ニューポートでの収穫はこれだ〜2020/11/12

ニューポートでの収穫はこれだ〜

ニューヨークから相棒の兄夫婦が1週間の予定でニューポートに滞在すると

連絡を受けて、コロナ禍以来の再会となりランチをすることになりました。


共に定年後は、恒例の海外と国内へと年二度の夫婦旅行を楽しんでいたお兄さん

達でしたが、このミステリアスなコロナ騒ぎで、お兄さんはNYCの本屋さんでの

ボランティアも退き、奥さんはガーデンボランティアを退き、今では自宅の

ガーデニングで過ごす時間が増えたそうですっかりと巣ごもり状態だそうです。


ニューポートは我が家から1時間くらいで結構身近なんですが、今回は2年ぶりに

なるでしょうか、


小春日和で散策にも申し分ない開放感を味わえる気候だったんですが、

やっぱりねぇ、マスク着用ってのがねぇ、うっとおしぃ〜というか、

そんなありさまにもすっかり慣らされて定着してしまったなんて、

なんだか〜この拘束感は知らず知らず何かにコントロールされているような、

町で行き交う人々を映し出した映画のワンシーンを繰り返し繰り返し観せさせられて

いるような、なんともなんとも奇妙な感覚になってしまうのは私だけでしょうか


ランチ時間にレストランでの待ち合わせで「Tbe Black Pearl」へ向かいました。


雲ひとつない青空が広がる晴天のオープンテラス席で、マスクを外したあとの

その開放感とその本来あるべき自然の雰囲気は生身の人間には堪りませ〜ん!

そして、

ウェイトレスが注文にやって来ると、自分がレストランで働いているせいか、、

なんと直ぐに目についたのが、ウェイトレスが着ているTシャツだったんです。

注文を終えてから、ためらいなく試しに、そのTシャツ売ってますか〜と、

聞いてみたんですね、 すると売ってるってことで、ゲットしましたよ〜!


早速、仕事に着ていきました〜


たまたまレストランマネージャーとキッチンマネージャーが一緒に居たので見て見て〜

ランチにニューポート行って「Tbe Black Pearl」のこのシャツ買ったよ〜!


いいねぇ〜いいねぇ〜といい反応だったんで、調子に乗って、うちもスタッフ用の

黒のTシャツあるといいな〜なんて言ってみるとウケてました〜


私の働くレストランのロゴ入りTシャツは昔〜作ったもので一応あるのですが、

ピンクや黄色やグリーンだけで、残念ながら仕事用には着れないんですね。

なので、ま〜今からわざわざ作らないでしょ〜けど、コロナが収束して再び前の

ように客足が安定してくれば、もしかしたらもしかしたらマネージャーも要望に

答えてくれるかも〜と、もちろん期待してませんよ。

私は「Tbe Black Pearl」ロゴ入りのこのTシャツを週一には作業服で着用します。

マネージャー見るたびに私の言葉を思い出す?かもですね


因みに Black Pearlは、魔除けの効果があったり、他にも色々と良いパワーの

効果があるようです。


私のニューヨークウォーキング2日目 ローマ法王もNYC入り2015/10/01

私のニューヨークウォーキング2日目 ローマ法王もNYC入り
NY2日目の朝、

気が張っているせいか寝不足にも関わらず元気に飛び起き、まだ寝静まってる

ホストのNinaでしたので キッチンで音を立てないようにブレックファストを

済ませて8時半頃にはアパートを出て行動開始で〜す!


この日はセントラルパークを散策しながら抜けてE 59th St.の Lexingtonへ向かい

地下鉄Nラインに乗って まずはクイーンズ地区のロング・アイランドにある

Isamu Noguchi Museumを予定しました。

アパートからすぐのセントラルパーク通りに出ると なにやらもの騒がしく

そこかしこの警察の警備態勢に通りにはすでに蟻集団のように多くの人々が

集まり出していました。ローマ法王のパレードへ向けての準備でしょうか

セントラルパークの入口も通行止めになっていたためコロンブス通りへ迂回して

群衆を避けながらLexington通りまで歩いていきました。

朝も早よからどこも商魂たくましいですね


Nラインの地下鉄から25分くらいの乗車で Broadway 31St.で下車です。

下車する駅さえ間違えなければあとは聞きながらもなんとか行けてしまうので

方向さえ間違えないように英会話の勉強と思い私は聞きまくって現地へ向います。

クイーンズ地区は生活感のある普通の町でこんなとこでどこにあるんだろ〜かと

民間の自動車修理屋さんの前に居たおじさんたちに 、

" Isamu Noguchi Museum は こっち方面でいいの?"

どうも私の Museumの発音が悪く聞き取れないのか分からない様子で...

何度も" Isamu Noguchi Museum”を繰り返す私に ”Oh〜, Museum!” 

”そぅ! Museum! 私の発音が悪いのね”

Oh, No Problem! そこ左に曲がったとこにあるよ”ってな具合でほとんどの

人たちが感じよく教えてくれる頼りになる地元のナビゲーターさんたちであります


次にマンハッタンの ロウアーイーストサイトの235 BoweryにあるNew Museum

of Contemporary Artを目指し Prince St.駅から南下してチャイナタウンへ

入り235 Boweryへ向かいました。つう〜か聞いた方向へ行けば方角間違えて

なんと結果的に遠回りになってしまったんですね。同じ通行人を捕まえて聞くと

こうして間違えることもありで 歩けど歩けどBowery通りに出ないのでチャイナ

タウンでお店に入って聞くとまだ3ブロック先だよ〜と やっとBowery通りに

出てほっ!左折してしばらく歩いていくと右側に漸く見えてきました〜

この新現代美術館は日本人の設計によるものらしいです。ユニークな建物なの

ですが何故か肝心な写真を撮るのを完璧に忘れていた私で疲れていたんですね〜



次は Friday from 4:00 pm to 8:00 pm Free の MoMAへ移動、

その前に私の遅〜いランチタイムに、



あるブログの情報で得た美味しいスープのお店 LA BONNE SOUPで私も是非

この機会に食べてみたくひとり遅いランチに向かいました。小さな2人用の

テーブルが引き詰められた小さなお店でひとりでも気楽に入れるお店です。

Wi-Fiのパスワードを聞いたらここの電話番号よで名刺をくれました。

評判のオニオンスープセット美味しかったけどチーズが多く私には濃厚でした。

基本的に残さない私は全部平らげ デザートのチョコレートムースも完食。

店内は混雑していなかったので 4時から無料で入館するのに時間調整で

少し休憩してから2ブロック先のMoMAへ向かいました。 ところが!!!


なんとすでにすごい数の人々が行列でフリー時間待ちしていました。

料金払って入ろうかと館内へ入ってみましたが...それでも混雑してる感じ...

待てよ!ここで25ドル払うなら次に予定しているThe Whitney Museumでの

from7:00 pm to10:00 pm: Pay-What-You-Wishでも

とんでもない人の数が予想されるに違いない。アッパーイーストサイドから

移動した新しいホイットニーは見逃したくないのでそっちを優先した方が

無難と判断して予定変更で今回MoMaは断念しました。


そこから地下鉄に乗ってホイットニー美術館がある14 St.へ。

地下鉄を降りて通りに出るとやはり方向感覚を失いピンとこず聞いて向うと

古い町並みの奥に際立ったそれらしき建物が見えてきました〜!

時間に余裕がありゆっくりペースで広い館内を観てはルーフトップに出て

ニューヨークの景色を満喫しながら大満足した新しいホイットニー美術館!

誰もが無料で観たい気持ちは同じでありますが人混みと待ち時間を覚悟しなけれ

ばなりません。ひとり旅の私には結果的に22ドルのチケット払って正解でした。

無料時間帯を避けたことで予定より早く帰途へと向かいました。


途中下車してから BroadwayからColumbus通りを歩いていく先に、

若干の人だまりがあり 電光掲示板に流れるニュースをみて

すっかり忘れていたローマ法王のNY入りを思い出しました。

ガラス張りのビルの中を見ると見覚えのある abcの文字..

あ〜ここはABC放送のスタジオだったんです。


朝から通しで移動して歩き回りこの日は結構疲れてしまいました。

うろうろしながらまだ歩いていたい未練がましい気持ちとアパートでくつろぎ

たい思いが交差したのですが、やはりひとりではイマイチ味気ない夜の歩道で

もあり デリでサンドイッチとお惣菜を買ってアパートへ帰ることにしました。


この日はなんだかんだと7時半頃の帰宅でしたがとりあえずセントラルパークの

閉鎖以外は私が行ったルートではなんのなんの影響もありませんでした。

前の晩の寝不足と疲れでぐっすりと寝ることが出来たNY2日目の夜でした:)

To be continued...



私のニューヨークウォーキング1日目 ジャズの本場NYの夜2015/09/29

私のニューヨークウォーキング1日目  ジャズの本場NYの夜
2泊3日でニューヨークへ行ってきました。

今回の私はニューヨークに住んでる気分をつかの間だけでも味わい

身軽でマンハッタンを歩いていくのを第一テーマとしました。

なのでいつもの旅行パターンでのデイパックを卒業して普通のショルダーバック

姿でいかにも慣れてる風〜な出で立ちで行動開始したのでした。

デイパックで行くとほとんどの美術館で預ける羽目になるのが面倒でもあります。



バッグの中身は貴重品とiPadminiだけでこの薄いカバンで充分でした。

しかし...

身軽で歩いて歩いてしまったら 結果2泊3日の小旅行を終えて体中が

筋肉痛になってしまいました。

地下鉄を使っても結局は美術館、ギャラリー廻りで1日どんだけ歩いたの?

って具合でけっこう歩いて過ごしたのでした。ニューヨークに旅行で来て

ま〜人それぞれの楽しみ方でありますが見事に私のように一切のショッピングを

しないのも珍しいのではないでしょ〜か!?

正直なとこ経済的に余裕がないが理由でもあるのですが...:(


今回は時間のロスがないように地下鉄も頼りにしました。

一回乗車2.75ドル払う計算をするとお得そうなので 始めにメトロカード7day

Unlimited Rideを32ドルで購入しました。スリットに乗車券を通すのにいつも

何度も何度もトラブっていたのが このカードでは解消されてほとんど問題なく

スムーズに通してくれたのでした。


昨年は1時間も遅れたピーターパンバスでしたが、

今回はほぼ定刻通りにPort Authority Bus Terminalに到着でした。:)

そこから地下鉄に乗って今回初めて予約してみたアッパーウエストサイトにある

アパートAirbnbに向かいました。ブザーを鳴らすとジョギング姿の若い

チャーミングなホストが入口にやって来て扉を開けて出迎えてくれました。

部屋には専用のバスルームがありAirbnbでもホテルの一室のようなプライベー

トな感覚で何も気にならず寛げる気分で過ごすことが出来ました。


さてこの日は、

バスの到着時間が3時頃であってジャズクラブにディナーを兼ねて予約している

のでそれまでに時間があまりありませんでしたが 昨年、独立記念日で休館だっ

た Museum of Art and Designに急いで向かいました。

工芸美術を扱っていてあらゆる素材のアート&デザインを見ることができました。


さて、 Columbus Circleからuptoum方面の103 Streetにあるジャズクラブに

向かうために乗った地下鉄だったんですが 下調べした駅からは2分くらいで

行くはずのところが同じ103 streetでもラインによって下車する場所が違う

ようで迷い聞きながらで随分と遠回りをしてしまいました。

お一人様予約なのでカウンターに席をとり本格的な生のジャズライブでまずは

ビールでも注文したいところですがアルコール1%でも真っ赤になってしまう

私はひとり夜道を酔っぱらって帰るわけにはいきませ〜ん。

メイン料理はどれも量が多いので迷っていたら前菜のサラダだけでもかまわない

と言ってくれた感じのよい黒人のバーテンダーさんにSmoke’s Caesar Saladに

Bananas Foster Bread Puddingを注文。

Smokeのこの日のライブはドラム、ベースにピアノ そしてジャズボーカリスト

のMarion Cowings もちろん私は知らないジャズミュージシャンたちですが

ライブの雰囲気が好きでジャンルはなんでもOKなんですがやっぱりNYはジャズ

と思って今回で二度目であります。この間近で見る聴くこのライブの迫力感で

今回もいい気分になれました。次回も違うジャズクラブへ行こうと思っています。

1時間の演奏はあっという間に終わり 夜の時間帯NYをひとり歩くのは

初めてでしたがBroadwayの人通りは絶えず40分くらいの道のりを

ゆっくりとウオッチングしながら歩いて帰ることが出来ました。

AirbnbのホストのNinaが125St.まで行かなければ夜遅くなっても大丈夫だと

言ってくれた通りでまったく治安の悪いことはありませんでした。


マンハッタンのアパートへ帰ってきた感じが味わえて尚かつ寛げてAirbnbって

いいじゃんって感想でした。その夜は頭が興奮したままで寝付けませんでした。

そして、

心配していた通りに(明日の)2日目のNY滞在中にどうやらローマ法王もNYへ

やってくる情報をネットで得ました。この情報はすでに英語の個人レッスンの

先生から聞いていてもしかしたらあえるかもよって言っていたパット先生でした。

うゎ〜、

私の移動に影響なければいいんだけど...と願いつつ朝方には寝付いたと思います。

To be continued...



いつもと違う8月の風を運んでくるビジター2015/08/06

いつもと違う8月の風を運んでくるビジター
今日はいよいよ日本から友人がこのレノックスにやってきます。

私にとっては渡米以来の日本からの初めての訪問客になります。

外国慣れした彼女ですので気を使うこともないしなんの心配もなくラクラク。

この友人とはイタリアのモザイク校で知り合った25年来の付き合いになりますが

今どきでは京都在住の彼女とはもっぱらスカイプ交流が主流であります。


イタリアのラヴェンナで知り合ってから私たちって妙に波長が合うのでしょうか

ま〜しゃべるしゃべるイタリア以来 大袈裟に言えば止ることがありません。

何をそんなおしゃべりすることあるの(?)まったくです。

いずれにしてもユニークな友人のひとりには間違いありません。


彼女はNYにも友達が居て仕事の営業やらで ほとんどNYで過ごす予定ですが

実際にはどのようなNYの日々を送る彼女でしょうか。それほど想像を超える

ような臨機応変で物事に規制されない自由な発想を持った彼女なのであります。


NYCからピータパンバスで夜の9時にここレノックスへ着く予定です。


明日はレンタカーを借りて 相棒抜きで小旅行に出向きます。


アメリカ最大の現代美術館には是非行きたいというアーティストの友人で

まずはMASS MoCAへ向かい その後はウィリアムズタウンでクラーク美術館と

ウィリアムズ大学美術館に寄りそこからバーモントへ北上してマンチェスターで

一泊します。おおまかな予定ですが彼女との気ままな小旅行になりそうです。


次の日はグレイロック山で軽くハイキングを予定していますが

これは天候と彼女のコンディション次第になると思います。


ここレノックスでの生活に、

いつもと違う風を運んでくる彼女の4泊5日の滞在を楽しみたいと思っています。



近ごろ夫のパフォーマンス2015/07/21

近ごろ夫のパフォーマンス
すっかりインドア派になってしまった相棒のこの頃は、

トリックに魅せられて もともと子供の頃から興味が

あったという相棒がすっかりとマジシャン化してきました。

マジシャンに関するDVD映画もコレクションの一つであります。

カードの練習から始まり アマゾンでそれらに関した本やビデオなど

あれこれと購入する傾向が強くなってきた相棒であります。

更にサーカスを観に行ったあとには ジャグリングやリングに挑戦して

毎日の練習に励んでいます。ジャグリングはなかなかの腕前です。

今はまだ落下率99パーセントのリングはまだまだ難しく

隣人に迷惑をかけないように外でこうして練習をします。


あれやこれやと挑戦する もともと多趣味の相棒です。

体調に問題ない時には 片手5kのダンベルを両手にトレーニングを

再開している相棒です。

ある面で童心を忘れないところが相棒のいい点でもあり、

ここ数日間は妙にハイテンションで過ごす相棒で、

こうしてマジシャン化するのは相棒のメンタル面に

よい作用を与えているのかもしれません。