あらら、、、仁王立ちの夫2020/06/09

あらら、、、仁王立ちの夫

朝起きてきた時の相棒の出で立ち…

仁王立ちと言っても、怖い雰囲気の立ち姿ではなく...


(そこで、何やってんの)......冷めた視線で見上げるオータム


無言で私のところにやって来てピタッと止まって、

見て見てって言わんばかりに足袋を履いた姿で仁王立ちする相棒


時々こうして可笑しなことやってくれる相棒夫とウケる妻のアタシ


そんなことを躊躇いなく喜んでブログに公開したりと、

やっぱぁ〜

アタシとピッタリなオット〜割れ鍋に綴じ蓋の似た者同士でお似合いすっね!


夫の日本への関心と日本ブーム再燃中2020/05/16

夫の日本への関心と日本ブーム再燃中

いやいや〜 この頃の相棒なんですが、どっしちゃったんでしょうか〜 


日本小説の読書、日本映画鑑賞、T-シャツ、カップ、姫路城の写真などなど、

(日本のお城写真集を購入して、魅せられています)

こうなるとコロナによる自宅待機中のBGMはもちろん日本のミュージック、

あれもこれもと日本尽くめのなか、

かなり本腰が入った日本語勉強も日課なってしっかりと日々励んでますよ〜


相棒の日本への関心は漠然と聞いて知ってはいましたが、近頃はもっと詳しく

昔の事を思い返しながら話してくれます。


そもそも相棒が高校生の時、日本からの交換留学生との出会いがあって

井上陽水のLPをプレゼントされて大変気に入ったそうで、そんな事がキッカケ

となりいっきに日本への関心が湧いてきたそうな。


高校生で始めた独学ギター、なんと最初マスターした曲は坂本九の「上を向いて

歩こう」で、ローマ字で歌詞を書いてくれたのもその高校生だったそうな。

(井上陽水だの坂本九だのって今ではすっかりと古〜ぃ年代入り〜)

そして、

も一つの日本人との出会いは、相棒が前妻さんと結婚した当初にオハイオ州に

住んだ時の事、同じアパートに居た日本人夫婦との出会いがあったそうな。

ご主人は教師交換プログラムでアメリカの大学で数学を教えていて、ご主人に

代わって、妊娠中の奥さんと病院へ一緒に行った時は、奥さんが英語を理解出来

るようにとゆっくり喋って易しい英語で通訳したり、 ご主人は妊娠中の妻に代わ

って家事、料理としなければならないことを、これは男の仕事じゃな〜いと、

おどけながらも奥さんを手伝っていたそのご主人の印象が、I thought that was

funny and very sweetだった言う相棒、懐かしそ〜に思い返していました。


そして、

なんと、高校生の時に三島由紀夫の「春の雪」と「潮騒」を読んで(他の作品は

あまり好きになれなかったとか)、何度も読み返すほどのお気に入りの一つで

あとは、1975年に小説の「将軍」がアメリカで出版されて夢中で読んでこれも

何年もの間のお気に入りでアメリカで人気だったTVシリーズ「将軍」を楽しん

でいたそうです。


そして、

そもそも日本語を勉強するキッカケは、高校生の時に交換留学生で南米ボリビア

に行った時だそうで、スペイン語の他に週に1回か2回、日本語の授業を

約1ヶ月受けそうな。


これが、その時勉強した日本語の教科書(初版昭和48年)で、初めて覚えた

日本語は「それはなんですか」、「これはボールペンです」とかで、私たちが

初めて勉強したThis is a penと同じ〜


そしてそして、なんと日本から「潮騒」の日本語版を私と同時に読んでいきたい

と密かに思った相棒が取り寄せたのでした。


せっかくですので、ただ今時間を作って読んでいま〜す。


日本映画鑑賞が続いています。相棒の日本映画のコレクションでいくつかは

すでに一緒に観ていましたが、私にとってこの3作は初めて観る映画でした。

(もしかしてたそがれ清兵衛は観ていたけど印象に残らず忘れていたかも?)


*「たそがれ清兵衛 」真田広之、宮沢りえ...

*「蟬しぐれ」市川染五郎、木村 佳乃...

*「壬生義士伝」中井貴一, 佐藤浩市,...


あの一途な貫一郎役の中井貴一の演技に泣かされました。

以前の私とは随分意識が変わってか、かなり魂に響いてくるではありませんか〜


高校時代から日本に興味を持って本を​​読んだり映画を見たりしたして長い年月を

過ごした後、私と出会う運命だったんでしょうか、

2009年に、日本人の私と結婚して、めでたし愛でたし〜!


へんな夢こんな夢_It's killing me!2020/02/19

へんな夢こんな夢_It's killing me!

へんな夢こんな夢を見た〜と、言いながら起きてきた相棒でした。


第一弾(10日前くらいのこと)


そこは、ボストンにある地下鉄グリーンラインのプラットホームだったそうな。


手に握ったリードのその先には、愛犬オータムでなく、、そこには驚くなかれ!

なんとなんと、そのリードに繋がれたモンキーが、一緒だったそうな。


よく知ってるはずのグリーンラインだけど、どうした訳か迷ってしまい、

不安で不安で息子たちに電話を試みたそうな。


こっちこっちと手招く彼らの姿が、ちょっと先に見えているのに何故か、彼らとの

その距離間は、映画館でスクリーンに映し出される映像を観ているような、、、

どうしてもそれ以上縮まらなかったそうな。

そこに見える彼らに再度電話すると、こっちこっちと手を振って居るだけで、、

なにが何だか、、、パニクり混乱するばかり、、It's killing me!

そこで目が覚めたそうな。


この話を聞いたあとの私ですが、思わずこう聞いちゃいました。

そのモンキーってもしかして、猿の姿になった私だったりして?

即座に、NO〜!と、返した相棒でした。


第二弾

今朝のことで、再び、へんな夢こんな夢〜見たと言いながら起きてきました。


場面は再度、地下鉄のグリーンラインのプラットホームだったそうな。

しかし、その地下鉄のあった場所は、パリだったそうな。


そこでは何故か、日本語を話さなければならず、、”明日”は知っているけど、

”昨日”が、どうしても出てこないそのストレス、、頭をかきむしりながら、

It's killing me! 、、、やはり同じくそこで目が醒めたそうな。


相棒の過去がピンポイントで凝縮されている夢だったんですね。


前妻さんはフランス人で、昔パリで4年間住んでいて相棒の次男はパリで生まれ

たそうで、相棒にとってパリでの生活は思い出深いところだと思います。


20年前にブルックラインにマイホームを持って住んでいて、グリーンライン

相棒にとって身近なものだった。


私と結婚するくらいですから一切差別意識のない相棒です。

しかし、差別するしないに関わらず、そして私たち自身もそうであるように、

黄色人種=モンキーが、潜在的な意識の中に組み込まれてしまっていて、

そのイメージで私が猿となって現れた。

そしてオータムを娘のように愛しているので、愛犬のことも忘れていません。

リードに繋がれたモンキーは、きっと私とオータムが一緒になった姿だった

んではと、勝手に解釈しています。


日本では2年半暮らした相棒ですが、日本語でのコミュニケーションは、

私の英語レベル以上に日常生活において困難さがあったと思います。

その日本でのちょっとした苦い思い出が、記憶の何処かに染み付いていて

それが今回のこの夢の中で流れ出たのではないでしょうか。


日本人の私と、アメリカで晩年を送ることになるわけですが、

自分に何かあった時のことを想定して、相棒のすべの預金口座を私にも動かせる

ようにしたり、私が支払いチェックを切ったりと最低生活においてやるべきこと

を、今では私が担当するようになっています。

相棒は私のことが心配で心配で仕方ないようです。

何しろ頼りは相棒だけの私なんですから、そりゃそうだと思います。

実際に、アメリカで私一人だなんて、考えただけで真っ暗闇になってしまいます。

なので、成るように成るしかないと、考えないようにしていますが、

穏やかな晩年生活を送るためには、とにかく相棒には私より長生きしてもらう

ことが、正解だと思っています。


こんなアクシデント…ついてないとしか言いようがないね2019/10/08

こんなアクシデント…ついてないとしか言いようがないね

こんな状況に遭遇するなんて、運が悪かった?


1週間前のことでしたが、一般道路を走行中に石の落下物にもろ接触した結果…

10分ぐらい走った後に走行不能になりました。

実際の場所とは異なります。


夜の8時過ぎ頃、ローカルな暗い道で、何か...前方にある物体に気が付いた時、

後方には車がなかったのですが、前方の反対車線に車が見えたので、そのまま

走り抜けてしまい、その瞬間に硬いものにぶつかる衝撃をくらったのでした。


うわぁ〜

と、思いつつも10分くらい走行してエンジンが止まって動かなくなりました。

破損してしまうくらいですので、それくらいの大きさの石だったのでしょうか…

下回り破損で、オイルが全部漏れてしまったのでした。


ロードサービスAAAに救援要請してから、やっと10時過ぎに無事帰宅しました。



次の日の朝一にTOYOTAに搬送してもらい、

ざっと調べた結果、何と修理代に8000ドルくらいかかるとのことでいた。


その後直接、保険会社の専任担当者が損傷状況を確認してから、

中古パーツ使用の見積もりで3500ドルくらいで修理可能で全額保険でカーバー

出来るということでした。


来年から保険の掛け金が上がってしまいますが、ま〜それでもここのところ

歯だの木の伐採など私たちにとって費用がかさんでしまいますので、

保険を使うことにしました。



そもそもですよ、

車の下回りが破損するくらいの大きさの石が道路にあっただなんて、

あんまり聞かない話じゃないでしょうか

仮にあったとしても、たいがいは気が付いて前後確認して徐行して避けることも

可能だと思います。


その時の運転状況によっては確かに暗いと見逃してしまうこともあると思います。

相棒曰く、瞬間気がついたもののまさかそれが石とも思わずそのまま通過して

しまったそうです。


自分の判断力の甘さで車を駄目にしたことにすっごく落ち込んでいましたので、

いやいや、仮に前後に車があったとして、一歩間違えれば...ハンドル切ったり

急ブレーキかけたりで、もしかしたら相手を巻き込む事故に繋がりかねない

わけで、単独事故で終わったと思えば不幸中の幸いでラッキーだったわ〜

と言うと、納得していました。


しかしですね...よりによって...そこに石があったなんて...ついてなかった!

マジでそういうことですわ!


程よい夫婦間の距離感ってどんな?2019/09/28

程よい夫婦間の距離感ってどんな?

再び、亭主元気で留守がよぃよぃモードに陥ってしまいました。

わたしのこの自分勝手極まりない拗ねっこ一面にも困ったもんですわ〜


以前は最大で5つの仕事を掛け持ち不規則な日々をこなしていた相棒でしたが、

図書館2箇所での仕事を得てからは週一の家庭教師だけを残して、

ようやく先週から相棒にとって理想的な状況に落ち着きました。


私もやれやれって感じで喜んでいるのも事実ですが、、、その半面、、、


程良い距離感があってこそ愛しさの鮮度が保てる夫婦生活の実態でしょうか、

そんなよい意味でのすれ違い生活にすっかり慣れてしまってただけに、

こうして日常生活を共有する時間がやたらと増していくと、

正直な気持ちその窮屈感(ウザぃ〜)の方が強くなってしまいました。


どうしても限られた狭い室内空間の中では私の方が気を使ってしまい、

一人で過ごす開放感大好きの私にはやっぱり一人がラクチンですわ〜


新たに就いたもう一つの図書館の仕事が遅番のため、それに伴いご飯作りの

回数が増えてしまいました。

やっぱり二人で食べるとなるとですね、頑張ってしまうんですわ。


ちょうど私の休日が相棒の遅番日で、ラジオのように流しているyoutubeも

イヤホンなしには聞くことできませんし、 ま〜、4時、5時出勤で帰りは8時過ぎ

なのでその間ゆっくりすればいいんですが、帰ってきて食べる晩ご飯の準備を

しなければなりません。そんな感じで丸々開放感日がなくなってしまって残念!


そんな私のネガティブ感を切り替えずこの現実の局面を嘆くままに身を任せて

このまま放置してしまえば、本当に心身共に腐ってしまいそうです。

なので、この気持を打破して切り替えて行かなければ〜と思っているところです。


亭主元気で留守中はう〜んと減ってしまいましたが、無い物ねだりしても何も

始まらないので、なんとか程よい夫婦間の距離感を私の心の中に模索していか

なくっちゃで〜す。


しかし、

名キャッチコピーの的を射た亭主元気で留守がよいとはよく言ったもんです。