英語で寝言を言ってたらしい2018/03/17

英語で寝言を言ってたらしい

今朝の出来事で言い知れない恐怖感から救い出してくれたのは夫の相棒でした。

こういう緊急時にこそ、持つべきものは伴侶であるのかもしれません(マジで)


私は残虐な描写が出来ませんので、ほどほどな内容ですが、

自分の中で貯めておくのには恐怖すぎて、ここで吐いてしまいたいと思います。


怖〜ぃ夢を見ていた私で... 寝言を言ってた私を揺すり起こしてくれて、

怖〜ぃ場面から抜け出すことがやっと出来たのでした。

どちらかと言うと、結構わたしは寝言を言うようですが...


怖い夢でもたいがいは再び眠りにつけば、記憶も薄れてしまうのですが、

早朝の寝言で相棒に起こされて、まだリアリティな感覚が残っています。




その夢の内容は、

大きな敷地内に放されたトラに襲われてトラの餌になりそうな怖〜ぃ夢でした。


その敷地内のトラを管理しているような男の姿を目にしました。恐ろしいことに

人間を餌として与えているようで、一人の女性が虎に捕まってしまいました。


引きづられていく様子が怖くって怖くって息を殺して身を潜めるので必死でした。


きっと次は私の番、、、怖ぃ、、、トラが満腹の間に、、、今逃げ出さなければ

私も餌になってしまう、、、しかしです、その管理者が逃がすものかとじーっと

辺りを見張っていました。必死で地面を這ってその男に気が付かれないように

死に物狂いで出口を探しました。 すると、突然に外に通じるゲートに辿り着い

ていました。虎と管理人に気づかれないよう、忍者のようによじ登って辛うじて

外へと逃げ出す事ができました。


突然に風景が一転して視界に入ってきたそこは、まるでチャイナタウンのような

騒然とした怪しげな場所でした。しかし、まだ先ほどの恐怖に包まれたままの私

は行き当たりばったり通っている人やお店の入り口に居る人に助けを求めました。


恐怖感の塊になっている私なのに、その私の存在に気が付かない振りをしている

のか、それとも本当に気が付いていないのか、誰にも相手されませんでした。


そこで私、考えたんです...えっ、もしかしてあの見た女性は実は私だった......

私はすでに虎のお腹の中......??????????????


そう思った瞬間でした、必死で助けを求めて声を出そうとしたんですが、

金縛りにあった時のように出ないんです!それでもそれでもそこに私には見える

そこに居る人々に再び助けを求めて、声を絞り出して吐き続けたんです!

Help me!!!Help me!!!Help me!!!Help me!!!Help me!!!


そこで、目が覚めました。相棒が私を悪夢から救い出してくれて解放されました。



『英語で寝言』なんてなんだろうで初めて私のブログに訪れてくれた人には、

『Help meだけ〜それって英語で寝言じゃないじゃん!』って顰蹙ものですが、

何度か訪れてくれて私の英語力の話を知っている人たちには期待通りの寝言での

英語だったと思いますので良しとしました。


海外生活が浅い私は咄嗟の場合には、やはり日本語の方がしっかり身について

いますので、例えば、あっちぃ!(熱いものを触った時)も、痛っ!(物に

ぶつかった時)などなど仕事中によく言っちゃいます。


なので、助けて!になるはずなんですが、Help me!!!と言った私、ってことは

やっとこ私も少しはアメリカ生活が身についてきたってことでしょうか〜



それにしても、 クマと二回も遭遇した私はクマの方が現実的なことなんですが、

何故トラが出てきたんでしょうか〜



恐ろしい強風の爪痕2018/03/04

恐ろしい強風の爪痕

アメリカ東海岸では金曜日の朝から雨と強風が止まず、


一夜明けて見た家の周りは、

倒れた木に、地面には沢山の枝がそこらじゅうに散らばっていました。


この木はすでに私達が引っ越して来た時から倒れて他の木にもたれ引っかかっ

ていたもので、いつ落ちるやらと心配していたので、これで解決しました。


一箇所に置いた大きなゴミ箱も一輪台車もぶっ飛んでしまうほどの強風でした。


一日中降り続いた雨と風は昨日ほどではないのですが、朝のオータムの散歩後に

大きな枝や家の前に散った枝々を拾い上げて見ましたが、今日も時折ゴーゴーと

強風は居座ったままで去らず、恐ろしや〜で中断しました。


オータムなんですが、私達同様に恐ろしかった昨日の雨と強風でオシッコだけ

さっさと済ませて家の中へ入ってしまう始末で一日中大便をしそこねていました。


一晩中、風のざわめきが止まずゴーゴーと轟き、

もし木が家に向けて倒れてきたらと、想像するだけでなんとも怖い感じでした。


アメリカ在住した年の2012年の10月29日の時、ハリケーンサンディーが

アメリカ東海岸に上陸した時に私たちのアパートの目の前の大木が倒壊した

まさにその瞬間を相棒が見ていて、もし私たちの南側の部屋の方に倒れていたら

直撃くらった位置で、ゾッとするような光景でありました。



今日のお昼の散歩で私達のサークル内を歩いているとあるお宅の裏庭のかなり

大きな松の木2本が途中からボキッと折れた状態で庭を埋め尽くしていました。

幸いにも家には被害がないようですが、これはこれは後片付けが大変です。


そして、もう一軒では車が停めてある私道に倒壊して車を直撃していました。

業者さんがチェーンソーで伐採していましたが、これだけでも損害大です。


手も足も出ない自然の脅威、も〜ですね、これは怖い!


アメリカは広大な森林に点在する住宅環境なので、強風の後の倒木現場を

何度も見ています。 いつ我が家も被害を被るか分かりません。怖いです!


ところでなんですが、

隣の不気味さんっちの裏戸にある庇の金具の片方外れてブラブラで風に煽られて

いました。 相棒がそれに気がついた時、全部外れて我が家に飛んできて、

私たちの車か窓に直撃してきたらどうしようか、隣に言いに行こうかって本気で

心配しだすので、気になるなら外へ出て自分でできる範囲で対策を講じるはず!


言いたいのは山々だけど、どうも本人は気にしていないみたいだから、

大きなお世話ってことになりそうだから関わらないようにしようって言いました。


隣の不気味さんも相変わらず正体がつかめず、怖〜ぃ存在で〜す。



寝ぼけた朝の出来事2017/04/09

寝ぼけた朝の出来事

”えっ〜”てなこと言われてしまうかもしれませんが...

私、歯磨きは塩で磨くようになって1年以上は経つでしょうか、


きっかけは歯磨き粉は化学成分が入っていて体に良くないって記事を

読んでから単純に気になってやめただけでした。

この傾向はシャンプーもそうで、湯シャンは今ではすっかり定着しています。


歯磨き粉やシャンプーに限らず化粧品、洗剤などなどの製品、食品やらあれこれ

言ったら全くキリがない話のようですが、とりあえず出来そうなことだけを

実践してるだけで、研磨剤、発泡剤、化学物質なしの歯磨き粉を探せばいい

のですが、こういう面ではものぐさで調べるのが面倒で単純に塩で十分かなと

最も手軽な方法を選んだだけのことでした。


そして寝ぼけたある朝、とんでもない間違いをしてしまいました。

食用のお塩を歯ブラシに振りかけて磨くのですが、かなり寝起きの悪い朝で

そのせいかこの時に思わぬ行動をとってしまいました。


塩と胡椒が入った同じビンで、今まで決して間違えることはありませんでした。

口にした瞬間なんとなく変と思いつつも反応悪く磨き続けてやっと”これもしか

してコショウ?”まだも寝ぼけてしまっていてやっとこ鈍くも気がつたのでした。

寝ぼけ朝、やらかしちゃいましたね〜なんと間抜けな話でしょうか!



これが定着するとシャンプーも歯磨き粉がなくってもサバイバル 出来ますね。


殺菌効果がある塩は単純に良いかなと思うだけで、ノンペーストブラッシング

だけでもいいような記事も見ました。実際にそうなのかもしれませんね。


決してナチュラル志向ではないのですが、アメリカ生活で自然にそうなっていった

湯シャン、ノンペーストブラッシングそして、もともとノーメイクなんですが

乳液だけは欠かせなかったのですが、これもやめてしまいました。

もちろん始めは半信半疑で実践してみた結果、気になるか気にならないかだけ

の個人問題で、私の場合まったく気にならないので続けているだけです。


しかしです!塩胡椒を決して間違えないようにしなければなりません。



愛犬大国これでいいの!もし愛犬家が獣医だったら2016/01/09

愛犬大国これでいいの!もし愛犬家が獣医だったら

年末年始と日本の友人の4歳の愛犬の黒いシュナウザーの具合が

悪くなってしまい、同じ愛犬を持つ私には他人事でなく心配していました。


その症状は、食べたあとに嘔吐して全部吐き出してしまうとのことでした。


年末年始は、獣医さんもお休みで、様子を見ながら悪化しないことを祈りながら

年明けを待ってから、2日に営業していた獣医さんに診てもらうと、

そこでは特に異常はないと診断され、吐気止め薬を処方されただけでした。

友人が銀杏を拾い食いするので、それが原因なのでは...と言うと、

そんなことあり得ない と、断言されたそうです。


その後、たまたま薬が効いたのかちょっと症状が落ちついてきたので、

少しやれやれと思っていたら、4日の日に再び激しくモドしたその様子に、

もうこれはただ事でないと思った友人は 改めて獣医さんをネットで検索して、

最終的に選んで行っみた獣医さんに 一刻を争う事態と言われたのでした(怖)


触診して何か固まりがあるのを発見してから エコーで確認してくれたそうです。


同じ獣医の資格持っていて、なんで他の獣医さんそれが分からなかったんでしょ!

すぐその場で緊急手術となり、

取り出したのはやっぱり『銀杏』で、腸に詰まっていたそうです。


昨年、開業したばかりの若手獣医さんですが、とても頼りになりそうな手応えを

感じたそうです。大事な愛犬の命を救ってくれたこの救世主の獣医さんに今後は

もう迷わず愛犬を託すことにした友人です。


今回の獣医さんの対応に釈然とせず獣医さんめぐりしてしまった友人ですが、

その気持ちもよく理解出来ます。うちでフードを買ってくれなければ困る的な

発言やら何やらで、ビジネス感覚な獣医さんが多いことが残念でたまりません。



もし本物の愛犬家が獣医だったら...

もちろん生活していかなければならないので最低の生活するための収入は

必要ですが、キレイ事でなく私だったらお金は二の次でやる意気込みありです。


それぞれの飼い主にとってかけがえのない動物の命です。それを管理していく

獣医さんは、誠心誠意、人と生き物に向き合える人であって欲しいですね。


ビジネス感覚で冷酷にも動物の命を祖末にする金儲けなんてとんでもない!

金好きな人は他の職業を選ぶべし!

人と犬の関係はそれほど古くから深く身近で共存しあい、そのことがどれだけ

大きな意味をなしているのか真剣に考え直してもらいたいと思います。

打算的な考えをもたず、本当に本当に動物を愛する心を持った人だけが

獣医さんの資格を得るべきだと心から願います。

そして、

友人の愛犬まるちゃんは、8日昨日に元気に退院しました!

まるちゃんを見守った人たち、もちろん救世主の獣医さんもお疲れさまでした!



一歩間違えたらどんな状況でも惨事になる2015/11/12

一歩間違えたらどんな状況でも惨事になる
これは、私たちが住んでいる小ちゃな町と同様の小ちゃな出来事ですが、

しかし!一歩間違えればどんな状況でも惨事になるってこともあります。


私たちの小ちゃな町の歩道はちょうど陸上用のトラック形のようになっていて

その内側と外側に凝縮されるように生活に便利なものが揃っているところです。

カーブを曲がって直線に入ったところに私たちのアパートがあります。

一昨日のお昼にいつものコース方向へ出ようとした時に一台の車が

左側からやってきて運転席のフロントタイヤ脱落で停止しました。

ちょうど私たちのアパートのドライブウェイにさしかかったところでした。

お昼の散歩コースはこの通りを横切った方向へ行きます。

もし、もう少し早ければ...もし、もっとスピード出していたら横転?

もしもしもしで...驚きの瞬間に出くわしていたかもしれません(ゾッー!)

ちょうどカーブになっていて低速走行で運転手にとっても幸いだったと思います。

タイヤ脱輪も不思議でないようなかなりのオンボロ車状態。

人のこと言えない我家の車もそれに近いかも〜

もしこれがハイウェイだったらと想像すると更にぞっとします。

前に私たちの車のマフラーが突然すっぽり脱落した時も不幸中の幸いで難を

逃れたことがありました。タイヤにしてもマフラーにしてもいきなりってこと

はなく前触れはあったのでしょうが、なかなか気が付かなかったりするものです。

対応の遅いアメリカですが、待ち時間を入れてトータル1時間くらいで無事撤去。

オータムと私が巻き込まれなかったこと若者を含めて、

今回も不幸中の幸いに感謝感謝感謝です! :)