重度の認知症でも、母のすっごいとこ2018/05/22

重度の認知症でも、母のすっごいとこ

昨年4月に一時帰国した頃には、まだ車椅子で過ごすことはありませんでした。


昨年からの一年の流れで、母の身体機能も随分と落ちてしまい、

ほぼ全介助になっているようです。


しかし不思議なもので、 お腹の底から声を張り上げるように、

独語を繰り返し繰り返し言うパワーがまだあります。


最も盛り上がるサビの部分が、かなり気合いのはいった声で、

”ばあちゃんが”なんとかかんとかで、やっちゃったあー!と、

何を言っているのかよく分かりませんが、一応ストーリーになっているようです。


スカイプしていても、興味が持てないテレビの画面が流れている感覚なのか、

ここ半年くらいは、お母さんと、どんな風に声をかけても反応してくれません。

前は画面に映る私を見ては、この人誰かしら、何か言ってますが、、ってな

具合で若干の反応はあったんですが、今では独語の世界に入って止まらず、

横で声を張り上げているので聞き取りにくいのですが、担当したスタッフの人が

報告してくれる近況を聞きながら車椅子に乗った母の様子を見ています。


今では簡単なことの会話も出来なくなってしまった母ですが、食事介助やお風呂、

トイレの介助のたびに欠かさず、いつもありがとうございますと、感謝の気持ち

を言葉にするそうです。重度の認知でも、人様にお世話になっていることを

何となく分かっているからこそ出てくる言葉だと思います。


人様への感謝の気持ち、人への優しい思いやり、そういった本質的な母の人格、

重度の認知症になっても、失わず持ち続けられるのはすっごいとこですね。

そんな母を誇りに思います。


毎年、一時帰国する一番の理由は母と会うことです。


92歳になる母ですが、元気でいてくれることに感謝したいと思います。



理想の夫像_夫の息子2018/03/24

理想の夫像_夫の息子

親を頼れない子供達って、自力でちゃんと自立した大人に成長するもんだなと、

相棒の普通に出来のいい子供達を見ていると、そう素直に感じる私です。



相棒の次男の誕生日ディナーを長男の家でと、リクエストしていた相棒でした。


もしもですね、私たちに大勢の人を収容する家と諸々の環境が整っていれば、

普通に親元の家に招待したいところですが、残念ながら私たち二人にはその技量

がありません。ごくごく一般的な人生の祝い事を今宵なく愛する長男夫婦の

演出はなかなかなもので、近年では両家の両親が寄りやすい相棒の長男の家でが、

定着しています。(4月のイースターイベントは、私はパスすることにしました。)


日曜日の夕方の時間指定に出かけて行くと、

カッティングボードにデコレーションされた前菜とワインが用意されていました。

他の実画像はありませんが、この日のメニューはリゾットにローストビーフで、

私の苦手なミディアム焼きを、試しに食べてみるとトロけるような柔らかさ〜

きっと高級部位なんでしょうか、繊細な味わいで美味しくってなんと二枚も

食べてしまいました。全て凝った食通でもある料理人のディナーの仕上がりは、

本当に高級レストランで食べてる雰囲気でなかなかの味わいなんですよ。

しんからの料理好きなので、食器も調理器具も全て本格的で凝っています。


若い頃にレストランでアルバイト経験があって忙しいレストランでの仕事を

知っているので、職業にはしたくないと言っていました。

パーティーや家庭サービスで腕を振うことで十分楽しんでいるとのことです。

(親と息子二人で食後の雑談)

この日の主役の次男ですが、韓国人女性との失恋で終始落ち込みモードだったんですが
ガールフレンドに事欠かない彼ですのですぐにまた誰かと出会うんではないでしょうか
今度こそ日本人とな〜んて密かに思ってますが...そんなことあり得ないか



夫婦の理想的なあり方を絵に描いたような相思相愛の長男夫婦は、ごく普通の

家庭を築いていこうとしていると思います。

彼らは10代の頃からの付き合いで、私が相棒と出会った10年前は違う女性と

一時期ボストン市内で同棲していたのですが、結果的には元の鞘に

収まり寄りを戻したのでした。永遠に相思相愛な感じの穏やかな二人です。


彼らの子供の接し方を見ていても、感心するほど協力し合っています。


一人目のお孫ちゃんブルックは2歳半になり言葉をどんどん吸収していて話す

ようになって、当たり前なんですがね、も〜発音がパーフェクトでカッコィ〜

じゃありませんか、な〜んて感心してしまう丸々日本人の私なのであります。


二人目のお孫ちゃんマークも6ヶ月になり、これまたな〜んて子供達の成長の

早いことでしょうか、こうしてお孫ちゃん達の成長を見るたびに時代はどんどん

容赦無く過ぎていくのを実感させられてしまいます。


パパは料理作りに奮闘しながら子供の面倒までそれはそれはゆき届いているでは

ありませんか!彼は、ボストン市内にある不動産のマネージャーでもあり仕事も

熱心であります。 にも関わらず、理想的な夫は家でも良き夫であり&良きパパで

あり、仕事と家庭をどちらも支障なく両立させていて実に感心です。


お酒が大好きな長男ですが、酔っ払った感じには全くならず、ジュースを飲んで

いる感覚でしょうか、相棒はそんなお酒好きな長男を少し心配しています。

(画像は実物と異なりますがこんな感じ)

カッティングボードにデコレーションされた前菜とリゾット、ローストビーフと

全て凝った手作りのディナーを楽しませてもらいました。


相棒の子供達は私に対しても優しい姿勢と笑顔を絶やさない普通に普通に

出来の良い相棒の息子たちだと思います。


両親が離婚してからずーっと経済的に余裕のない父親を持つ子供達でしたが、

しっかりと自立した大人に成長したようで、相棒も幸せな父親でありますね。



こんなあんなの我が家の無くて七癖2018/02/23

こんなあんなの我が家の無くて七癖

誰にでも癖があるのですが、 人に言える程度のありがちな癖だったり、

とても人には言えない妙な癖、迷惑な癖などなど色々とあると思います。


習慣と癖の線引きは難しいと思いますが、癖が悪いとか言ったりして、

あまり好ましくないことに対して使うことが多いかもしれませんね。


そこで、我が家の無くて七癖をひろってみました。



1)愛犬オータムの変なクセ


うちのオータムにもクセいうか(習慣になった?)不思議な行動があります。


我が家では、TVは一切観ることはありませんが、その代わり映画はよく観ます。

その時に必ず伴うオータムの面白い行動を発見したのは最近のことでした。


DVDをセットしてから本編が始まる前にイントロが始まると、途端に探しモノ

をします。それは鹿の角アントラーで、すぐにくわえて持ってきてテレビの

画面の前の位置に陣取り5分、長い時で10分くらいガリガリと囓り始めます。


パブロフの犬の条件反射のような、そのタイミングはどうも繰り返し聴き慣れた

イントロに反応しているようであります。(?)


アメリカの映画会社は日本でもお馴染みのパラマウント、コロンビア、WB、

フォックス、ユニバーサル、ウォルト・ディズニー、MGMなどがあますが、

オータムが我が家へやって来て4年もの間に繰り返し繰り返し聴いたこれらの

オープニングに流れるイントロが、お馴染みとなってオータムの犬の小さな脳に

インプットれているんではないだろうかと想像します。


一つ考えられる事は、

映画を観る時、私たちはデザートを食べたりしますが、オータムにはデザートが

ありません。私たちの食事中に一切食べ物を与えたことがないので

別段のことではありませんが、果たして犬の真意な気持ちはどうなんでしょうか。


『聴き慣れたイントロ→二人だけで何か食べ始める(あたちは何ももらえない)』


私達はなんの手出しもしていない事なんですが、必ず映画会社のイントロが始ま

ると、何かに取り憑かれたように使命のようにアントラーを探し(アントラは

この時の他にもよくベッドルームでかじっています)持ってきて必ずTVの前で

夢中でガリガリと始めます。イントロとアントラーとがたまたまなんかの時に

合体して曲がスイッチになってアントラをかじるようになったのかもしれません。

イントロの音=アントラと自ら条件付けたオータムらしい奇妙な癖の一つです。


2)もう一つのオータムの奇妙な癖


ダイニングで椅子に座って何かしている時に、膝に乗って来ることがあります。

5分ぐらいすると降りて、すぐに自分が座っていた膝の部分についた自分の

匂いをしきりに嗅ぎ始めます。これは一体どんな犬の心理の表れなのでしょうか。

自分の匂いを真剣に嗅ぐオータムの姿はどこか奇妙だったりします。


そして、相棒、 これは癖というより習慣と言った方が正しいかもしれません。

3)相棒のこだわりのクセ その1


寝る時にノーパジャマです。 昔、いつから全裸で寝るようになったの〜?

と、聞いたことありましたが、その答えは、も〜長い間で覚えていないでした。


私の勝手な想像ではきっと前妻さんがフランス人なのでその影響に違いないと

思っています。 フランス人はノーパジャマで寝るのがスタンダードらしいよと、

むか〜し若い頃に誰かからか聞いたことがありました。


日本に住んでいた頃も全裸で寝ていました。日本は地震国だからいつなんどきに

備えて何か着て寝た方がいいよで助言しても、寝心地悪く寝つけないそうです。


これで困ることは、

相棒の寝る側だけが、マットカバーまで汗が染み付いてシミになってしまうこと。


4)相棒のこだわりのクセ その2


たとえサークル内だけの犬の散歩だけでも室内着からジーンズに必ず着替えます。

こだわりの身だしなみでしょうか、これは癖と言うより習慣の方が適切ですかね。

(だったら穴の空いた下着履くな〜なんですが.....)


私なんぞは、近所での用足しくらいで着替えるの面倒で部屋着にしている

スウェットのまんまで何がおかしいの〜で、ぜんぜん平気ですが。


5)相棒のこだわりのクセ その3


食べ物の完璧な一品喰い_あれこれと違うものを食べません。

これもフランス式食べ方でしょかね


相棒のおまけクセ

外で日光にさらされると激しいクシャミ連発。

髭を触ったりするのは、ごく普通なことで髭のある人の特徴かもしれません。


6)私の悪い癖 その1


料理に使う調味料の蓋のキャップとかなんですが、

ズレて仮閉め状態のままでこれをきちっと閉めない悪い癖があります。

結構きちっとやりそうな私なんですが、はっきり言ってズボラです!

自分でも自ら呆れることあります。


昔〜古畑任三郎のドラマを見ている時に、犯人を推測するのに、台所を検証して

いて、調味料のキャップがどれも中途半端できちっと閉められない性格とかの

場面を観ていて、あ〜、これ私だ〜と印象的でそのシーンだけが記憶に刻まれて

直さなきゃ〜と思っても、やはりクセってなかなかなおらないようです。


六癖暴露して、あと一つで七癖(意味がちょっと違うかぁ)


7)私の悪いクセ その2


うちの母親に散々言われてきたことだったんですが、私の悪い癖をよそ様のお宅

で絶対にしないようにと注意するのが母の口癖で言いながら母がいつもキチッと

揃えてしまっていました。 なので、自分の家では脱ぎっぱなしでも母が整える

その習慣で悪循環を繰り返したその結果ですね、今も家では意識がまわらず

やってしまい相棒によく注意される事なのですが、裏ポーチから入るときに

靴をそのままドアの前で脱いでそこに置いてしまうズボラさが私にあります。


相棒も躓いてしまうので、靴をドアの前で脱がないようにと言いながら横に置き

直していますので、、またまたついやってしまうんですね。

これは本当に反省して自覚する悪い癖は、これを機にキャップはきちっと閉めて、

靴はきちっと揃えてドアの前に置かないように注意していきたいと思います。


私のおまけクセ

寝る前には洗ったお皿を片付けないと気が済まない、食べた後はすぐに洗わないと

気が済まない、などなど几帳面なクセも確かにあるのですが...

(だから皿洗いの仕事に向いているぅ〜?)


私の本質、自分の事に限っては、めんどくさがり屋な傾向が大ありのようです。


癖もほどほどにで、人を不快にさせない範囲で抑えて行かなければなりませんね。


ま〜、もっと書き出せば48癖じゃないけど限りなくあるんではないでしょうか〜

しかし、結構プライベートな話でもあって言える範囲は限られてしまいますね。


なので、ご期待にそえず悪しからずぅ〜でした。



夫婦それぞれのクリスマスイブ _ いつも心にボストンテリア572017/12/26

夫婦それぞれのクリスマスイブ _ いつも心にボストンテリア57

我が家ではどっちも配偶者そっちのけで、夫は自分の家族クリスマスの集まりへ、

妻は仕事へと、それぞれのクリスマスイブを予定通りにそれぞれで過ごしました。


相棒は予定通り家族クリスマスへダンボールいっぱいになったプレゼントを

持って2時過ぎには出かけ、8時半に家に帰ったそうです。


孫の誕生でなおのこと家族と過ごすクリスマスは、やはり相棒にとっては

格別な時だと想像します。配偶者そっちのけでって感じに視点を置くとちょっと

シャクってことにもなりますが、それを言うなら私は私で夫そっちのけで

仕事へ行ったのですから、お互い様だ〜ってことで納めたいと思います。


マジにですね、ネガティヴに考えると、本当に底無しになってしまいますので、

クリスマスが過ぎてしまえばとりあえずは一年先までお預けってことです。


さて、私の方のクリスマスイブの夜は、

前日の23日からレストランではクリスマスメニューの準備でしょうか、

キッチン内に入るとすでに所狭しでトレーラックカートがあっちこっちと

置いてあり調理人も勢ぞろいで準備に追われて忙しモード全開状態の様子でした。


スタッフたちが、クリスマスイブの日は超多忙だって言ってました。


なので覚悟して24日、いざ出陣!


昨夜の従業員の駐車場はいつもより満車状態でした。

あ〜やっぱり忙しい夜になりそ〜で、キッチン内に入っていくと、

見たことのないスタッフがすでにマシーン洗い場で忙しそうに働いていました。

いつもは1人でやるのですが、この日はマシーン洗い場の方で2人、

ハード洗い場の方では3人体制でやっていました。

なので、忙しい割には流れがスムーズでした。いつもより早い時間に閉店した

ようで、8時前には掃除態勢に入ってなんと9時には終了しました。


大勢のスタッフたち誰もが、 Merry Christmas! Happy Holiday!

と、声をかけながら仕事場を去って行きました。


私がアジア人だからちょっと興味持ってか、仕事中に2人の男性スタッフが

それぞれにクリスマスはどんな風に祝うのって聞いてきました。私の夫は

アメリカ人だから、明日のクリスマスは2人っきりで普通に過ごすよ〜って

言うと、ニッコリと納得している様子でした。


どんな仕事でもお金を得ること、人と関わりを持つことで、かなり気が紛れて

くれているようです。 これはこれはいい傾向ではないでしょうかね。


アメリカではクリスマスのプレゼントの交換が楽しみの一つであって仕事が

終わって家に帰ると、相棒家では数で楽しむ貰ったプレゼントがたくさん

テーブルの上にのせてあり、前妻さんからも私の分届いておりました〜


こちらは雨から突然に雪になった25日のホワイトクリスマスの朝です。

ではでは、アメリカ在住の皆様へ、

Ho! Ho! Ho! Have a holly, jolly Christmas!



クリスマスイブの夜のオータムはいつものようにいい子で一人お留守番で

過ごしました。





そして、今日のクリスマスは愛犬ジャズの57ヶ月目の命日でもあります。



みみっちい気持ちvs おおらかな気持ち2016/12/22

みみっちい気持ちvs おおらかな気持ち


なんて温和で健気な私への対応でしょうか 正直な気持ち参りました!


前回のブログにクリスマスパーティーのことを更新したその夜に、相棒の息子の


奥さんからのメッセージを受け取りました。
お孫ちゃんの可愛い画像と5人の


the stockings for all of the grandparentsのデコレーション画像を見て


その微笑ましさに気持ちが和みました。私には子供が居ないので孫とか

おばあちゃんとかの
感覚が皆無でどうしても受け入れられないんですが、


それにしてもなんて粋な計らいで微笑ましい画像付きメッセージでしょうか!


メッセージには、

私たちがどれだけあなたを愛しているか知って欲しいこと、



あなたが気持ちを変えてくれることを望むこと、


特に私のママはあなたに会えないことを寂しがるでしょう。


うぅぅ〜.......グッと心に届いてきました。


うぅ〜、、相棒の家族の皆さんは本当に本当に嫌味のない人たちです。


それにも関わらず、私の心はかたくなになってしまうんですね。
実にみみっちい


自分に心が痛んでしまいます。だからと言って、ここで情に流されて私の主張を

簡単に変えてしまっては今まで私が悩んでいたことが水の泡になってしまいます。

なんだかね〜って感じの私であり  時々、訳がわからなくなったりで...


何もかも丸く収めるのが良いに決まっていて、表面的にはいつもおおらかな気持


ちでありたい私だったんですが...今回は私の内面のみみっちい部分を優先させて



今年のクリスマスはやっぱりパスします。