寒々しぃくみすぼらしぃけど_愛おしいその姿2019/12/19

寒々しぃくみすぼらしぃけど_愛おしいその姿

うっすらと地面を追う雪が降った後、雨氷に変わった昨日の朝のことでした。


朝食をとりながらいつものように何気に窓の外を見ていると...えっ?...

まだ寝ぼけた自分の目を疑ったのですが...なんとピンク色の小ちゃな小ちゃな花を

再び咲かせている...?...まさか..さっそく雨氷が降るなか外へ出てみました。


なんと我が家の小ちゃな小ちゃな10月桜は間違いなく息づいていました。


オータムの散歩時いつも見ていて、小ちゃな蕾を持っているような感じはあった

んですが...まさかまさかこの寒空の下で花を咲かせるなんてね、ビックリです。


楽しみにしていた10月には開花できないまま葉を落としたあとは、寒々しぃく

庭にポツンと佇む我が家の10月桜の姿に憐みを感じたり、我が家の土に馴染めず

根付けないかもなんて心配したりしていました。


いやいや〜なんのなんの!

この小ちゃな木の幹の内には間違いなく生気があって来年に向けてのパワーを

静かにため込んでいるようです。


CO2をしっかり吸収して育ち、同じ地に共存する相棒+私+一匹分の

スペシャルなVitamin ”O”をしっかり私たちに放出してくれますように!


追伸:

二日目の今朝も再びうっすらと雪化粧した愛おしい我が家の10月桜でした。


氷点下でも花を枯らさない落とさないなんて、なんてなんて愛おしいそのお姿!


自分の安上がり人生を悟ったよ_心に響く小さなこと2019/11/28

自分の安上がり人生を悟ったよ_心に響く小さなこと

昨日の気温は私のエリアでは14℃の陽気になりました。


この陽気でなんと私たちの10月桜は、つぼみを再び出したではありませんか!


この日々の寒空の下でいつ枯れて落ちてもと思っていた2輪の花たちは散らずに、

健気にも持ち堪えていて、この気温の上昇で更に色づいていて魅せてくれます。


今朝は曇りで1℃まで下がりましたが、午後には再び12℃まで上がる予報で、

まだまだ余韻を残してくれそうです。


全体を秋に咲かせることができなかった私たちの10月桜でしたが、

今の季節にも気丈にしっかりと息衝いているようです。


10月になっても咲かない桜を一時諦めただけに、たった数輪咲いたこの花の

息吹がかえって象徴的で私の心に大きな感動を届けてくれています。


この桜の姿はまるで....

私と相棒の二人の質素な人生と瓜二つのようではありませんか!


な〜んだそんな小さなことで幸福感を覚えるなんて、なんて欲のない安上がり

人生だこと〜、とそんな印象を与えてしまう私の実態の一面でもありますが、

ま〜自分の身の丈にあった生き方で自分らしい人生をとりあえず

歩んでいけているってことなんでしょうかね。


修理に1ヶ月もかかった車…大丈夫かな2019/11/09

修理に1ヶ月もかかった車…大丈夫かな

道路に落ちていた石にぶつかり車の下回りが破損したアクシデントから

ディーラーに修理で1ヶ月以上も預けて、漸く引き取りに行きました。


ラジエター、エアコン、エンジンなどなどが破損してしまい、

中古パーツでの修理依頼で、部品がなかなか見つからなかったもようと、


あまりにも長いので3週間過ぎた頃、電話をするとですね、

私たちの車の修理担当者がですね、なんとですね、、、

大の親友が殺される事件があったらしくショックで 仕事が出来なくなって

いるのでまだ時間がかかると言うことでした。

なんだそれ〜〜〜そんな〜…殺人だなんて…とんでもないことだけど…

だいたいそんな話…友達でもないお客さんに言うことかぁ?

日本ではありえないよね〜、そっかここはやっぱアメリカなんだわ


民間の個人でやっている修理屋さんじゃあるまいし、本田さん…

大丈夫ですか〜!


修理屋さんの当たり外れと言うか、仕事が大雑把と言うか、

あんまり日本の生活では考えられないようなことがあったりで...

ま〜、ディーラーなんで、なんかの時はクレーム言えるとは思えますが..

いやいや何かあってはなりませんので、そんなこと考えるのやめときます!


抜歯_私の言葉で超〜反応したインド人歯科医2019/08/06

抜歯_私の言葉で超〜反応したインド人歯科医

”悲しきかな、アメリカに住んでから歯のトラブルが続くよ〜”

そんな私でありますが、、、


以前3年間住んでお世話になったLenoxの近くのイタリア系アメリカ人の歯医者さんは、

診断が的確で治療も適切であって、今思えば一番よかった気がします。

その歯医者さんの紹介で根管治療をしたアフリカ系アメリカ人歯医者さんは

態度もアドバイスも丁寧でなかなか感じの良いドクターでした。


親知らずの摘出では、担当医は名前から推測するとユダヤ系アメリカ人、

これだけでもなんて、

アメリカの歯医者さんは○○系アメリカ人がなんて多いんだろうって印象です。


今のエリアへ引っ越してきてからの主治医さんは30代の台湾系アメリカ人で、

初めての基礎検診の時に、子どの頃にお婆ちゃんと日本へ行ったことあるとかで

気さくに話しをしてくれたりと、愛嬌があって気取りがない自然体キャラで

相棒もお気に入りの先生であります。


そして今、行きつけの一般歯医者さんも若い30代のベトナム系アメリカ人だったり、

私には名前だけでは分からないのですが、 相棒は名前でどこの国か判断が出来るようです。


そして、ついに日本で20万かけたブリッジも7年目でおしゃかになり、

先週金曜日に口腔外科医で、

当時は健康だったブリッジの柱となっていた一本を抜歯してきました。

初めて行った場所で、インド系アメリカ人の30代前半の若い歯医者さんが担当しました。

抜歯が無事に終わってから、ナマステ、ダンニャバードと言ってみると、

びっくりした様子、笑顔ですぐに私に握手してくれました。

相棒も以前、ここで抜歯をしていて事前にインド人だってこと聞いていました。


日本でヨガをやった経験があるのでナマステは馴染みの言葉でした。

じゃぁ〜”ありがとう”は?と事前に調べました。ダンニャバード”と言うそうです。

抜歯なので私を心配して付き添ってくれた相棒に、

彼女はヒンディー語でありがとうって言ったよ〜って、嬉しそうに説明していました。

インドは比較的親日的だと思いますのでなおのこと、絶対に悪い気しませんね。


この流れだけでも、こんなに多い○○系アメリカ人ですね。

やっぱり人間同士ですからお医者さんとの相性もあると思います。

心情的に避けたいのは韓国系アメリカ人でしょうか、

日本人としてはやっぱその理不尽な反日感情の強さに恐怖を拭い去れません。

恐らく、韓国系アメリカ人のお医者さんも多いんでしょうが、

やはり身構えてしまいそうで、、、出会わないようにしたいですわ〜


どっときたよ〜小走り疲れ2019/06/01

どっときたよ〜小走り疲れ

4、5月の2ヶ月間展示した個展の搬出を終えました。


美術関係者はほとんど訪れない地域での個展でしたが、

アメリカ初の個展で今後の活動を継続して行く意欲へつながる大きな一歩になりました。


一般の人たちの反応がとても良く、一部芳名帳を抜粋してみました。

最も多かった感想は、Amazing,Beautiful, Lovely,Peaceful, Inspiring、などなど。


無名ではやはりそうそう売れるものではありませんが、

今回は嬉しいことに私が働くレストランの大学生ウエイターのお母さんが、

大変気に入ってくれてたようで買って頂き想い出の貴重な1点となりました。


また、私の住むコミュニティーで知らない人々に観たよ〜良かったよ〜

と声をかけられたのは何よりも嬉しいことでした。


同じ場所で、2年後くらいにまたやれるようですので、

継続は力なりで続けていきたいと思っています。

それ以前にどこか展示できるところがあれば繋げて行きたいと思ってます。


去年から時間に追われて小走りしてきたような月日の流れで、なんだか〜

緊張の糸が切れたようにいっきにどっと疲れが出てきた感でありますが、

一区切りついたところで、HPの久しぶりの更新作業しなくちゃです。

仕事行きたくなぃ寝てたぃ〜