私の住むエリアでもマスク売り切れ〜in USA2020/02/27

私の住むエリアでもマスク売り切れ〜in USA

世界中で確認されたCOVID-19の感染状況をCSSEによるマップで毎日確認して

いますが、確認されていない数を入れたら、遥かにもっともっと広がっているんで

はと、想像したりと、、、

いやいや〜、この未知の日々世界で拡散するウィルス感染のリスクにどう向き

合えばよいのかって、やはりとりあえずはマスクを購入することくらいでしょうか、、


それで、いよいよ私も万が一に備えてマスクを買っておいたほうが良いかもと、

アメリカ最大の薬局チェーンCVSへ今朝行ってきました。

するとですね〜、こんな地域でもすでに売れ切れ状態でがっくりでした。

多くの人たちが毎日ボストン方面へ列車通勤している地域でもあるので、、

それで売り切れなのかしらん、1、2週間後あるいは一ヶ月後と、いつ入荷する

のか確かでない状況にあるようです。


全米ではすでにインフルエンザの猛威が続いていたようで、すでに死者が14000人

越え、もしかしたらこれらの状況はインフルに紛れたコロナ感染による死者数も

混じっている可能性があるのではないかと(ネット情報は早く、前から言われていて

知ってはいましたが)、やっと疾病管理予防センターCDCが声明を出したよう

ですが、アメリカが未だにインフルかコロナなのかハッキリと発表しないのは

何故なんでしょうか…

もしコロナが混じっていたなら、アメリカの医療格差社会でどれだけの人たちが

受診して適切な治療が受けられると言うのでしょうか、

いやいや〜、この先アメリカで蔓延する可能性が迫っているのかもしれません….


ネットで注文することにしましたが、配達に1ヶ月くらいかかるようですわ〜


アメリカではマスクをする人は皆無なのですが、3週間前くらいのことで、

行きつけのマーケットで唯一マスクをしたアメリカ人女性を一人だけ見ました。

おそらくコロナネットニュースで早々と自己対策をしていたのだと思います。


こうも拡大していけば、すでにアジア系=コロナの人種差別な次元ではなくなると

は思いますが、思慮分別がない人たちはどこにでもいるわけですから、

幸い私は嫌な視線を受けたことはありませんが、公の場では一応アンテナを立てて

油断しないようにしています。


そしてアメリカでは、日本全土への渡航警戒レベルを4段階中で下から2番目の

注意強化で、1段階引き上げたニュースが出ていました。

3月に入ったらもっと拡大していく可能性は大きく、そうなると日本からのアメリカ

への入国制限が出ることもあり得るわけです。


4月に一時帰国のために購入済みのチケットは、まだキャンセルしていません。

何故なら、いつなんどきあってもの高齢な母が居て、一応、万が一に備えて

キープしている訳です。

そんな事も含めて、世界中を騒がせているこのCコロナの情報から目が離せません。


いやいや〜なんとも、これも私の心労になっている大きな原因の一つでもあります。


友の告知2020/02/14

友の告知

あえて意識して穏やかさを装っていたのか、電話先のその友の様子は至って

冷静で、笑いを交えながら、驚かないで聞いてね、大腸ガンだと診断されたと

言いながら自ら、笑っちゃうでしょ、と…、まるで他人事のように言うその友の

心境は、もう開き直りの境地なのかもしれません。


その友との連絡手段は電話だけで、この頃ではすっかりと遠いていました。

一時帰国した時は、必ず会ってランチをするくらいの付き合いになっていますが、

たったそれだけの交流になってもあえて縁を断ち切る理由もなく、自然消滅する

こともなく、それはな〜んとなく身内に近い感覚でしょうか、急に思い立って

変わりなく元気にしている? と、それだけを電話確認して安心するような感じ。


ここのところすっかり遠ざかり、どうしているのだろうかと先週久しぶりに

電話して、かなり体調が悪いことを知り、すぐに病院へ行くように勧めました。


1週間後に電話をすると、なんとすでに入院していて、電話を取ったのでした。


前回の私との電話の次の日に近くの肛門科専用の病院で受診したら、すぐに某大学

病院へ紹介状を持って行く流れになって、すぐに入院手続きになったそうです。


他の臓器も検査する予定で、来週頭には開腹による大腸に出来たガン摘出手術を

受けると言うことでした。


入院に伴う保証人をお願い出来る人は、身内も知人も友人も居ない天涯孤独の

身だと言ったそうで、保証人の欄は保留になっているようです。


それでも病院を追い出されないので、場合によっては緊急なのかもしれません…

今のところ、その友の今の状況を私だけが知っていることになります。


その友はきっとこのまま他の誰にも告げることはしないと思います。


私が日本に住んで入れば、保証人にも定期的な見舞いも可能ですが、

「戦友」といえ、アメリカに生活のある私にはどうにもする事が出来ません。


なんとも状況が困難で重く、気持ちが沈み込んだりしていますが、

これも逆らえない時の流れだから、、仕方がないと自分に言い聞かせています。


潜在的な人種差別に火をつけた?2020/02/04

潜在的な人種差別に火をつけた?

いや〜、この未知の恐怖はやがて目に見える恐怖へとなっていくのでしょうか、

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、警戒心が高まり過敏になってしまったりと、

私もその傾向の一人なんですが、しかし、いまやその現象は世界共通ごとに

なってしまって、それに伴い北米や欧州で、アジア系への差別的言動が広がっ

ていると言うヤ〜な記事が出始めています。


なんとアジア系すべて=そのまんまウィルスと同一視されているそうだとか…


たまたま職場での休憩中に感染者がボストンにも出たというTVニュースが流れて

その最新情報を得ました。 休憩が終わってから、すぐに近くにいたスタッフに

知らせると、え〜っ!と、その反応は素早く中にはすぐにスマホで見たりと、

あ〜、やっぱみんな心配しているんだな〜と、確信したシーンでありました。


フィリピン人のマリアにフィリピン大統領が中国人観光客400人以上を送還した

判断はGood Job!と言うと、最新ニュースのフィリピンで感染者の中国人が一人

死亡した事もすでに知っていて、いやいや〜、職場でもみ〜んな未知のウィルス

拡大を懸念している様子が伺えます。


私が働くレストランのキッチン内ではフィリピン人、調理人にブラジル人、

サラダ部門に黒人、私日本人と色々ですが、みんな和気あいあいな雰囲気で

働く健全な普通の職場であるのが幸いしています。


しかしです、今回のコロンウィルスの勢いが衰えず、同時にアジア人への差別と

偏見の風潮の影響が波のように広がってヤバぃ〜感じになっていくのでしょうか?


客入りの様子を見たいのもあって、私はバーへグラスを運んだりと比較的頻繁に

客室へと足を運ぶのですが、今後、私を見た時の客の反応がちょっと気になる

ところでもあります。

お客様様優先なので、何か良からぬ反応があれば控えるように言われることも

無きにしも非ずで、、それを含めて様子を見ていきたいと思っています。


あとは公の場に外出する時に、今後どんな感じになっていくのでしょうか

我が家では相棒も週2、3回料理しますので、それぞれの都合のいい曜日に

買い物するのが定着していて、週一の買い物はいつも一人で出向くのですが、

公の場で偏見の視線やら、またはタチの悪い人に出会ったら何言われるか分から

ないそれらの異変を場合によっては覚悟しておいた方がよいかもと思ってます。


もしも不都合なことが私に降りかかってきたなら、、、もちろんその時のケース

バイケースによると思いますが、きっと私の性格では黙ってない〜んではないか

と思います。

昨日、感知力の高いアンテナを張って、混み合うスーパーへ行きましたが、

まったくその気配はなく、いつもとなんだ変わりありませんでした。


今の所は大丈夫そうですが、感染拡大が止まらない今、これから私の地域でも、

彼らの中にある潜在的な人種差別DNAが覚醒して、一部の意識の低い人々による

アジア系差別が始まるかもかもしれません。


ま〜、私の住むコミュニティと職場内においては全く心配しておりませんが、

一人で公の場でウロウロする場合には、この騒動がおさまるまでは、万が一の

その場面をケースバイケースでシュミレーションして、何パターンかなんだかの

リアクションが取れるように作戦を練っておこうかな〜と思ったりしてます。


近くて遠い存在_やっと分かったよ2019/12/17

近くて遠い存在_やっと気がついたよ

こんなにも近い存在なのに...この片思いな...その切ない気持ち...

そんな想いを表すのに、「近くて遠い存在」な〜んて言ったりしますが、


じゃぁ〜敢えて私にとっての近くて遠い存在はと言えば、これも超〜シリアスな

話なんですが、多感な年齢の頃から近くて遠い存在感の兄妹関係だった....、

不幸なことにもやっぱ、10年越しの「絶縁の兄」ですかね。

(同じ両親と同じ言語を共有しながら意志疎通が出来ないという関係でしたわ)


こうした日本と隣接した国々やアジア諸国の地図を改めて見てると面白いね、

「近くて遠い国」という言い方もありますが、どこの国がそう言われてるのか、

同じアジア人でありながらアジアに興味もなく考えたこともありませんでした。


アジアと言えば、私は唯一インドネシアしか行ったことがありませんが、

アジア諸国及び人気の定番観光地と言ったら、昔〜は、ハワイ、グアム、香港、

マカオ、韓国、中国、インドあたりが一般的だったんではないでしょうか。


思えば、私の若い頃に「台湾」へ行ってきたよ〜って聞いたことはなかったような、

何故か、「台湾」だけがすっぽりと抜け落ちていたような感じでありました。


今こそ、観光サイトを見ると結構「台湾」が人気に上げられている傾向ですね。


「台湾」の日本統治時代の古き良き時代と言われる面影が今も息づいている

そうで、そんなコトを知ってからは「台湾」に妙に魅せられるワケであります。


台湾で最も尊敬されている日本人で、ダムを建設して台湾の農業に貢献した

八田與一氏の偉大な功績についてはネット動画を見て知ることが出来ました。


台湾は、地政学的に最も重要な役割を果す場所の一つに位置し、日本にとって

もっと大切な国家であるということを知ることが出来ました。


1895年から1945年の日本統治時代に貢献した日本の恩義は語り継がれて

50年間培われてきた日本との良き関係を忘れないという、恩を仇で返す

「どこかの国」とは似ても似つかぬ対照的な「台湾」の人々と情報に触れる

ことは、もしかしたら日本人の精神的劣化に歯止めをかけ日本人が忘れ去った

大和民族の魂を見直すことへの最適な近道になるかもしれません。

しかし、もしこのまま私たち民族の精神を手放し失ってしまえば,もはやもはや

日本復活も今後望みがないのかもしれません。


そんな台湾の今日の民主主義を守ることが、いかに日本の近い将来に影響するか、

私たち日本に関わる死活問題という危機意識を持てば台湾の総統選挙を決して

他国事として無視することは出来ないはずです。

もしも国民党政権の成立となって 台湾が中国に取り込まれる事態になれば、

日本の安全保障防衛sea lane台湾海峡危機に拍車がかかり、経済水域の中国の

資源田開発による危機に一層さらされて、日本にとっては大変な事態になって

しまうコトを知ることが出来ました。


そして台湾を手に入れた中国は、次は尖閣諸島をはじめとする沖縄を取り込んで

日本の植民地化を狙ってくる可能性すらあると言われています。


世界が注目する、一国二制度の中台統一を目指す親中派国民党と中国からの

独立志向の民進党の蔡英文との熱い戦いをネットから知ることが出来ます。


「台湾」とは、一蓮托生の関係で深い絆を持つ日本にとっても注目すべき、

2020年幕開けすぐの総統選挙の結果は如何に!...


必見動画 ↓ ↓ ↓

"【前編】米中対決最大の主戦場「台湾」 - 世界が注目する“21世紀の関ヶ原”


"【【中編】知られざる「日本人大虐殺事件」”


"【【後編】「サムライ精神4カ条」 - 台湾で語り継がれる日本人の強さの秘密 ”




極楽とんぼ蔓延の日本がマジでヤバぃよ2019/12/11

極楽とんぼ蔓延の日本がマジでヤバぃよ

極々普通の一般人の皿洗いパートタイマーである私でさえ知っていること、


中国共産党が世界制覇に向けて邁進するその脅威たるもの!!!

その実態をまだまだ多くの日本人が知らないだろと言われています。


見せかけの平和にすっかり蝕まれ続け、今さえ良ければいい的感覚が蔓延して

しまった結果、日本人の危機感察知能力が低下してしまっているのかもしれません。

それをいいことに隙を狙って増長しやりたい放題に着々刻々と日本分断工作が

進められています。

もはや柳に風のようなディフェンスだけでは守りきれない、手ごわい手ごわい

悪知恵に長けた相手さんです。


このまま極楽とんぼ日本人を続けていれば、もう日本国の正常な未来はなく

ごく近い未来には日本人アイデンティティは消滅すると言われています。


まったく影響力を持たない私の発信ではありますが、、一人よりも二人...


拡散
↓ ↓ ↓

"習近平来日阻止へ!全ての日本国民は起ち上れ![桜R1/12/10] "