えっ、それだけで体力消耗したん!?2018/05/17

えっ、それだけで体力消耗したん!?

当初の予定では、相棒の新仕事のスタートは今週からだったんですが、

指定された病院での健康診断の結果待ちで予定が延びていました。


問題なしの結果を得てから、今後のスケジュールについて図書館のディレクター

とのミーティングで、来週から2週間トレーニングが始まることになりました。


今週から図書館での仕事が始まる予定だったので、本屋さんでの仕事を

セーブしてしまっていたので、今週は、仕事の空きが出来てしまいました。


日に日に目に見えて伸びていく芝生が気になって気になていました。

私が超〜多忙でなければとっくにやってしまっているのですが、、、

ここで無理をして仕事に支障をきたしてしまってはと思いとどまり、何とはなしに

促してみると、意外にもスンナリと芝刈り機を出してすぐに作業してくれました。


見違えるようにキレイにカットされた庭に仕上がり大満足しました!


しかしです、相棒汗だくで体力の限界と言って、その後予定していたオータム

との散歩に行く体力を使い果たしたとかでキャンセルされてしまいました。


昨年は私もやっていたので、どのくらい体力使うか知っていますので...

内心...えっ、それだけで体力消耗したん!?


木曜日から仕事続きでこの日の月曜日も仕事で出勤前ギリギリで、

急きょ私がオータムを散歩へ連れ出すこととになりました。


なんてこった〜!

私に言わせりゃ〜、あれくらいの芝刈りなんて屁の屁の河童じゃな〜い


我が家では、体力なさすぎ〜夫と体力ありすぎ〜妻であるのですが、

人はそれぞれなワケで、私の物差しで測っては大間違いだってことなんですね。


ま〜兎にも角にも、雑草化寸前の芝を刈ってキレイにしてくれて私は大満足です。

重たい腰を上げて、キレイにしてくれてありがとう!



早速のこんな訪問者たち&いつも心にボストンテリア522017/07/26

早速のこんな訪問者たち&いつも心にボストンテリア52

まずはですね、思いもしない珍客に悲鳴をあげてしまいました!

それは、ヤードに出ようとサンダルを履いた瞬間でした。左足指先に得体の知れ

ない何かに触れたその感触は、マシュマロのように柔らかく弾力もあったりで、

中を覗いて見ると、”うゎなんだこれ〜” カエルのような、しかも白い!!!

”うぎゃー”と、びっくり悲鳴〜!!! その気色悪さに相棒に助けを求めました。

恐る恐る一緒に確認するとやっぱりカエルで、白いなんて珍しく初めて見ました。


(画像ではそんなに白く写っていませんでしたが、もっと白かったです)


そして、次には側で見ると実に迫力ある訪問者たちで、

定期的に訪れる7羽の七面鳥フャミリーを初めて至近距離で見た時は、その数と

その大きさに恐怖を感じました。 どうやらこの7羽の七面鳥たちはこのコミュ

ニティパークに生息していて各家の庭を転々と移動して生活しているようです。

我が家にやってこない時はオータムの散歩中でどこかの庭で見かけます。


オータムもポーチの窓からバックヤードの景観を楽しんでいる様子です。

時々訪れる7羽の七面鳥の姿に圧倒されてか、ウゥ〜と唸ってます。


そして、次なる心温まる訪問者は、

ちょうど1週間経った時に、ウエルカムアイテムと手作りクッキーを持って

このコミュニティのウエルカム担当の人が挨拶に訪れてくれました。


カゴの中には生活必需品がいっぱいに揃っていました。

80歳になるという物腰の低いとても感じのいい人でした。


そして、3月からリクエストがあった訪問者さんたち、

泊まりたいとリクエストがあったゲストさんたち、朝食分も買い物していました。

前夜になって突然、相棒が忙しそうだってことで悪いのでホテルに泊まることに

したとラインが入りました。えっ、と思った途端に張り詰めていた気力が一気に

抜けてしまいました〜。ポーチでフトンにって言ったのがいけなかったのかな〜

私の感覚では全然問題ないんですが、人によっては快適ではないのかもですね。

なわけで、ゲストさんたちはCape CodからNew Bedfordで行き捕鯨博物館と

ジョン万次郎記念館を観光してから夕方やってくるとのことで、

疲労感が伴ってやっとここさえた予定していたロールキャベツを夕飯にしながら

久しぶりにおしゃべりして過ごす予定で〜〜す。


バタバタの引っ越しでフル稼働してバテ気味ですが、

今日はジャズの25日の命日であることも忘れていませ〜んよ。



これはこれは予想外なことで…悪くないかも!2017/07/24

これはこれは予想外なことで…悪くないかも!

今日の日曜日は引っ越しからちょうど1週間が経ちました。



片付けに追われてクタクタの毎夜、朝には車でネットでピックアップしていた

散歩コースをチェックしたりとブログすっかりとご無沙汰してしまいましたが、

私も相棒もオータムも元気ですよー!

引越しの片付けを急いだ一つの理由には、今週の火曜日にCape Codで用事を

済ませて我が家に一泊で寄りたいとのリクエストが随分と前からありました。

以前、相棒の偏頭痛やらでキャンセルしてしまい...今回も急遽の引っ越しに

なってしまいどうなるやらと思っていたのですが、一気一気に作業してなんとか

ゲストを迎え入れられるくらい片付けることができました。ま、そんなことが

なくてもやってしまわないと気が済まない私の性分なので一気一気のおんなじ

ペースでやってしまったと思いますが。相棒は夏休みの仕事で忙しくほとんど

一人で今回もやったワケで、さすがにバッタンキュ〜の連夜でありました。


アメリカ東海岸地域は暑く高い湿度を伴う暑い日が続いていました。

日曜日には一気に気温が下がってしのぎやすい朝となりましたが、


引っ越してからのこの1週間は最も暑く、モービルホームはプレハブみたいな

ものでその暑さたるや、それで各部屋にシーリングファンが設置されてるワケ

だったんですね。 引越しの片付け+暑過ぎて汗だくのゆでダコ状態でも頑張る

に頑張った甲斐があってなんとかさまになってきました!

これはこれは意外や意外で、今まで住んだ四箇所の家の空間を比較してみて、

なんと最も心地よい空間になったではないですか!!!

これは予想もしていないことで自分のこの心境の変化に私自身びっくり!!!

引っ越してくる前まではトラブルが続き不安だらけで本当に憂鬱でもありました。

住めば都と言いますが、住み慣れる前に引っ越してきて片付けを始めてすぐに、

全く嫌な感じに襲われないし、ここ意外に悪くないかもと感じ始めました。

一般にモービホームはうなぎの寝床みたいに横一に長い作りで、(私たちのエリア

に隣接してある違うコミュニティパークは比較的新しく全てダブルの建物)

その利点は全面の壁が窓になって部屋がかなり明るく風通しが良く、部屋数は

少ないけれど、キッチン+ダイニング、リビング、ベッドルームの各部屋の

スペースが広く閉塞感が全くありません。 当初、部屋数が少ないので

荷物の整理がつかないのではと思っていたのですが、やってみると備え付け棚が

キッチン+ダイニングとベッドルームに結構あり、バスルームも今までの住まい

とは比較にならないくらい広いスペースの作りで全て上手く収まりまだ余裕が

あります。モービルホームはちゃっちぃなんて言いましたが、これがこれが

モービルホームは一見ちゃっちぃなりにもちゃんと生活機能するような作りに

なっているんですね。

何よりも部屋の中に豊富な光が差し込んで明るく、どの部屋もこれが見れば

見るほど結構キュートな空間で気に入ってます!


湖や池が多いこの地域の日常の散歩コースを事前にネットでいくつかピックアッ

プしていたのを朝、車で下見に行き、思ったより雄大で犬の散歩にも最適の場所

が幾つかあることを確認出来てホッとしました。


車で行くのでかえって前よりも活動感を味わえるかもしれません。


それよりも何よりも一番の心配事であった、ずるっこい売主がここに住んでいた

と思うだけで、家中にずーっとその意識が働いて嫌〜な気分を引きずってしまう

んでないかと思っていましたが、もともと根に持たない性格も手伝ってか不思議

なことにも、これがこれが全く気にならないのであります!


そして、この住まいの地域のコミュニティ環境も一軒一軒の空間にかなり余裕の

ある作りのスペースになっていて何もかも気にならず、それどころか私たちの

家を囲む東西南北の広々とした空間に心地よく心が休まる思いで過ごせるのに

改めてその快適感を日々噛み締めているような状態であります。


そしてそして、何よりも私の感覚が今までになく開放的になっていくような

気がしたり、何か蘇ってくるような、今までのアメリカ生活4年間とは何か違う

ような感性が息づいてきているような気がするのですが...



正直者 VS 狡い人2017/07/15

正直者 VS 狡い人

温水器の修理代におよそ500〜600ドル、壁の修理におよそ1200ドル、

今のところの概略の各見積もり額です。


不動産が紹介してくれた壁の請負人は、今バケーション中にも関わらず破損した

画像を見て想像する範囲内で細かく見積もってくれました。しかし、実際に見て

もっと問題があるかもしれないとのこと、恐らく内部の断熱材が破損している

だろうとのことで、何れにしても大掛かりな修理になるようです。

そして、今回の事情を不動産から聞いていたようで、私たちにインスペクターに

支払った375ドルの返済を要求するか、あるいは彼を裁判に持ち込む提案を

してくれました。やっぱアメリカでは裁判が日常茶飯事なんでしょうか!


インスペクターは私たちの問いかけに返信してきません。

不動産がインスペクターに電話をしたところ、リビングのその破損した壁の

部分に家具と一人がけのソファが置かれていたわけで、 例えばキングサイズの

ベッドを移動してベッドルームの床をチェックしないのと同じで、そこに家具が

あればチェックのしようがないと言ったそうです。しかしです、前にも書きま

したが、モービルホームの作りは薄っぺらかったりするので、その弱点難点を

どこが破損しやすいかベテランだったら熟知していなければならないと思います。

私でも動かせる一人掛けのソファーですし、 ベッドとソファを一緒にするなん

て自分の非を認めたくないようで言い逃れもいいとこじゃないでしょうか。


そして、インスペクターは不動産とで、それぞれで100ドルずつ支払うこに

しょうと言ったそうです。

それから壁修理1200ドルの概略見積もり額を不動産に伝えました。


売主が私たちに肝心なことを隠したことが腹立たしいこと、インスペクターが

あまりもの基本的な、そして重要なことをミスしたことへの大きな失望感を伝え、

もう一度、この内容をインスペクターに伝えて欲しいこと、インスペクターの

対応次第では責任において次のステップを決める必要があることを言いました。


それから不動産は個人的に私たちに1000ドルを支払うことを申し出ました。

私は不動産の正直でその誠意のある気持ちに大きく打たれてしまいました!


(これだけではな〜い!外に放置された古びた野外用BBQグリルから絨毯、
物置に残されたあらゆる物でトラックに山積み!)

契約成立した後、沢山のゴミを残し、大きな破損部分を隠したり報告もせず

雲隠れしてしまった売主と初歩的な検査を怠りその破損を見つけられなかった

にも関わらずそれを認めないインスペクター、誠意ゼロのズルいような人たちに

失望しきっている私たちが、唯一誠意を持つ不動産の対応でどれだけ救われて

いるでしょうか。もし不動産までズルっこい人だったらもうやり場のないこの

失望感をどうすることもできなかったと思います。不動産は私たちの痛い気持ち

を思いやってくれ、自腹でゴミ処理代を持ち、更にインスペクターが見逃した

温水器と壁の修理代を私たちとシェアで精算しようとしてくれています。

はっきり言って不動産自身もこれでは大損害だと思いますが、それを超えた

信頼関係の部分で動いてくれています。 不動産と数回会った時の相棒との

やりとりを聞いていると自然体で物腰が柔らかく、言動などの印象が心地よく

安心感を持って接することが出来てアメリカ人には珍しい気配り目配り心配りが

揃った人です。 その裏表のない性格に好意が持てる私は、相棒に提案しました。


不動産が紹介した物件と不動産が派遣したインスペクターですが、

彼女には非がなくとも責任をとって尻拭いをきっちりやっていますので、

彼女も被害者になります。 最終的に修理代が幾らになるかわかりません。

見積もり通りに1200ドルと温水器の見積もり金額600ドルを実際にどのくらい

勉強してくれてるのかわかりません。 トータル1800ドルだとしたら、

その半額でシェアしたいと思っています。それを超えるようでしたら、

彼女から申出た1,000ドルを受け取り、あとは私たちが支払うしかありません。

こうなると私としてはせめてもインスペクターへの支払った357ドル返却を

要求したいところですが、これは相棒の気持ち次第です。多分しないと思います。


いよいよ日曜日が引越しです。荷造りしながら掃除もしていますので、

月曜日に戻ってきて、空っぽになった部屋の仕上げの掃除機をさっとかけて

現状復帰に問題はないと思いますので大家さんに鍵を返却するだけです。


引越し慣れで比較的そんなに疲れを感じないはずなのですが、

今回ばかりはメンタル部分でかなり参ってしまってます。



ちゃっちぃかも〜じゃなくって、ちゃっちいかった!2017/07/12

ちゃっちぃかも〜じゃなくって、ちゃっちいかった!

もうですね、次から次と問題が発生しています。 気分悪いことが続いています。

温水器故障に続き2度目のトラブルでようやく相棒重たい腰を上げてくれました。


今回、置いていったソファーを移動した時に初めて気がついたのですが、

雨で窓から流れてくる水が隙間から流れ込んでいるのかどうか、

このリビングの 窓の下部分の羽目板だけが朽ちていました。

まるでその部分を隠すようにソファが置かれていたではありませんか!


なんのためのお金払ってのインスペクションだったのでしょか!!!

今回のこのお粗末な結果、これは完璧な手抜きだったってことになります。

インスペクターはそんな人には見えなかっただけにショックも大きいです。

見えないところのチェックをするのがインスペクタープロフェッショナルの

仕事だと思い込んでいたと友達も言っていましたが、まさしく私たちも

疑いもせずそう信じ切っていただけに、この結果には唖然とします!!


モービルホームの作りなんてシンプルで大きさもないのだから丹念に見て回って

もそう時間は取られないはずです。確かに家具が置かれたままの家で盲点が

あったとしても、家のインスペクション専門家ならモビールホームの弱点難点

も熟知しているはずで築何年たっていればどこどこが傷んできているか見なくても

想像出来るはずですので、きちっとみるべきところを見事に怠ってくれました!


最初に見たときはまだ家具が置かれたままで、あまり生活感がないような

すっきりまとめられたそのシンプルな印象がそれなりに感じよくってすっかりと

ゴマ化されてしまいました。どうあれ、やっぱり家のインスペクションが入る

ので何もかも安心していたわけで… 空っぽになってからいろんな所が見やすく

なりアラが目に入るようになりました。

何しろ、モービルホームの作りはですね、買ってしまって今更後悔先に立たず

なんですが…ちゃっちぃかも〜じゃなくって、実にちゃっちかったです!


この件につきまして、基本的な大きな見落としですので、これは許せないでしょ!

インスペクターに電話しましたが出ません。このままシカトを通す気でしょうか

誠意ゼロですね!なので不動産に連絡を入れました。不動産曰く、今まで何度か

仕事依頼してこんな問題が起こるのは初めてのことらしいです。

そりゃ〜今までにもこんな問題あったら信用問題で使えないっす!


不動産の方からその修理代を私たちとでシェアする提案をしてくれまいた。

どうしたって今回の件はインスペクターがきっちりと検査していればこんな

基本的な問題は当然発生しなかったことです。

なので、インスペクターが答えてくるように画像添付して、複数人宛ての

CCメールで午前中に送ったのですがまだ返信がありません。


温水器修理会社のボスは派遣したスタッフの仕事の見落としを認めています。

そして、出来るだけのコスト削減で対処してくれます。

なぜ70歳を超えるベテランのインスペクターがそれが出来ないのでしょうか!

とりあえず数日様子をみて返答を待ちますが、シカトし続けるのならそれまで!

泣き寝入りの結果になってしまいますが、これできちっと落とし前つけられない

のならそれまでの人間性ですのでこれ以上関わっても仕方ないというか関わり

たくない争いたくないが私たちの性格です。 ネットで書き込みしてやろうか

とも思いましたが、それもやめます。 今回の件で不動産もその実態を見たわけ

ですから自然と仕事の依頼も無くなっていくと思います。


前の住人もいい加減な住人で、まだまだ何か問題が出てきそうな気もしますが、

インスペクターも住人も実にちゃっちぃ〜人間で忘れてしまいたい存在!

これ以上の問題が発生しないことを願うばかりです!

キッチンを掃除していて作りがちゃっちいので棚の中など板が朽ちかけていたり

各窓も簡単な作りでなんか全体が薄っぺらく頼りない作りです。


今さら何もかも後に引くことができませんので、出来るだけ客観的に見ながら

一つ一つ乗り切っていくしかありません。


不動産持ちで住人が残して行った山積みになったゴミを手配してくれた人の

仕事っぷりは、完璧に綺麗に処分してくれました。

普通はここまでするべきなのですがやはり前の住人は普通ではなかったのでした。


暑い日で作業が大変だと思いポーチの窓全部を網戸のままにして私たちは家に

戻ったのですが次に行って見た時には、何も言わなかったのに全部閉めてくれて

いました。 アメリカ人でも言わなくてもこうしてちゃんと気がついて戸締り

してくれる人も居るわけです。

どうでもよいような小さなことなんですがここが肝心で、どんな肩書きよりも、

どんな仕事でもどんな事でも、この目配り気配り心配りが大切なんですよ〜!