディドラマだったんですね。

笑い笑い笑いに湧く場内で 私も結構マジで笑ってしまいました。

そ〜遠くない自分の姿をこの2人に照らし合わせて我ら中高年だからこそ

その可笑しさあらゆる痛みが分かり分かち合え共有できるのでした。

R•レッドフォードの役どころと見た目すべてが対照的なニック•ノルティの

演じるなんともコミカルなキュートなおじいさんの存在はかなりの頻度で

笑いを誘ってくれました。


↑2010年 相棒 in Japan


誰もが遅かれ早かれ老化していくことは避けられませ〜ん。

しかしです!

やはり感性と冒険心は幾つになっても発見できるのだと言うメッセージを

この映画のレッドフォードとノルティが老体にむち打ちながらその可能性を

届けてくれる映画だと思います。


↑2011年 私 in Japan


生涯青年の心を地で行くような印象のR•レッドフォードと現実での見た

目の老化とのギャップにはちょっとショッキングな感じもありましたが

幾つになっても老いても冒険心と夢を追い求める感性に年齢制限はなく

ありがちな年寄りの概念を見事に打ち破ったR•レッドフォードだと思います。


見た目すっかりとお爺さんになってしまったR•レッドフォードですが

生涯心の青年俳優の今後の役どころを楽しみにしたいと思います。

P.S.

一昨年私たちもグレイロック山をハイキング中にアパラチアン・トレイルは

アメリカ東部のジョージア州からメイン州にかけての14州にまたがる

約3,500kmの長距離自然歩道のほんの1.5kmほどハイキングしたのでした。

↓ ↓ ↓

気分転換にアパラチアン・トレイル1.5kmのハイキング





人間バランスロック おまけ版2015/09/11

人間バランスロック おまけ版
ここは、Great BarringtonのMonument Mountainの頂上です。

私のお気に入りのこの山を日本から来た友人と軽くハイキングしました。

晴天に誘われるように友人がこんなポーズをとりはじめました。

私のように岩の上に立ち360度の雄大なパノラマにため息しながら

こうして時間の流れを忘れて堪能する人々がほとんどだと思いますが、


彼女は、

こうしてGreat BarringtonのMonument Mountainの頂上での

パフォーマンスアート(初の?)を繰り広げるユニークな友人です。


そこに川があれば そこに滝があれば そこに湖があれば 水の中に入っていき

死んでもいいという覚悟で湖2カ所と滝1カ所で水と戯れる彼女でした。


規制されない自由な発想と感性で自律と自立を目指す今後の活躍を

楽しみにしている彼女の多くの友人の中のひとりの私であります。



予期せぬアクシデント後輪逆ウィリー2015/07/29

予期せぬアクシデント後輪逆ウィリー
今朝はウォーキングの代りにサイクリングで出向きました。

この辺りの道はどこも延々とアップダウンの繰返しでそれだけでハードな

エクササイズになってしまいます。なので私はサイクリングする時は短距離で

出向きますが それでも汗びっしょりになって爽快な気分になります。


そして今朝はなんと!

思わぬアクシデントに見舞われてしまいました。


下り坂を走行中にキャップ帽が飛ばされた瞬間 とっさに急ブレーキをかけて

しまいました。そしたら予期せぬことに後輪逆ウィリーしてしまいバランスを

失い前方に飛ばされてコンクリートの上に転倒してしまったのでした。

車が後方になかったことは幸いでした。誰も居ないのに自分の失態に照れもあり

苦笑いする私でした。見事な後輪逆ウィリー現象はまさかのまさかで

この瞬間ビックリしてしまったのですが これしきのことでへこたれません。

そのままいつものコースをクリアして戻ってきました。

直接試験場に通って4回目で合格して買った初愛車


このアクシデントですっかり忘れていたことを思い出しました。

20代から30代半ばくらいまでオフロードバイクに乗っていた私です。

今でもバランス感覚は普通よりちと(かなり)自信があったりするのですが

やっぱ若いときのようにはいかないようでもあり...

これっしきのことでしたが今となっては後からの後遺症の方が怖かったりで

くれぐれも注意しなければならないお年頃の私であることを自覚しなければ〜:(

表面の傷は浅いのですが左腕と足の打撲で張るような痛みを感じます。

この痛み..ウォーキングに支障ありそうです。

これ以上ヒドくならないことを願うばかりです。



ひとりでも充分楽しめるじゃん2015/02/23

ひとりでも充分楽しめるじゃん
今週は再びぐ〜んと気温が下がる予報なので、なにがなんでも今日

この日を逃せないと思い 午前、午後と雪三昧で楽しんでみました。

午前中はデイパックにスノーシューを入れて家から歩いてケネディパークまで行き

道なき道を歩いたりとあっちこっちスノーシューの醍醐味を2時間くらい堪能。


午後には気温が1℃まで上がり絶好の行楽日和でクロスカントリースキーへ〜!

すでに満車状態!駐車場が空くのを待つこと10分くらいでなんとか停めて、

あっちこっちとケネディパーク内を再び2時間くらい楽しんだのでした。

なんのなんの私と同じようにクロスカントリースキーやスノーシューを

一人で楽しむ人たちがたくさん居るじゃありませんか〜。

相棒を気遣わずに自分のペースであっちゃこっちゃと行けるのが何よりも解放的で

ひとりでも充分に楽しめることを今日は知ったのでした。

久しぶりに汗びっしょりかいて いい運動となって充実した一日でした〜:)