いつも心にボストンテリア! ボストンテリアの数の分癒される〜2013/10/26

今日、25日は,7ヶ月目のジャズの命日だ。 ジャズと暮らした8年と7ヶ月。...

去る者は日々に疎しと言うけど... 表面的に居ない生活に慣らされても、

ジャズのことを思うと涙がこみ上げてくる。大きな愛を失った者に共通する心の

痛手は永久に消えることはない。その思いと、新しく迎え入れる子犬への思いが

交差する...

この時にサンドイッチの手をペロペロとなめたらしい。それがたまらなく

嬉しかったらしい。すでにオータムを小さな私の娘だって言ってるのだ。

そして来月の今頃にはこの小さな娘オータムを迎えに行くことになっている。

もし可能ならば、来月のサンクスギビングの前に迎えに行くことになっている

が、まだ生後54日くらいだ。これはちと早過ぎかもで(ジャズの時は生後65日

くらいだった)、初めのワクチンの時期もあるので、私たちのブリーダーが

獣医さんに聞いてからの決定待ちになっている。

ボストンテリアを2頭以上飼っている人、いろいろと経費もかかったりで

大変だろうけど、その日常生活は微笑ましい限りだろうな〜

これはボストンテリアに限らず、どんな犬種にも言えることだね。

出来るなら私もそうしたいけど、ま、今のところ無理だな〜。

遺灰になって木箱の中に入ってしまったジャズだけど、きっとオータムが

やってきたらジャズも嬉しいんだと思うな。

(UV53)



ブログランキングならblogram Welcome! please click! にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

いつも心にボストンテリア!ボストンテリア物語りに癒されて2013/09/26

私がボストンテリアを飼い出した頃はボストンテリアの知名度はゼロに等しかっ

たと思う。 それから9年経った今、こんなにもボストンテリア物語りがあるこ

とをブログを始めてから知ったのだった。
私の生活から突然消えてしまってから半年の月日が過ぎてゆくなか、テンション

が下がり気味の時には、ジャズの居ないアメリカでの生活がとてつもなく寂しく

味気ないものに感じたりもする。 過去へはもう戻れないからこそ切なく無性に

寂しい。 そんな月日に私を癒してくれる数々のボステリブログ。
特にお気に入りブログの中のボストンテリアたち。

日本に帰国している時にネットで犬の突然死を検索していた時に、8年振りに再

会したブログ。 ジャズを飼い出してから知ったボストンテリアづくしの魅力的

なブログだった。しかし当時の私はブログを見る習慣がなかったのでいつの間に

か忘れ去っていった。 久しぶりの『ボストンテリアだらけ』...様子が何か違う...

何があったの...必死で読み進めていくうちに状況を把握。 それは私にとっても考

えられないほどの衝撃だった。BEGINの涙そうそうを聴きながらジャズのことも

だぶってしまい号泣したのだった...。 そして、本日久しぶりにアップされた記事

の動画アップを見て、再び号泣した....。

時には思いっきり涙を流して気持ちのよどみも洗い流すのも大事なことだと思う。
もう一つのブログ『むるぐ』さん家。 これを本にしてまとめたらきっと売れる

だろうと思うくらい アップされる画像がとにかくいい。少なくとも私は絶対に

買うと思う。 戯言と画像がセットになって平和な気持ちと微笑みを与えてくれ

て、いつも癒されているのだ。

きっと私と同じ気持ちの人たちも沢山居るに違いないと思う。

いつも心にボストンテリア!



ブログランキングならblogram Welcome! please click! にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

愛犬のウンチのベターな処理法2013/08/01



youtube ↑↑↑The Boston Terrier Puppy’s First walk and poop

お散歩デビューの初のウンチ、お見事でした!

この時は不意をつかれたお散歩デビューでの初ウンチだった。

ウンチの処理法 

ウンチをする場所やタイミングはだいたい決まっているので、

ウンチ態勢になった時にトイレットペーパーを落下地点に敷き、受取った

ウンチをそのままペーパーにくるんで小さなビニールに入れて家に持って帰り、

トイレットペーパーごとトイレに流す。(トイレットペーパーなので問題なし)

雨の日はビニールの袋に直接ウンチが落下するように添えてあげる。

これが私にとっての一番ベターな処理法だと思ってやっていたのだ。

犬のウンチをトイレに流すのは非常識なんてないよね(?)


   
ブログランキングならblogram Welcome! please click! にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

金縛りから解けたあとの安堵感のような2013/07/26

4ヶ月目の命日

2008年、3ヶ月間アメリカに滞在するのに、前にも書いたが、

ジャズを預かってくれたのはジャズのホームブリーダーさんだった。

ジャズにとって最良の環境で、安心して預けて行く事が出来たのだった。

画像を送ってくれて元気そうに過ごすジャズを見ては、 いじらしくいじらしく

って涙して陰ながら我が子を思う母親のような心境と同じだったと思う。

http://good-direct.com/

2008年12月31日 3ヶ月ぶりの再会の感動が今は懐かしいばかり。

今日はその3ヶ月を超えて4ヶ月過ぎた。

言い尽くせないほど、愛おしく愛おしく寂しく寂しく

泣き虫でない私なのに涙の洪水になってしまう。

いつも命日の前夜はジャズに異変が起きたころの時間に目が覚めてしまうのだ。

目が覚めていつも息苦しくなっていたが、今回はちょっと違っていた。

肩の強張りが抜けて身体が軽くなっていくような感じがしていた。

ジャズを失ってから何か目に見えないものへの恐怖感をずっと持っていた。

そこからすーっと解き放されたような開放感。

ちょうど金縛りから解けたあとの安堵感のようなもだった。

ジャズを愛おしく思いながら今後も涙するのは変らないと思う。

しかし気持ちの中の何か無用なものが一つ抜けていった感覚なのだ。

厚い雲に覆われた空の下は、初秋を感じるような肌寒さと妙に静かな朝だった。

それにも関わらず、何か分からないけど軽やかな気持ちになっていた。

新しい地で人生を楽しく過ごさなきゃ大丈夫もっと前向きに。

そんな声が私の胸に届いたのだった。

嘘のようだけど...ジャズがそう言ったようだった。



ジャズを失ってからipodから流れてくるこの井上陽水の曲を聴くたびに、

私の今の心境をついているようで泣けて泣けてしかたなかった。



探しものは何ですか?

見つけにくいものですか?

カバンの中も机の中も探したけれど見つからないのに

まだまだ探す気ですか?

それよりボクと踊りませんか?

夢の中へ夢の中へ

行ってみたいとおもいませんか?

休むことは許されず

笑う事は止められて

はいつくばってはいつくばって

いったい何を探しているのか

探すのをやめた時

見つかる事もよくある話で

踊りましょう 夢の中へ

行ってみたいと思いませんか?

探しものは何ですか?

まだまだ探す気ですか?

夢の中へ夢の中へ

行ってみたいと思いませんか?




   
ブログランキングならblogram Welcome! please click! にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

鼻ぺちゃフラットフェイスな日本人とボストンテリア2013/07/12

この鼻ぺちゃフラットフェィスがお好みでない人は 、

なんてブサイクな犬ってことになるらしい。

私たち日本人も平均してフラットフェィス。

でも平坦な顔は童顔で比較的老け顔になりにくいかも。

同じくボストンテリアも童顔だと思う。

「ぶどうを持つ少女」

誰もが知っているいわさきちひろが描く愛くるしい少女たち。

ボステリも愛くるしく、暖かで私たちの心を優しく癒してくれる顔立ちだ。

だからペタンコなお顔のボストンテリアにはまってしまう理由の一つなのだ。



ブログランキングならblogram Welcome! please click! にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村