普通じゃない事態2020/12/04

普通じゃない事態

私腹を肥やす為なら手段を選ばず なんでもやってしまう人を拝金主義者と呼ぶ


今起きている信じ難いような驚愕の展開に見る金の奴隷たちのその悪徳行為の数々

もはやこれらの未曾有の出来事は不正選挙問題のレベルを遥かに超えてしまって

いると言われているように 私たちが経験した事もないような異常事態にある


混乱に陥れるような情報合戦が繰り広げられている日々に、今もなおアメリカ、日本も

含めて事実を決して報道しない人権を無視したメディアと左寄り勢力との間で

これから先どんなことが起こり何を目の当たりにしていくのだろうか


デタラメ報道三昧メディアはまだ裁判中であるにもかかわらず、次期大統領を

バイデンとするその根拠は?トランプは根拠のない主張をしていると言う根拠は?

トランプ支持派は陰謀論者だと言うその根拠は?

アメリカ国内の問題だけでないこの現象でどんだけ日本も中共の浸透工作で

やられているかを実証していることになる

日本もすでに手がつけられないような事態にあるのかも


今回のアメリカの選挙戦における信じがたいような不正の数々の情報の流れを

知って普通に良識を持っていれば、それがフェイクか本当かの判断は難しくない。

TVや新聞だけを情報源にしている人たちは実際に何が起こっているのか知らないまま

偏った公平でない左傾化したメディアのデタラメな情報だけを鵜呑みにして操られて

騙され その真相を知る由も無く自分の良識を働かせることも出来なくなっている

というなんとも嘆かわしい現実


中共と極左に乗っ取られた民主党、中央情報局、連邦捜査局、司法省、そして

主流メディアが一体となって世界の人々を奈落の底へと導いていくありさま

並大抵の手段では太刀打ちできないくらい巨大化してしまっている


Youtube, Twitter社、FBなどのソーシャルメディアのあからさまな傾向

トランプ支持派のコンテンツだけを見張って検閲強化しブロックしていくという

拝金主義者たちはどんだけの賄賂と脅威を受け取っているのだろうか


あの1945年戦後、日本で起きたことのように、、

「勝てば官軍負ければ賊軍」歴史を思う存分に都合よく塗り替えられる

「正義」を悪とされ、「悪」を正義にすり替える

どんな手段を使っても勝ちさいすれば全てが手に入り思い通りに世界を操れる


中共の2050年計画はいよいよ拍車がかかり予定通り進んで行くその先にあるものは?

今起こっているアアメリカの混乱と分裂は中国にとって好都合、このまま一般人の

私達が目を覚めなければ外国勢力によってアメリカの国家が転覆し日本国が消滅していく


  そして我が家の相棒は、朝晩一応選挙戦のニュースをパソコンでチェックしてるけど、

見てる先は相変わらずYahooニュースだけ.

一つだけ見るのではなく色々見た方がいいんじゃん、、って懲りずに私もまた言って

みたけど、はなっからその気がないようで、従来のメディアを未だ信じきって、

自分で調べようともせずな〜んも疑ってない! 一体、いつ気がつくんだろうか


社会主義者極左の脅威は今後さらに強化してアメリカでの内戦勃発がいつ始まっても

ってくらい緊迫しているのにやはり共有出来ない我が家の現状もかなり辛いものがある


「2020年アメリカ大統領選」とかけて〜と解く2020/11/24

「2020年アメリカ大統領選」とかけて〜と解く「その心は」

我が家の今年で3年目の10月桜の様子ですが、

その咲く前の兆候をほんの数カ所見せてくれたのは昨年より遅い1週間程前の頃

で、それからしぶったようになかなか広がらず果たして咲くだろうかと心配して

いましたが、よ〜やく昨日になって小さな小さなつぼみを確認して、よっしゃ!


この調子なら今年も我が家の十月桜はこれで大丈夫だと確信しました。


確信すると言えば、、どんなに正義や善を掲げても通用しないことが多々ある

この世の中は誠に理不尽であって、増してや正気の沙汰ではない勢力を振るう

組織を相手にしては、従い黙視さえすればとりあえずは身の安全は得られる

ような腐敗した手のつけられないような社会で繰り広げられる錯綜した情報に

疲労感を感じたりと、いい結果への確信が果たして今後も維持できるだろうかと、


アメリカ大統領選の日々の目まぐるしい情報と次期大統領の行方とその結果まで

の成り行きを懸念して頭から離れず頭も肩もパンパン状態です。


ま〜そんな中でも我が家の健気な桜を観賞するのが救いかな〜


満開のその可憐な笑みで心を和ませてくれる時はすぐそこまで来てる感じです。


てな訳で、


「2020年アメリカ大統領選」とかけて「我が家の十月桜」と解く、

その心はどちらも次期(時期)になれば 二度咲きとなるでしょう



いやいや〜分かり易かった?


昔は誰もが若かった〜この人だ〜れだ?2020/11/13

昔は誰もが若かった〜この人だ〜れだ?

いやいや〜、やっぱ若〜い若いってさ、それだけで、すんばらしぃ??

ある程度年齢のいった人の若い頃の写真や動画を見ると、"わ〜若〜い!!"

過ぎ去ったあの頃、あ〜こんな時もあったんだね〜こんなにもハンサムor

可愛かったんだ〜、と その人の面影ちらちらに感動しちゃいますね。


この動画は1988年という事ですから、32年前のもので、トランプ大統領が

現在74歳って事ですから42歳?

いやいや〜もっともっと10年は若く見えるじゃないですか〜!!!





↑ ↑ ↑
この動画はカナダ・トロント郊外から、話題・ニュースを中心に発信されている

Cindy Canadaさんのチャンネルです。

私も最近知ったばかりのCindyさんチャンネルの独自の発信スタイルを楽しみに

して聞くようになりました。


いやいや〜この甘いマスク!

とうの昔のものとは言ってもさ 好印象持てるじゃありませんか〜

これを見たら少しは トランプ嫌いが緩和するかもって???

そりゃ〜あり得ない〜〜と思うな

我が家の相棒も含めてさトランプ嫌いは筋金入りの人たちだもんね(残念)


なんだろこの不安感2020/11/10

なんだろこの不安感

かつてないようなアメリカ大統領選が混乱に陥っています。

世界に蔓延るいかにも善人らしく見せかけた発言と行為を演じる偽善者たちの

魔の手のようなものが見え隠れして勝敗の行方はまったく混沌としています。


私自身、これほど世の情勢に注目して耳を傾けたことがかつてあっただろうか、、

それ程、色んな意味で2020年は動乱と混乱の時代であることをリアルタイムで

やっと実感して世の中の動きになんとかついていけるようになった私であります。


強者が強者で無くなると、自分の身を守るために平気で手のひらを返すような

ズルがしこい者や自分の立場を守るためには平気で嘘をつく者たちは「卑怯、ズルい

は敗者の戯言」と言わんばかり、そして人を平気で騙し操るマスメディアの態勢は

嘆かわしい社会風潮を作っているだけで、本来持つ役割の中立性や正当性や正義感は

どこへ置き去りしてしまったのか、今や皆無で私利私欲だけの停滞した組織のよう


ほとんどのメディアが挙って流しているようですが、まだアメリカ大統領選の

最終結果は出ていません。


投票率が100%超えしている現象には全く触れずして、往生際が悪いとかトランプ

大統領を誹謗中傷して人々を勘違いさせる大手マスメディアの報道がゴールを

目指して メディアはまるで確定したかのように全力疾走でバイデン勝利と報じ、

早々と各国の首脳 イギリス、フランス、ドイツ、カナダ、スペイン、ヨーロッパ

連合、NATO、台湾、我が国日本までもが祝意を示しているそんな状況の中で

何故、最もバイデン当選を狙っている中共が祝電を送らないのかと思うのは、

私にはとてもまともに思える保守派だけなんでしょうか

多くの国が祝電を送った既成事実でトランプ支持者に圧力をかけてトランプに

敗北を認めさせることが中共と民主党の作戦らしいです。

そしていざトランプが当選した時の逃げ道も作っているってことです。


トランプ大統領は”誰が勝つかの問題でなく不正選挙になっていることが問題だ”

として、5つの州で訴訟を起こしバイデン陣営の不正行為を訴えが始まります。


ここ数日ほんとうに、いや〜な気分に覆われています。

目的達成のために手段を選ばない中共と民主党が団結していること、

どんだけ腐敗した政治家が居るか、私にもよ〜く見えてくる今回のアメリカ大統領選の

一連の流れとなっています。


我が家の相棒も含めて、、残念ながらメディアが作る社会風潮に流されている

だけで基本的に政治に興味がないから自分で調べようと一切しないので実態が

分かってないようです。


悪夢のバイデン政権がもし誕生したら、後に控えている副大統領が馬脚を現し

アメリカも本格的に極左に牛耳られていき、地球が中国寄りに動き間違いなく

世界中が驚異の中共色に染められて行くんではないでしょうか


気が付いた時はすでに後の祭りってことになるのではないでしょうか


郵便投票用紙が届いた現実に…2020/10/10

郵便投票用紙が届いた現実に…

我が家に大統領選の郵便投票用紙が届き、今、紛れもないこの現実に

直面しているという実感になんとも不安な心理状態に陥りました。

もちろん私はアメリカの市民権を持たないので相棒宛にだけです。


受け取ってすぐに険しい雰囲気を醸し出し私に言ったことは、

これから私は大統領選挙の郵便投票に記入するけど、、

この件について言い争いしたくないと前置きして、あなたには同意できないので

承諾して欲しいとの事でした。


私の支持する政党は昔も今も変わりがなく、とにかく『彼』が嫌いであって

「彼」には投票出来ない したくないとの事でした。


私なりに機会あるごとに情報を相棒に与えてきたつもりでした。

そもそも政治的な事に興味がない相棒なので、この結果はなんとなく分かっていた

事なんですが、この現実に私の気持ちはいっきに下降してしぼんでしまいました。


私も以前は何も考えずに世間の風潮だけに流されていた頃を思い出します。


金の亡者、特に偽善と欺瞞とが大嫌いな善良な市民の一人でもある相棒のはずが、

すっかりメディアによる情報戦、心理戦など世間の風潮に頭が固定されてしまった

結果ゆえにこうして間違った選択をしてしまっている善良なる一般市民がどんだけ

多くいることか、、しかしこれが現実だ〜と更に気持ちがしぼんでしまいました。


そもそもこのコロナ騒動って、、ウイルス対策としての不正行為が起こりやすい

郵便投票を見据えて、、今日まで至ってる(?)

11月の大統領選挙の展開を不正によって大きく変える狙いを含めたもの

だったりするではと、、勝手に想像して懸念してます。


この私の気持ちに賛同してくれる人が居ないのも現実です。

全く興味ないのか、そんな話は無視されるし、あるいは興味あっても私とは違う

ビジョンであるのが実感です。

相棒には耳を塞がれてしまうし、決してそんな話を私の家族には話さないように

忠告されるしで、なんだかね、そんなところで孤独感を感じています。


郵便投票用紙が届いたこの現実の展開…

11月の大統領選挙の結果を祈って見守っていきたいと思ってます。