ええ加減にせいよ!_目には目を歯には歯を2019/12/03

ええ加減にせいよ!_目には目を歯には歯を...

「目には目を、歯には歯を..」と言ってしまうと、復讐のイメージになって

しまいますが、例えばここでは、相手の悪い行いを未然に防ぐ意味を含んで、

隙を与えないための抑止力の手段として、今回このように使ってみました。


長い間、憲法議論そのものがタブー視されているような日本の風潮なのですが、

こんな私ですら、そんな悠長なことを言ってる場合じゃないんじゃないかと、

差し迫っているその危機に憂鬱感と絶望感が入り混じった心境に陥ってます。


左派メディアが報道しない中、どれだけの日本の人々が米中の覇権対立の現実と

中国による恐ろしい巧妙な日本侵略計画の実態を知っているのでしょうか。


日本が敗戦して以来、中国の目標は2050年までに東アジアの覇権をアメリカから

奪い日本を倭人自治区にすることが夢で、その夢に向けて着々と進めて来た

74年間の間に静かなる日本侵略の半分は成功していると言うことだそうです。

そんな怖い実態情報を一体今、どれだけの日本国民が知っているのでしょうか。


中国人による日本の土地の爆買いは、北海道では自衛隊関連施設や水源地のある

森林地帯などの日本の土地を静岡県の広さくらいをすでに所有しているそうで、

入り口を立ち入り禁止にして一体、そこで何をしようとしているのでしょうか。


中国土地爆買いとアイヌ新法もセットなのでしょうか、目につくところには、

小さな小川をアイヌ沢と事実無根の看板表示していたり、道を広げてそれを

縄文ロードと表示した事実無根の看板が立ててある動画をみました。


私がそうであったように、メディアが流す情報だけを信じて日課で聞いていれば

何の疑いもなく、ふ〜ん、そうなんだと普通に真に受けてしまうと思います。


「日本は悪である」との考え方を押し付けられてきた日本人は自分の頭で考える

事が苦手で、疑う余地もなく偽りの平和憲法ボケ催眠術にかけられたまんまの

意識的に極楽とんぼ的な日本人がまだまだ多いのではないでしょうか?


しかしです、

過去から引き継いてきているはずの本来の日本人としての魂は眠っているだけで、

植え込まれてきた日本をさげすむ自虐史観に風穴を開けるキッカケさえ得られ

たなら、その呪いを解くのにそうは時間はかからないと思うんですが?


他国による支配の現実を知らないままの日本人には、平和主義者チベット人の

ような悲劇の同じ道を辿り日本が滅んでしまう現実がやってくるなんて到底信じ

難い話ですが、モンゴル、チベット、ウイグル、そして、止まらないその膨張

する野望は、今日の香港、明日の台湾、明後日の沖縄…、と言われています。


「今だけ、金だけ、自分だけ」ではない真っ当な日本人なら、 自分たちの

子孫にそんなとんでもない悲劇を味わさせたいなんて思うはずがありません。


今や知らないうちに侵略される21世紀型ハイブリッド戦での 日本乗っ取り、

日本を完璧に弱体化させる間接侵略による戦争はすでに始まっているそうです。

日本国内で目に見えない戦争がすでに展開されているなんて話をされれば、

恐ろしくって大体の人たちは自分でも情報集めすると思うのですが?


日本の文化を破壊され、自然を破壊され、日本人の自由と人権を奪うために

中国はその目的のためには国際法も自国の法律も無視し、情け容赦は無用という

非人道的な国家のその実態を知るべき私たち日本人です。


国民を自分たちの都合のよい方向に誘導し間違った認識を持たせる偏向報道

メディアを、私もYouTubeでの動画配信を知るまで疑いもしていませんでした。

マスコミが報道しない正しい情報を知れば、私のようにどんな能天気な人々でも、

偏った思想に傾倒していない真っ当な日本人なら誰もが、そこに迫り来ている

危機感には、自国は自国民で守るのが世界の常識であることの意味を理解する

までそう時間はかからないと思います。


2016年に広島訪問で核兵器の廃絶を訴えた親中派オバマ元大統領でしたが、

アメリカ自国で新しい核兵器に200兆円の予算をすでに決めていたそうです。

なんてことでしょうか!!!

もし日本が核武装すると、日本を思い通りにできなくなるので、日本の世論を

核武装させないように必死に誘導し続ける中国の工作に加担している国内左翼

勢力の日本人たち、あるいは反日在日の人たちを含めて、腑抜け弱体化して

しまった日本を永久に思いのままにコントロール支配し続けたいそうです。


つい先月のこと、ローマ法王が広島・長崎訪問で核廃絶訴えたそうですが、

この方もギゼンシャでしょうか、、、核廃絶を訴えるなら、被爆国日本でなく

まずは核保有国で演説されるのがよいんではと思います。


綺麗事もええ加減にせいよ!


中国、北朝鮮の軍事的脅威にさらされ、加えて韓国までも丸腰で無力の日本には、

やりたい言いたい放題の舐めまくられ状態です。

調子乗るのもええ加減にせいよ!


北朝鮮の日本人拉致問題、中国による尖閣諸島付近で頻繁な活動問題、韓国との

竹島問題、加えてロシアとの北方領土問題などなど、自国領土と自国民を何故

日本政府は対策を講じて命をかけて守ろうとしないのでしょうか?

明らかに間接侵略が多くの政界人、財界人、マスコミ、自衛官などに及んでいる

と言われている事を認めざるを得ません。


例えば、イランのアラブ川領有権をめぐる紛争でイラクから全面攻撃を受け、

クウェートの油田獲得のためイラクにより攻め込まれ占領されるなど、憲法に

平和主義を掲げる国々でも、戦争に巻き込まれると言う事実の歴史があります。

例えば1987年、フィリピンは外国の軍事基地を設置しないと憲法を制定して

米軍が撤退して米軍の介入がないとみた途端に1995年にミスチーフ礁を占領

した中国です。

これらの歴史の事実を考えると、どうして日本がこれまで通りの表面上の平和が

保てると言えるのでしょうか?


もし中国が日本を攻撃するなら、
1段階:サイバー攻撃→インフラを破壊
2段階:ドローン爆弾 巡航ミサイル(港湾を破壊する)
3段階:海上民兵の上陸(武装した海上民兵がまずは離島へ)
4段階:日本国内の工作員による破壊活動の手引き
5段階:無人機・老朽船による飽和攻撃


元陸上自衛官の用田 和仁による、これらの5段階の想定です。


そんなの映画の見過ぎ、考えすぎ、そもそも興味ないし、日々の生活の方が

大切で大変だし、とりあえず生活できてるし、まわりで誰もそんな話してないし、

そんなこと知りたくないし、仮に何かあれば日本にはアメリカがついてるし...


そんな呑気さが蔓延した日本国で育った日本人が物事を安易に考える風潮のなか、

スパイ天国日本での侵略計画は日々進んでいるのが現実で、もう妄想の絵空事では

ないようです。


世界の歴史的展開と今の隣国の状況を考えれば、丸腰国家日本に必要なものは、

ズバリ憲法改正と核武装はセットで、もう時間がない待ったなしだと私も考えます。

憲法9条を守っていれば、日米同盟がある限り平和であり続けるのは間違いで、

核武装による平和が守られていくと考えるのが正しいのではないでしょうか。

日本が核抑止力を持てば東アジアが中国の勢力に侵されないのではないでしょうか、

もうすでに手遅れだとしても...

せめて精神武装だけでもしなくてはならないのではないでしょうか?


まだ今の日本の危機を知らない人たちがいるなら、

参考動画
↓ ↓ ↓ ↓

"【討論】日本核武装論[桜R1/11/23]"

”【討論】中国の日本属国化シミュレーション[桜R1/11/30]"

↑ ↑ ↑
この中国の日本属国化シミュレーションを1時間半ほど聞いていて、世界の動き、水面下で着着と遂行されている事変に触れ日本の今置かれている現実の状況を知れば知るほど、絶望的で耳を塞ぎたくなり中断したくらいでした。 こんなにも苦しくなるならもう目を背けて刹那的に人生を楽しんでいるだけでいいんじゃないかと思うほどです。 私は知的ではないけれど、日本人特有の正直で正義感や情緒感や人情感のある大和魂を間違いなく持っているようであります。なので胸が苦しくなってもやはり目を背けることが出来ません。


***『戦争がイヤなら憲法を変えなさい』古森義久著の一部抜粋***

↓ ↓ ↓ ↓

ー中国共産党は究極的には、日本という国をほぼ完全に屈服させることを目指しているといえます。アメリカとの同盟はなくす。自衛能力もきわめて制限される。もちろん核兵器など持たない。そして少しずつ中国の国家発展長期計画に日本という国を組みこんでいく。そんな目標です。つまりは日本を中華帝国の隷属国家にすることです。ー




地球丸ごと食べちゃうぞ〜2019/10/13

地球丸ごと食べちゃうぞ〜

空を飛ぶものなら飛行機以外は何でも食べる、水の中のものなら潜水艦以外は

何でも食べる、四つ足のものなら机と椅子以外は何でも食べるという民族の話を

昔〜ある友人が、彼等はすっごいよねぇ〜、と一つの例えでよく言っていたのを

いま思い出したりしていますが…なんだかぁ〜、


その民族たちの生命力の強さを証明しているような見事な例えでもあって、

生命力が強ければ当然のこと繁殖力もすっごいってことに繋がっていきますね。



確かに、中華料理パワーで世界中に散ってそこでの生活に浸透している彼等の

姿を各地で見るのは珍しくなく、世界中で膨張する彼等のその生命力に改めて

すっごい民族パワーなんだな〜と、思わず感心脱帽してしまいそうです。


中華料理パワーで世界征服だけなら大いに美味しい話で平和的なんですが、


なんと言ったって一党独裁国家であって、それを忘れてはなりませんね。


我々は世界の中心であり他国は我々に従うべきという中華思想とかに

基づいているそうですが...そんな〜なんてこと...あ〜恐ろしや〜

ひとんちのいえに土足で踏み込んでくんな〜です!



この中華思想パワーで地球丸ごと食べちゃうぞ〜の勢いで世界制覇へと戦略を

着々と進めているなか、トランプ政権の思わぬ誕生でくじけ始めている今では

あるようですが、ゾンビのような手強い相手ですので果たして実際にはどうなっ

て行くんでしょうか。

人としてまともな発信者達のYouTubeで偏向のない情報を得る事が出来ます。


世界の特にアジアのトラブルメーカー中共政権は崩壊に近づいていると言われ

ながらも、行き詰まりの末に何を起こすやらとその脅威は消し去れない訳で、、

何度も自壊してはゾンビのように生き延びるその中共パワーは想像を絶する

ほどの凄みがあって、今のおもてなしが売りでお人好しだけの日本人では

到底太刀打ちできないくらいマジでヤバいん隣人国ではないでしょうか。


今日の香港、明日の台湾、明後日の沖縄

偏向報道に操られているまだ多くの日本国民は、今そこにここにある危機が

現実に近づいていることにも気がついていないのではないでしょうか。


嘘まみれの腐敗し切った地上波メディアのご都合主義とその横暴さは野放し状態、

こんな私でさえも言いたくなってしまいますが、

一体日本政府は何をやっているのでしょうか〜!


アメリカは中国を締め付けているのに、、、安倍総理は中国の建国70年に向けて

発表した祝賀メッセージになんと来年、習主席を国賓として日本に迎えたいと

述べたそうですが、、、

中共のウィグル弾圧、香港、尖閣問題があるにも関わらずヘコヘコと国賓に

迎えるなんて通常はあり得ないんではないでしょうか!

まともな神経を持った日本人なら断固反対だと思うんですが、どうしたことか..


移民法、アイヌ新法、水道民営化などなどを成立させた安倍総理の売国政策と

言わざるおえないような、どう考えても日本人のためにならないようなこと

ばかりを通してしまっている、ここのところ安倍総理への不信感が増したり

絶望したりと具合が悪くなりそうであります。






この安倍総理『器』論とは真実か?の動画討論を聞いて、

なるほど〜と納得すると同時に一体私たちの日本はどうなってしまうのかと

日本の行く末に深い懸念を抱いてしまいました。


日本での中共の間接侵略はすでに始まっていて政界人、 財界人、マスコミ、

自衛官にさえ及んでいるといわれいるそうです。

そんな事実を私たち日本人がどれだけ知っているのでしょうか


もう日本は手の施しようもないくらい中共パワーに喰われてしまっていて…

もうすでに手遅れ状態なのかもしれません...


そもそもの丸腰の日本なんてちょろいがゆえに、反日で日本人をバカにしまくっ

てますけど、 日本の安全と尊厳を守る為のはじめの一歩となる憲法改正を

成し遂げれば、我が物顔でのさばったやりたい放題の人たちも少しは大人しく

なるんではないでしょうか。


現在の世界の動向に、自称ノンポリの私でさえ目が覚めたくらいですから、

その危機感と実態は相当なものかもしれません。


悪を見るな悪を聞くな悪を言うな_原因は私にもあった?2018/11/27

悪を見るな悪を聞くな悪を言うな_原因は私にもあった?

ここのところいつもブログも英語もすっかりサボりまくってと、口癖になって

しまいましたが、ちょっとだけいつもより忙しい私事の日々が通り過ぎたら

前のようにダラダラひとりよがりブログを復帰するつもりで〜す。


最近はですねぇ、グローバリズムvsナショナリズムだのにハマりだしていき、

世界の構図みたいな深〜ぃ話に耳を傾けていまして、世界の動向の概略を少しは

知るようになったのですが、これがこれがですね、 それらの根底にあるものに

引きずられるように聞き入っていって深入りしていくとですね、見ては聞いては

いけないものに触れるような闇と病みのようなものに「見ざる聞かざる言わざる」

じゃないですが、何か到底太刀打ちできないようなその理不尽な力が働く世の中

に、底なしの恐怖心を感じてしまうこの頃であります。


「悪を見るな、悪を聞くな、悪を言うな」、世の悪事は知らない方がよいとの

賢人の教訓に沿って、人の短い一生を出来るだけストレスなしで生きていく方を

見出していくのが、当たり障りない幸せ対策になっていくのかもしれません。



現実的にはですねぇ、

そんな私の頭の中を占めている話を拙い英語で若干話を相棒にしてみました。

今のアメリカ大統領をアメリカでもその影響下にある日本のマスメディアでも

随分と叩きまくっている傾向に洗脳されているようだけど、 今の大統領の誕生

によって、グローバリズム勢力の衰退とナショナリズム勢力の覚醒という観点

から言えば、実は結果的に日本も含めてその動向はいいきっかけになってるかも

って、そんなような事を相棒に私なりに話しているとですね、


政治的な話は少しだけならいいけど、、、

そんなことより現実的な我が身の金銭危機で歯の治療代のことで頭いっぱいで、

聞く余裕もないし、そんなこと考えたくないと言われました。


確かに、私たちにとってのその打撃、その大きな要出費に日々悩まされています。


私の前回ブログにしたブリッジなんですが、何とですね、ブリッジの一つで

銀の部分が穴開き状態になっていました。


何でこうなるのか〜って、ブリッジが外れてしまうのも私の歯ぎしりが原因の

一つであることを指摘されました。


確かに…自分では気がついていないのですが、歯ぎしり、、

確かに、昔っから激しいと言われていました。


結果、様子を見ながら、恐らく5、6ヶ月後には新しいブリッジに作り変える

事を言い渡されてしまいました。

そしてそのお値段は、何と4000ドル!


相棒の治療代を足すと、何と8000ドル超えってことに!!!!!


いやぁ〜、確かに、これが私たちの現実を脅かす、迫った危機感でありました!

これはこれは個人レベルの大問題で、

マジでマジで涙涙涙の苦難に見舞われています〜〜〜




また忘れてしまったぁ〜昨日は、 いつも心にボストンテリア68のジャスの命日


思うように事が運ばず_ストレスとフラストレーション2018/05/04

思うように事が運ばず_ストレスとフラストレーション

一時帰国のための格安チケットが出るのを昨年12月からずーっと待っている

のですが、今回はどうした訳か予定した日程を1ヶ月切った今も未だにチケット

を得る事が出来きず、この流れでいけば恐らく見込み発車で立てた予定すべてを

キャンセルすることになる確率が高くなってきました。


出来れば少々予定をズラしてもと、追加で更に3パターンの日程を組んでみても、

今のところどれも朗報がありません。


私は専門家でないので、航空券販売の格安仕組みを知りません。ならばと、

調べる気力も到底ありませんので、私は1箇所の代理店に落ち着くと、いつもの

担当者に丸投げで任せてしまいます。渡米してからは毎年4月便を手配すると、

比較的すぐに12月中には早々と格安チケットを問題なく得てきたその実績が

あっただけに、今回もなんの心配もしていませんでした。


今回もいつものように早々と昨年の12月から、英語クラスを終えてからの

5月下旬頃の出発便で予定しました。

しかしです!今年はまったく様子が違うではありませんか〜

気がつくともう5月近くになってしまい、今も格安にならず、それどころか更に

高くなっていくではありませんか!

昨年は今の半分以下の1000ドルくらいで購入しただけに、どうしても比較して

しまいます。 さすがに焦ってしまい、自分でも色んなところを調べていますが、

どこも昨年と比べて倍以上も高いまんまです!


乗り継ぎ便なら、1500ドル台であるにはあるのですが、躊躇っています。

近年は直行便を利用するようになって、乗り継ぎが面倒になってしまいました。


乗り継ぎ便を利用すると、何故か、出発時刻が大幅に遅れたりと、何かと

トラブルがあったりする私なので出来れば避けたいなと今の所は思っています。


最初の日程予定の見込み発車で、早々と職場に休暇届を出していました。


提出した休日間のチケットは得られそうもないので、日程変更届けを出さなけれ

ばならないのですが、何しろ他の予定したチケットがまだ買えない状態ですので、

今の所は保留にしていて、これもストレスの要因の一つであります。


今回はどういうワケかどうにもスムーズに事が運ばず、そのフラストレーション

で、寝ながらうなされるように、あれこれ考えたり、とうとう胃が痛くなり...、

そろそろ私の中で気持ちを整理して決断してスッキリさせなければなりません。

このようなハッキリしない状況が最も苦手な私は一刻も早くこの状況から

脱出して解放されなければ心身共に壊してしまいそうです。


もう一つの選択として、もう少し待って直行便で格安が得られなければ、

今年は一時帰国を諦める方向でも考え始めてもいます。


母と直に会えないのは残念ですが、認知度はこの一年で更に進んでしまい

私の事も全く認識していませんので、幸い母の方で悲しむことはありません。


この際今年の一時帰国を断念しようかなと思うそのきっかけはですね、


最近、歯の掃除で初めてかかった近所の歯医者さんで、とうとう歯周病と診断

されてしまいました。しかしです、ま〜なんと歯のトラブルが多いこと!

治療するなら最初の段階で1000ドルくらいかかるそうです。


相棒がフルタイムの仕事を辞めてからは、保険カバーも極々限られてしまって

いる私たち低所得者の実態です。

日本で治療するにもそう長く滞在できないので、アメリカで治療を考えています。


そんなことも含めて、もしこのままチケットの値段が下がらないようであれば、

今年は断念するしかないかもしれません。


しかしです、出来ればと一時帰国したい気持ちは捨てきれませんので、

ギリギリまで待ってみるつもりではいますが、”はぁーーー”であります。



やっぱり時間が止まった感覚2018/01/17

やっぱり時間が止まった感覚

行動パターンがすっかり狭ばまってしまっている私たちで、当然夫婦として

苦楽を共にする生活の中に、「苦」がやってきた時に、じーっと経過していく

まで耐え忍んで過ごしていくのですが、これがもしもですね、先の読めない

長期戦になったりもっと悪化してしまったらと想像するだけで、ぐーっと暗く

なってしまいます。 前にも触れましたが、もしももしも相棒に何かあったら、

途端に八方塞がり状態に陥りお手上げになってしまうんではないでしょうか。


前回、相棒が頭痛で寝込んでから久しぶりでしょうか、

金、土、日といつものパターンが続き、今回は仕事がなかったとは言え、

私達にとっての三連休は「仮死状態のような日々」となってしまいました。


今回のパターンは二日目は起きてカウチで読書が出来るくらいの状況でしたが、

その夜には悪化した激痛に襲われて起きることが出来ませんでした。

朝方には嘔吐で最も酷い症状になり、 そのままずーっとベットから出ることが

できませんでした。

そして、いつものパターンで痛みも軽減して起きることが出来るようになっても、

薬の副作用でしょうか、疲労感で何もすることが出来ず読書したりゲームしたり

じーっと家で過ごしていました。


年々それぞれの人生の行き止まりに近づいている訳ですが、そんな不安をよそに

まるで不安な自分を誤魔化すように今を精一杯生きて気を紛らすしか方法は

見当たりません。と...、言うしかない私であります。


月曜日には、頭痛も抜けてとりあえずは平常通の時間を過ごすことが出来き

相棒はパート探しを引き続きしています。 前に郵便局のパートの面接を受けて、

内勤でなくAmazonの日曜日限定の配達の仕事でした。決まればなんでもやる

意気込みでしたが、あの雪の後のスリップアクシデント以来、雪の後の運転を

懸念してキャンセルしました。 配達の仕事は大変だろうからと心配していた

私はこれでホッとしたのが正直な気持ちでした。


ちょっと感度が悪くなった時計のように退屈な私たちの日常生活がマンネリ化して

いる感じがするので、家から歩いて12分くらいの所にあるボストン行きのtrain

に乗って街中に出て気分転換しようと提案しました。


私たちの中の錆びついてきたゼンマイを巻き直すつもりでいます。