金縛りさなか…そこに居たのは2020/07/17

金縛りさなか…そこに居たのは
 
いやいや〜 
 
ひっさしぶり久しぶりの金縛りにあってしまい、、ぐったり〜してしまいました。


そもそも、、 
 
私の金縛り体験は高校二年生の時が始まりで、、、その頃はまだ社宅の

アパート暮らしで部屋数も少なく、私は祖母と同じ部屋で寝ていました。


この時の〜びっくり金縛り初体験は、記憶の大脳皮質にしっかりとファイル

してありますので、その後もその衝撃的な場面を忘れることはありません。


こんな感じで初の金縛りへの経過が記憶されて私の脳にファイルされています。


それは、、、ある夜中に突然に起こったことでした。

一瞬にして体が天井へ移動したその瞬間には意識があり(目が覚めた?)、

宙に浮いた自分を自覚して、寝ている祖母を天井から見ました。

うわ〜死んだのかなと思った次の瞬間、、、『金縛り』に陥っていました。

金縛りから解けたときは、布団の中でした。


もちろん今のようにネットがなく調べようがないので、自分の身の上に
 
何が起こったのか知る事も出来ず、誰に聞いたか覚えていませんが、

誰かにこの体験を話して、これが金縛り現象だってことを知ったんだと思います。


宙に浮いたのはその時だけでしたがその後、金縛りにあうことはよくありました。


私の金縛りのパターンはいつも同じで、

幽霊を目撃したり、何者かが身体に乗ったなどの経験は幸いになく、

意識はハッキリとしていながら、目に見えない何かに押さえつけられているような

感覚で身体がどうにも動かずただただその状態から抜け出そうと足掻くだけです。


今回、久しぶりにあった金縛りは、夜の9時過ぎくらいだったでしょうか、

カウチで居眠りしていた時で、、なかなか解けずひじょ〜に長く感じました。

助けて〜と、声を振り絞ったり、オータムが側にやって来た姿が見えたり、

手を伸ばそうとしたり、起き上がろうとしたり試みるのですがどうにも出来ません。


そんな私のもがき最中にお風呂に入っていた相棒は、私のうめき声を聞き付けて 
 
バスタオルを巻いただけの姿でやってきて、私を揺り動かしてくれたことで

長く長く感じていた金縛りからやっと解き放されたのでした。


こうして人によって金縛りから解放されるのは初めてのことでした。

相棒は、「金縛り」がどんなものか、聞いた事もなく全く知らないとのことで

かなり驚いた様子でした。


何度も経験してきた金縛りですので、頭の中で冷静に冷静にと 
 
唱えればよいんですがね、、、 
 
これがなかなかそ〜はならず、ワンパターンで毎度毎度もがいてしまうんですわ〜:(
 
すっかり忘れていた恐ろしや〜この金縛り現象ですが、
 
次回またハマったら、、どんだけ冷静になれるか、そうすること楽に解放される
 
のかどうか、意識をコントロールすることに挑戦してみたいと思います。
 

果たして金縛り中に、意識スイッチをコントロール出来るんかしらん?


あのね.....2020/06/26

あのね.....

あのね....ってことばが、寝ている頭(夢)の中に現れてきて、、


あのね...あのね...あのね...と、文字になって踊るように宙に浮き出し

消えずに、あのね...にとりつかれたように、一体なにが あのね...なのかと、、、

突如、夜中に起きて走り書きした あのね....が、これだったよ

あのね...

左腕の痛みなんだけど、

シャツを脱ぐのに腕を上げる時に、そろりそろり痛くないように脱いだりと、

これがけっこう痛っ〜かったり、特に仕事した後など脱ぐのがキツぃ

あのね...

もう半年くらい続いているかな〜 仕事でムリして痛めてしまった〜と

楽観してたら、これがず〜っと治らないんだよな〜

痩せ我慢してきたんだけど、これって慢性的になってしまってる?

それとも、劣化

体が資本な肉体労働者の私のボディバッテリー残量表示が黄色になってきた?
あのね...

ジワジワ〜と痛む部位が広がってるような

自分ではまだまだと思って気張って、日々仕事してるしぃ

やっぱ、肉体の方が元気なつもりについていけなくなってきた?

あのね...

見せかけ年齢ではね、

まだまだ騙し騙しイケてるよっ〜て思ってるんだけど、

肉体の劣化がいよいよ始まった?

あのね、

劣化?そんなはずないって けっこう私のクセでつい頑張っちゃうからな〜

ここだけの話、確かにジワジワと衰えてきているような、、


あのね...に、夜中起こされてしまったけど、

歳を取るってことは誰も避けられないってことなんだってね

個人差はあっても

身体的衰えは避けられないワケで、緩やかに老いに近づきながらそれを

体感していくという事実を受け止めるて無理すんなのあのね伝言だったかもね


これも、トレーニングの一環2020/03/07

これも、トレーニングの一環

いやいや〜、 とうとう部分入歯との付き合いが始まってしまいました。

慣れるために、只今トレーニング中です。

あ〜、ポリデントが必需品になるなんて思ってもみなかった...


初の部分入歯装着で5日ほど経過しましたが、これがこれが食事のたびの

不快感でストレスになったりと、やっぱり一朝一夕にはいかないようです。


何が不自由って、、、

口に入れて噛んだそばから詰まっていく感じのその不快感さと言ったら…

衣食住で最も大切なご飯がスムーズに食べられな〜い、この厄介さ!


歯のクリーニングで再び歯医者さんへ行って、そのことを告げて、再度、

口の中をチェックしてもらい、とりあえずピッタリとフィットしているので

問題はなく、多少詰まってしまうのは入れ歯装着した人に共通していることで

これは仕方がないく、食後は外して毎回洗浄するようにとのことでした。


毎回毎回毎回、、、なんてめんどくさー!

まだ家にいる時はよいけど、外食する時は、、想像しただけでもゾッ〜!


そんな面倒さもあって、、、つまみ食いがすっかりとなくなりました。


奥歯2本失った時は、その違和感で歯が欲しい〜と思っていましたが、なんだ

かんだで入れ歯を作るまで時が経ち、その間で奥歯が無い状態に慣れていました。


なので、この入れ歯装着した食事中の不快感と比べれば、、 このまま無くても

いいんじゃん、と思ってしまうくらいでした。

長期歯無し状態でいると、やはりバランスを欠くことで健康な他の歯に影響が

出てくるとのこと。

生涯自分の歯って人も居るわけですから、いや〜これ以上、入れ歯を増やさない

よう、入れ歯と共存して慣れていくしかないわけです。


早食いの私だったのですが、今ではすっかりスローになってしまい食事が

全くもって楽しめないのが悩みになってしまいましたが、とりあえず装着した

ときの喋りの発音障害も痛みもないことだけでも幸いなのかしらん


ま〜、それぞれに悩みが色々とあるなかの一つってことでしょうか


とうとう私にも、こんな時がやってきた2019/12/24

とうとう私にも、こんな時がやってきた

この度のコトなんですが、私も...とうとう”入れ歯”装着になってしまいます。

ま〜、たとえそれが部分入歯であってもですね、そのイメージ感はやっぱりねぇ、

ご多分に漏れず、”嫌だな〜”感が拭えません。


そもそも7年前に日本で問題にされた「歯」なんですが、

もしかしてアメリカで根管治療を受けたような同じ処置をしていたら、

もしかしたらまだこんなことにはなっていなかったかも、、

な〜んて、後の祭りなんですが、今さらながら思ってしまってます。


確かにアメリカでの歯の治療はお金がかかってしまうのが大問題になりますが、

私の両国での治療経験範囲でのその腕前印象はやはりアメリカ歯科医の方が、

より優れている気がしているんですが...如何なもんでしょうかね。

(私の場合は日本の歯医者さんに恵まれなかったってのもあるかもしれませんが)


渡米を間近に控えた7年前の事で、その前に日本で済ませなきゃ〜で焦ったりと、

今思えば時間的にも根幹治療出来たんではないかと思ったりするんですが、

当時通っていた歯医者さんではすぐにブリッジを勧められて、、2年後にはそれが

すっぽり取れてしまったりと、以前のブログにも詳細を書きましたが、再度取れて

一部被せてあった銀の部分に穴が空いてしまっていたので、とうとう使い物に

ならなくなってしまったりと言うことは、20万円もした価格の割にその経過と

結果において、こりゃ〜ね、お粗末なものだったと言わざるを得えません。


今更文句言ったって始まらなし、それからここを止めて、今は日本では実家の

近くに出来た歯医者さんに変えて、帰るたびにクリーニングをしています。

この歯医者さんいい感じで、ここで入れ歯を作るつもりで事前に相談していました。


しかしです、固定ブリッジを支えていた歯をアメリカで抜いた後の

その違和感に、このまま来年の一時帰国まで耐えらないと思い、念の為に、

アメリカの歯医者さんで予算を聞いてみると、日本で保険がきかない良質な

入れ歯を作る値段とほとんど同じなので、アメリカで作ることにしました。


2本欠如したまま4ヶ月以上過ごしていましたが、もはやその状態にも慣れて

しまい、幸い奥歯でもあるし、も〜この際、このまんまでも”いんじゃん”と、

思ってしまったりと、今では、”入れ歯”への違和感への不安の方がはるかに

優ってしまってる心境であります。


11月に入れた予約日に風邪を引いたり、その後は雪でキャンセルしたりと何かと

行きそびれてましたがホッ〜、とうとう先日その日がやって来て行ってきました。


入れ歯作成のため、まずは上下の口の中の型取りをしました。

下部分は一発目失敗で、大口開けて型取り計3回の1分程じーっと我慢の子〜

なんだかんだと私はアメリカの歯医者さんでお世話になる機会が多ぃ!:(


さてさて、仮装着とその調整に来年開けて行くことになっています。

計、3回くらい通うそうです。


”入れ歯’なんてね、

もう笑い事、人事じゃ〜なく、これも加齢に伴う変化の一つなんでしょうが、、、


そう言えば、この「加齢」の「齢」って「歯」へんなんですね、

私の売りは「加齢」ではないのにね、 そんなことにも気がついちゃうなんてね、、


私にとって2020年の幕開けは、

「入れ歯との戦いと共存」が、まずのテーマになりそうですわ〜歯歯


歯、歯が欲しぃ〜!2019/08/09

歯、歯が欲しぃ〜!

アメリカの歯医者さんで初めて人口の歯を被せてもらいました。

歯の型取りして石膏模型におこして...な〜んて、漠然と想像していたら

いまどきの最新システムってすっごいっすね。


午前中、口腔内をカメラでスキャンして、

コンピューターに取りこまれた私の歯、、、(怖っ)

あまりにもリアルで醜いので、その部分を加工しましたが。


1時間くらい一時帰宅している間に3Dデータから作成したクラウンを

午後から装着して、あっという間に完成で、いや〜早っ!

予算は $ 453.55でした。


麻酔が切れてからの感想ですが、やっぱりですね、その奥2本が欠如している状態で、

寄り添い支え合い共存すべき歯がないからでしょうか、やはり違和感があります。


来年の4月に日本で奥2本の入れ歯を予定しているんですが、

あと8ヶ月後もこの状態では、多分気になって気になってしかたないんじゃないかと、、

堅いもの食べたりすると横に歯がないので取れやすいんじゃないかって、

何か食べる時はやはり気になって使わないよにしています。

こんな調子で片方ばかりではきっと負担が大きくなり結果よくないですね。


私の持っている保険でどのくらいカバーされるのか調べて、、

そ〜差額がなかったらこの際、アメリカで作ってしまった方が良いのかも...

ま〜、、、何れにしても痛い出費が続いてしまってます。