やられた!_空き巣不法侵入2020/07/07

やられた!_空き巣不法侵入

なんてこったでしょうか!

実家は空き家になっていますが、いつでも生活が始められるような状況は

維持してきました。なので、金銭以外は全て揃っているわけでしたが...


自分の目で被害状況を確認出来ないだけにかなり滅入ってしまってます。


いつもは4月にお願いしている実家の除草なのですが、今年はコロナ自粛で

様子見てきました。そして1週間前に、除草をお願いしている人に電話をして

お願いし引き受けてくれました。


その人が第一発見者であり、すぐに警察に通報してくれたようです。


その時にわかった事で、いつ侵入されたかは不明です。

上記の画像でわかるように一階のガラス戸を切断して侵入したその箇所です。

雨戸は迂闊にも内鍵をかけずに閉めただけにしていました。

真ん前の家からも気がつくような大きさと雨戸が開けられっぱなしであった事、

場合によっては気づいてもらえそうだと思うのですが、残念ながらこの前の家の

人とは、引きこもり的なご夫婦で口も聞いたこともないという関係です。


兄の方へ連絡が入り、次の日に警察(3名)の検証を受けて被害届出を作成した

とのことでした。

全部屋が物色されていたのですが、最もひどい部屋は私が毎年一時帰国で過ごす

部屋だったそうな、、

母の部屋とかの画像は3枚添付されていたのですが、私の部屋の画像はなく

どんな状況だったのかわかりません。


私の古い3台のパソコンが無事なのかどうかもわかりません。

そこで、

近くに住む従姉妹にご主人と一緒に見て確認してくれるようにお願いしました。


兄のメールの最後の追伸に  『今回の事件や放火など今後も起きることもある
恐れもあり、ご近所にご迷惑をかけ ることになるので、「コロナ」収束後にでも、
家についてご考慮願います。』とありました。


コロナ規制最新状況を調べて見ましたが、今も一時帰国するとするなら、

合計4週間もの待機を強要されてしまいますので、今回も帰国は断念しました。


コロナワクチンが出来るであろう来年には、一時帰国できる事を視野に入れています。            


届いたトイレットペーパーは中国からの直送だった2020/04/23

届いたトイレットペーパーは中国からの直送だった

いやいや〜  これってマジにヤバぃっしょ〜  気持ち悪すぎ〜のって

その「物体」への恐怖感で、心身がこわばってしまいました。



ちょうどトイレットペーパーがスーパーの棚から消え始めた1ヶ月前の頃で、

ネットで探すと、その時はこの業務用タイプのものしかありませんでした。


一つ15ドルもしましたが、この際選んでいられないとすぐに注文しました。

そして、1ヶ月後の昨日に受け取ったのですが...なんとですね〜、


「ブツ」のアドレス見て、これっ、、、中国から直送だと言う相棒、、

えっ~、なんで〜中国から直直直送なのよ~!!!


私は確かめもせず、即プラスチックバックに入れて触らないようにしました。


確かに「メイド inチャイナ」生活用品で埋め尽くされているワケで、これまでは

良し悪しに関わらず私たちも中国製品にすっかりと麻痺していましたが、さすがに

ここまでその悪逆非道さが露わになると、拒絶反応ばかりが強まってしまいました。


中国から海外へ輸出されている中国製のマスクや中国製医療物資など問題続出で、

英国でのコロナ検査キットの綿棒にすでにコロナウイルスが付着していたとか!


質が悪いだけならまだしも、、毒・害なるもはいただけませんワ!

固まってしまうほどゾッとしました。もちろん、すぐに捨てました!


P.S. ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、

Made in PRCの表示なんですが、イメージチェンジを図ったのでしょうか、

People's Republic of China(中華人民共和国)の頭文字を取ったもので、

これも中国製ですね。なんとも抜け目ない手に負えないお国柄ですわ〜!


想像しただけでもイヤですねぇ、、2020/01/12

想像しただけでもイヤですねぇ、、

この異様な暖かさ、、

なんと今朝の気温は15℃にも上昇しています。おまけに強風も吹いていて、

ときどき吹き荒れる狂ったような突風がかなり怖〜ぃ...


オータムとの散歩では、途中でジャケットを脱いでTシャツになるくらいでした。



明日は18℃にもなる予報が出ていますが、来週金曜日は再び「0」の予報で、

ま〜、この時期で18℃ってのがかなり異常であり、この暖かさが続いた後の

「0」では...再び身にしみる寒さとなって体に堪えそうです。


一方この気温上昇で、我が家の10月桜はどう反応するのか楽しみです。


さてさて、部分入れ歯作成二回目で歯医者さんへ行ってきました。

行かなきゃ終わらないし...終われば新たな違和感との戦いになるだろうしで、

この未体験の入れ歯...ホントに憂鬱な気分になっています。


今回は作成されたメタルフレームを仮装着して、口をモグモグさせてその具合を

観るだけで直ぐに終わりました。

鏡をあててフレームが見えないことと、喋りがちょい変になるけどの説明を

受け、それもすぐに慣れるよ〜と言われましたが、、、

いや〜、やっぱ入れ歯のその抵抗感と違和感、、想像しただけでもイヤですねぇ、、、

この画像はネットで拾ったもので、私のモノではありませ〜ん。


私の場合は奥歯2本欠如になりますが、きっとこんな感じに近いモノが

出来上がり装着されるのでしょうが、見ただけでもイヤですわ〜、、


次回は2週間後に予約、いよいよ義歯がフレームに作成されて、

実際に入れて具合を見るのだと思いますが、、想像しただけでもイヤですねぇ、、

ホントに憂鬱な気分なんですわ〜...


生涯自分の歯って方も沢山いると思います。

入れ歯との共存に悩まされる時が私にもやってくるなんてねぇ、、

あ〜、インプラントと思ってしまいますが...選択の余地なしでした :(


もしかしてこの症状…AirPodsでYouTube漬けが原因?2020/01/05

もしかしてこの症状…AirPodsでYouTube漬けが原因?

今も続く若干の鼻詰まりと咳で風邪っぽくってイマイチ不調なのですが、

もう一つの症状で気になるところで、ここのところやたら頭痛が多い感じで

ありました。


年末辺りから、軽い頭痛がやたら続いていて、ある夜お風呂から上がって布団に

入るといきなりの激しい頭痛に変わり、なるべく薬はまないようにしているので

すが、さすがにこの時は薬頼りとなりました。


この時、直感で思ったことが、

まさかまさか、、、でもでも...もしかしたらなんだかのAirPodsの影響???


家にいる時はほとんどYoutube動画を流していて、相棒がいる時に利用していた

イヤホンでは動きが超制限され、いちいちの付け外しで不便を感じていました。


昨年、NYへ行った時にけっこう目にして一目惚れしたこのAirPods、

これはこれは私には必需品だと思って直ぐに欲しくなりました。

クリスマスプレゼントのリクエストってことで相棒に言いましたが、

それまで待てず、早目のプレゼントってことでAirPodsを手にしました。


一石二鳥じゃない、日々の料理もAirPodsでYoutubeを聞きながら出来ちゃうし〜

時にはオータムの散歩時にもAirPodsしたままLineで話しながらってな調子〜

時にはYoutubeが止められずAirPodsしたまま布団の中でってな調子〜

下手すりゃ〜、一日中〜AirPodsでYouTube漬け.....  


iPhoneは外出携帯用であって、iPadは就寝時に、そしてメインはMacbookと

用途に合わせて全てに使い、なんてったって、肌身離さないウェアラブルデバイスで

部屋中どこでもトイレでも聞き続けられるという便利さにすっかり病みつきに

なってしまっていました。 もしかしてこんな日々の繰り返しで、とうとう

脳が悲鳴をあげての警告だったんでしょうか...


いやいや〜、電磁波を放出するデバイスをわざわざ耳に装着しているワケです

から、どう考えてもいいわけ無いっすっね!

便利さにかまけてそんなこともすっかり忘れてしまってました。


自己判断でとりあえずここ数日間はワイヤレスをやめて体調が普通になるまでと

目下通常のイヤホンを使用中で、とりあえず今は頭痛は治った感じであります。


せっかく買った便利な物で止められないと思いますが、せめてイヤホンと併用して

脳に少しでも優しく負担軽減を心がけていこうと思います。


過ぎたるは猶及ばざるが如しで、何事もほどほどにってことでありました。


そもそも朝から寝るまでパソコン漬け、これ自体がいいわけないんですが、

も〜ここまで私の生活に密着して依存してしまっていては、パソコン無しの人生

なんてね、あり得ないんですわ...


P.S.
AirPods内のバッテリーの爆発事故の記事をみましたが、 これもやっぱ、

安全基準を無視するような Made.in.C でしょうね〜、いや〜怖いっ!




とうとう私にも、こんな時がやってきた2019/12/24

とうとう私にも、こんな時がやってきた

この度のコトなんですが、私も...とうとう”入れ歯”装着になってしまいます。

ま〜、たとえそれが部分入歯であってもですね、そのイメージ感はやっぱりねぇ、

ご多分に漏れず、”嫌だな〜”感が拭えません。


そもそも7年前に日本で問題にされた「歯」なんですが、

もしかしてアメリカで根管治療を受けたような同じ処置をしていたら、

もしかしたらまだこんなことにはなっていなかったかも、、

な〜んて、後の祭りなんですが、今さらながら思ってしまってます。


確かにアメリカでの歯の治療はお金がかかってしまうのが大問題になりますが、

私の両国での治療経験範囲でのその腕前印象はやはりアメリカ歯科医の方が、

より優れている気がしているんですが...如何なもんでしょうかね。

(私の場合は日本の歯医者さんに恵まれなかったってのもあるかもしれませんが)


渡米を間近に控えた7年前の事で、その前に日本で済ませなきゃ〜で焦ったりと、

今思えば時間的にも根幹治療出来たんではないかと思ったりするんですが、

当時通っていた歯医者さんではすぐにブリッジを勧められて、、2年後にはそれが

すっぽり取れてしまったりと、以前のブログにも詳細を書きましたが、再度取れて

一部被せてあった銀の部分に穴が空いてしまっていたので、とうとう使い物に

ならなくなってしまったりと言うことは、20万円もした価格の割にその経過と

結果において、こりゃ〜ね、お粗末なものだったと言わざるを得えません。


今更文句言ったって始まらなし、それからここを止めて、今は日本では実家の

近くに出来た歯医者さんに変えて、帰るたびにクリーニングをしています。

この歯医者さんいい感じで、ここで入れ歯を作るつもりで事前に相談していました。


しかしです、固定ブリッジを支えていた歯をアメリカで抜いた後の

その違和感に、このまま来年の一時帰国まで耐えらないと思い、念の為に、

アメリカの歯医者さんで予算を聞いてみると、日本で保険がきかない良質な

入れ歯を作る値段とほとんど同じなので、アメリカで作ることにしました。


2本欠如したまま4ヶ月以上過ごしていましたが、もはやその状態にも慣れて

しまい、幸い奥歯でもあるし、も〜この際、このまんまでも”いんじゃん”と、

思ってしまったりと、今では、”入れ歯”への違和感への不安の方がはるかに

優ってしまってる心境であります。


11月に入れた予約日に風邪を引いたり、その後は雪でキャンセルしたりと何かと

行きそびれてましたがホッ〜、とうとう先日その日がやって来て行ってきました。


入れ歯作成のため、まずは上下の口の中の型取りをしました。

下部分は一発目失敗で、大口開けて型取り計3回の1分程じーっと我慢の子〜

なんだかんだと私はアメリカの歯医者さんでお世話になる機会が多ぃ!:(


さてさて、仮装着とその調整に来年開けて行くことになっています。

計、3回くらい通うそうです。


”入れ歯’なんてね、

もう笑い事、人事じゃ〜なく、これも加齢に伴う変化の一つなんでしょうが、、、


そう言えば、この「加齢」の「齢」って「歯」へんなんですね、

私の売りは「加齢」ではないのにね、 そんなことにも気がついちゃうなんてね、、


私にとって2020年の幕開けは、

「入れ歯との戦いと共存」が、まずのテーマになりそうですわ〜歯歯