嬉しや〜こんなサプライズ!2020/07/14

嬉しや〜こんなサプライズ!

私の誕生日の日は仕事で蒸し風呂のように暑いキッチンの中で過ごしました。


そして、その日のサプライズは〜!

フィリピンガールズがやってくると 「お誕生日おめでとうございます』

と、日本語で言ってくれました〜!


頂いたカードにはこのように一文字一文字丁寧に、そして上手に上手に

書かれていました!


も〜嬉しやサプライズ!大切に保存したいカードの一つとなりました。


一時帰国を断念_想定外の流れ2018/05/19

一時帰国を断念_想定外の流れ

2012年に渡米してから毎年、気候がいい4月に一時帰国していました。


今年も普通に日本へ一時帰国するもんだと思っていましたが、

どうした訳か、今年は行きそびれてしまった想定外の結果となりました。


何故なら、5月の末に予定した時期の価格が馬鹿高いまんま下がりませんでした!

昨年は1000ドルちょいで購入したのが、この5月は2000ドルを軽く超えた

まんまで、今日の時点でさらに値上げして2300ドル超えました!


たった2週間だけの日本滞在で、何だかいつも慌ただしのですが、

定期的に帰るようにしてきました。


同じ2012年にグループホームに入居した母との面会___

空き家になってしまった両親の家の年一度の整理整頓___


私の年一の肝血管腫と十二指腸潰瘍の要精密検査などなどの、

エコーと胃カメラでの検査を欠かさず続けてきました。


この5年間に、永代供養のためのお墓移動、父の十三回忌の供養など、

大事な事は済ませていたので、最終的には帰国中止の決断がとれましたが、

そうでなかったら、チケットの価格云々抜きで決行なければなりませんでした。


毎年の要精密検査については、腫瘍の大きさが現状維持って結果なのですが、

お医者さんからは毎年検査を勧められています。


こうやって改めて見ると私もあっちこっちと何かしら問題を抱えていますわ〜


子宮ポリープ摘出に始まって、子宮鏡下筋腫摘出、十二指腸潰瘍でピロリ菌の

除菌、左右の線維腺腫はアメリカでの検査に移して同じ診断で年一の検査を

しています。肝血管腫に、昨年は大腸内視鏡検査でポリープ摘出、

加えて、今年アメリカで、歯周病の治療する予定で〜す!


昨年ぐらいからやっと一時帰国で過ごす時間に若干の余裕が持てるようになって

きました。 そして今年は、アメリカ在住の私が参加しないことには始まらない

と言ってくれていた、母方のいとこ会で神戸の有馬温泉に行く予定でした。


母は6人兄弟で各二人子供にその旦那さんあるいは奥さんも同伴となれば大勢の

いとこ会になるはずでしたが、残念にもキャンセルとなりました。


ささやかな日本でのあとの楽しみはですね、 やはり私にとってもアメリカでは

買えないモノを買いだめする楽しみで、特に下着類は日本でと決めていました。


あとの最も大事な事は、年に一度の美容院でのカットと縮毛矯正です。

この1年間保ってきましたが、さらにあと一年後にこれが保てるとは思いません。

手入れが行き届かない私の毛はまたスズメの巣状態になってしまうかも〜!


毎年、日本で10cmちょっとカットしていたので、 アメリカで美容院は一度も

行ったことがなく、今年ばかりはどこかでカットだけするよ〜かもしれませ。

長い毛を切るだけなので、アメリカでも大丈夫かな。


前髪だけメッシュのようになってる部分白毛、前は市販の部分染めで定期的に

染めていたのですが、最近は無精になってしまい、このまんまオータムとお揃い

の前髪だけボストンカラーもいいかな〜って感じになって気にもならなくなって

結果、手間がはぶけて気持ちもラクになりました。


あと、やはり気になる事は、両親の空き家状態の家です。例えば庭は放って

おいたらジャングル化してしまうので、毎年庭師さんに草処理を頼んでいました。


帰国しない事を電話すると、もう除草終わってるよ〜と言ってくれました。

支払いは来年でいいとまで言ってくれるではないですか、本当にありがたいです!

来年はお礼にスペシャルなお土産を用意するつもりです!

この方は70歳半ば過ぎの人なのですが、登山が好きで体力維持のために

隠居生活はしないとおっしゃっている元気な人であります。


ご近所さん達の様子も気になります。両親がマイホームブームで移り住んだ時代

に同じく移り住んで来たご近所の人々と長い交流がありました。年一に、空き家

状態の家に一人帰るのはとても寂しいもので、顔なじみのご近所さんに会って

ご挨拶するのが今では一時帰国の楽しみの一つになっています。


あっと言う間の一年の流れではありますが、高齢者の一年は変化が大きいと

思いますので、お変わりないことを願うばかりです。


母もまだまだ元気である事を願って来年は、いつもの4月に一時帰国の予定を

立てたいと思っています。


来年は今年の様な事にならないように、今からでも来年のチケットを探して

いこうと思っていますが、オリンピックが近いのも影響して旅券が高くなって

いる傾向なんでしょうか!?


来年は、必ず格安チケットゲットしていつものように一時帰国を果たしますよー!



ビッグなサプライズ_50セントの重み2018/02/12

ビッグなサプライズ_50セントの重み

イタリアンレストランで働き始めて、丸4ヶ月ちょっとが過ぎたばかりです。


アメリカには最低賃金システムがあって、私が住むマサチューセッツ州では

時給11ドルに定められています。


週一金曜日に支給される給与ですが、先週マネージャーが、 あなたはよく働く

ので、一月末付けで50セントだけどアップしたと私に小声で言って来ました。


突然のまるで予期しないこのビッグなサプライズに戸惑いながら、

Thank you So So Very Much!!!


後から後から、じわじわ〜と、嬉しさが押し寄せてきて、家に帰って明細書の

数字を確認すると、まるで子供のように心の中がはしゃいでしまいました。


日本ではハードワーカー は当たりまえで、普通パートタイマーはまんず4ヶ月

ぐらいでは昇給しないんではと思います。 いや〜ここはアメリカなんだーと、

実感しました。きちっと評価してくれる職場につけてラッキーです!


もうですね、たかが50セントされど50セントの重みを、ずしーっと感じてます!


私が見込んだだけのキッチンマネージャーです。 彼自身も働き者で、かつ配慮と

人格のあるボスだからこそ、皿洗いの仕事でもやっていられるようなものです。

やはり、どんな仕事でも職場でも頑張れるのは、まずはボスの存在のあり方は

大きいと実感します。


多くのスタッフの人たちもとりあえずは問題ありませんので、

普通に悪くない雰囲気の職場につけた私は本当にラッキーだと思います。


この50セントの重みを噛みしめて噛みしめて、

これからも縁の下の力持ち皿洗いで、邁進していきたいと思います。

 
やったあ〜!



アメリカに生きる日本女性たちを垣間みて2015/10/19

アメリカに生きる日本女性たちを垣間みて
どちらかと言うと根無し草のように生きてきたような そして今も生きている私

それを強いて「生きざま」と表現するならば その行く果てのその「死にざま」

は というイメージ感が拭い去れないのが私の実態であるのかもしれません。

中学生の時から心理的葛藤の多かった私は「人生」をテーマにいろいろと本を

読んだり考えたりしながら未来の道しるべを模索していて その結果なんと

根無し草のような生き方をしてしまったのであります。


そんな私が何かの縁があって週末にバークシャーとバーモンドに在住する

日本人女性ばかりのランチパーティに参加することが出来ました。

アメリカに在住して3年目の私は前回を含めてこれで二度目の日本人ランチ会

となりました。前回は8名、今回は更に増えて13名のメンバーが集まりました。

私がここバークシャーでお会いした日本人は個人的にお会いしたお一人を含めて

これで15名となりました。こんなにも多くの方がこんな身近で生活されている

なんて夢にも思わず こうした形で会わない限り例え外で見かけていても

たくさん在住する中国人の1人なんだろうなで見過ごしてしまいます。


アメリカで仕事を持ち普通に生きている日本人の女性たちですが それぞれに

その人らしさが確立された人柄がなんだかいい感じで心に響いてくるこの感じは

一体なんだろうかと思うような印象のアメリカで長く暮らす人たちでした。

その年齢層も30代から80代と幅広く、自己紹介でかいつまんで話すそれぞれの

人生行路は興味深く感慨深く感動的でもあり なんだか私の気持ちは

高ぶりっぱなし しばらくその高揚感のような感覚は止みませんでした。


生温くないアメリカの競争社会でそれぞれのポジションで生きているその姿は

本当に自分のやりたいことへの向上心に満ちていてプロフェッショナルな意識感で

アメリカのこの地でしっかりと足をつけて生きていくのは並大抵のことではない

と思いますがそれぞれの形でそれを実践されている優秀な人たちだと思います。

パーティでの集まりに普段着の顔で笑顔を絶やさないまったく嫌味のない自然体、

日本ではなかなかご縁のないようないろんな要素を備えたステキな人たちとの

つかの間の触れ合いでしたが出会うべきして出会った人たちではないだけに

私の中でいつまでも余韻が残ってなんだか感慨深いのです。


バークシャー在住34年のこのパーティを企画してくださったお家から観る

この壮大な自然の豊かな広がりと手厚い接客と日本料理の数々に

時間を忘れるように気持ち豊かに過ごすことが出来ました。


広いこのアメリカのバークシャーに在住する人たちを引き寄せたこの現実のなかに

今一度私自身を見つめ直す機会を与えてくれているような何かがあった...

再び自分に向けてそれを手探りしていこうと思いました。





こうして、チョウチョウが目の前に現れた2015/10/10

こうして、チョウチョウが目の前に現れた
日本の友達から話を聞いたパム•グラウトの『こうして、思考は現実になる』に

好奇心がそそられ電子書籍でさっそく購入して まずは軽く読んでみました。


余談ですが、始めKindleで買おうとしたら国外の住所では受け付けず

住所を日本に変更したりしていろいろやってみましたが結果ダメでした。

他に何か方法があるはずで諦めずに調べていたら...GALAPAGOS STOREを

見つけて目出たくダウンロードすることができました。

著者はアメリカ人なので 相棒にパム•グラウト知ってる?

『こうして、思考は現実になる』って本知ってる?って聞いてみると

このたぐいの本は好きでないとあっさり言われてしまいました。

この本についてはすでにご存知の方々が多くいると思いますが

私は友達からこの本の情報を聞かない限りきっと今だに知らなかったと思います。

この本を読みながら、う〜んなるほど!

これらのことは無意識に私の内で若干はやってることかもしれない。

確かに人はゴール目指して一心に取り組むとコトがスムーズに流れだし

現実化されていくのは私のささやかなこの人生ですら振り返ってみても

納得で、そういうことだったんだと思えること結構あったりします。

善し悪しは置いておいて、私は目標を定めるとその集中力はかなりのものが

あったりで 人様に迷惑さえかけなければ自分の責任において極端な話、

何をしもいいワケで どちらかと言うと自由奔放な私が浴びる言葉は

”一体何考えてるの!”って常識の尺度で忠告されることが多かったと思います。

そんなコトも多々あったりして、

良し悪しは置いておいてが口癖の一つになっているのではないかと思います。


アメリカ生活を送っているのも長年描いていたことの一つでもあって

こうして現実化されている今を思えばいろんなことを含めて

理屈ではない何か超えた力に導かれているのかもしれません。


さて本題ですが、驚いたことが先日現実に起きました。

今回この本の実験を本腰を入れて実行したのではありませんでした。

この本を読み終えた私の頭の中に”1セント...チョウチョウ”かぁ...本気で

実験するならもう一度読み返さなきゃってくらいで私の頭の中を廻っていました。

そして、

10月になってからは気温もかなり低くなってきたこの時期ですが

快晴の昼下がり あまり行かない散歩コースの歩道をオータムと歩いていた時に

前からモンシロチョウが現れて私たちの頭上をヒラヒラと飛んでいきました。

春、夏を通してけっこう方々を歩いてる私ですが何故かアメリカではまだ

モンシロチョウを見たのは 1,2回くらいだったと思います。

私は思わず あっ!チョウチョウだと声に出してしまいました。

本当に目の前に現れたチョウチョウにマンベンの笑顔になっていたと思います。

まさしく童心に返ったように身も心も軽く踊った瞬間でした。

これを偶然と言ってしまえばそれまでですが、この本を読んだばかりの私は、

これって本気で実験すればマジでパム•グラウトが言う宇宙からのエネルギーを

もっともっと得ることが出来るんじゃないかしらんと思いました。

やりたいことは迷わず実行へとまっしぐらな性格の半面、挫折感の体験も

あるある私です。なのでもっと無駄なものをぬぐい去りクリアになって自分に

愛情が持てるようにこの本を参考にしてみるのも手かなと思ったりしています。


とりあえず、ざっと読んだ本を今再び読み返しているところです。

信じるも信じないも自ら体験しなければ結果は得られません。

パム•グラウトの『こうして、思考は現実になる』を

今すぐに実験9を実践するかどうかまだ心が決まりませんが、

もしもし始めるなら実験経過をブログに記載していくのも面白いかなと考えて

います。すでに実践している方も居ると思いますが、それぞれのビジョンと経過と

結果があると思いますのでこれはどれも興味深いのではないのでしょうか。

公開するのはちょっと気恥ずかしくもありますが ブログの範疇ですので

これもお楽しみの一つでちょっくら試してみましょ〜か!