優しいね2019/12/29

優しいね

今年のクリスマスイブの日は、通常は私のお休みの曜日なんですが、

スペシャル日なので出勤要請があり、11時から5時までの仕事になりました。


11時出勤ってちょっと中途半端な時間帯で、朝からそうそう食べられない私は、

とりあえずバナナ1本とコーヒーでいつものように済ませて、15分の休憩で

空腹感を補うつもりでエネルギーバーを2本持参して10時半に家を出ました。


今年のイブの客室は思ったよりも少なく、皿洗いの方はそんなに忙しくなかった

のですが、テイクアウトで待つお客の列は途絶えず、大忙しの様子でありました。

キッチン内は調理人がテイクアウトのためのフードをフライパンで次から次と

調理に追われており、ピザ部門ではキッチンマネージャーがヘルプで入るくらい

オーダーに追われバタバタしているその状況は戦場のような殺気立ち模様で...

声もかけられないようなシリアスな面々をみる感じでありました。


そんな中、私の皿洗いの仕事の方は想像してたような忙しもなく拍子抜け〜って

感じで、 お昼近くになっての空腹感...でも休憩は2時過ぎだろうな〜と....

フィリピンガールズに”朝あんまり食べてないから”お腹空いた〜〜〜”って

言ったらですね、 仕事の手を止めて更衣室へ行ってそれぞれに持参していた

スナックとミルクコーヒーを持ってきて、食べて、飲んで〜と、私に差し出して

くれるではありませんか、なんてなんて優しいこと〜、チョコレート一粒だけ

頂き、あとはその優しい彼女たちの気持ちだけを受け取りました!


ただ単にこれだけの事、ちっ〜とも特別な話ではないんですが、なんていうか、

たったこれだけの事で、なんだか彼女たちの温か〜い心持ちが伝わってきました。

なんつうか彼女たちって、仕事も休まず、バケーションも取らずひたすら働く

その印象は、純真で一欠片もズルさがないような控えめで大人しく、スタッフに

対しても、Thank you, sir. Thank you, ma’am.と言う、丁寧なその姿勢は

2年過ぎた今も崩しません。 因みに、私の場合はここで働くようになった時、

マネージャーとオーナーをどんな風に呼ぶべきか事前に相棒に確認して、

仕事に就いた時から他のスタッフ同様に普通に名前で呼んでいます。


国内経済の不安定さから多くのフィリピンの人達が海外で就労してその稼いだ

給与はフィリピンで暮らす家族に送金しているその生活形態は周知の通りですが、

彼女たちが8人で共同生活していることを聞いた時は、そのフィリピンにおける

現状を間近で知った印象を持ちました。


他国の戦争に巻き込まれ続け植民地として長年耐え忍んてきた歴史を持つ国に

生まれ育ち自然と心の中に培ってきたものでしょうか、人の心の痛みのような

ものに対する共感力の高さと言うか、そんな国民性から作り出されるような

さりげない優しさを彼女たちからさりげなく感じた今年のクリスマスイブでした。


ま〜 ひとえに国民性だけでは言えず、どんな国の人であっても性格はそれぞれで、

結局はその人たちの生まれ持ったものによるもんですね。


アメリカ人もやるんだぁ〜背後から”あっかんべぇー”2019/12/10

アメリカ人もやるんだぁ〜背後から”あっかんべぇー”

誰もが一度はやったことがあると思う、このあっかんべぇーポーズなんですが、

私の働くレストランのスタッフ間で、本気で後ろから放ったこのポースを

しっかり目撃して、「あーかんべ〜お前の母ちゃん出べそやっぱりお前も出べそ」

そんなガキ時代の頃をと思い出してしまうような懐かしさを見た感じでした。

(古い?)


いやいや〜、指で目の下を引き下げて、赤目こそ出さなかったんですが、

かなりかなり彼女の憎悪のこもった感じが伝わりましたねぇ。


ウエイトレスの彼女ですが、何かトラブルあったあとなんでしょか、

”I hate ○○○”と、ときどき私に名指しで呟いてきます。


その、思いっきりあっかんべぇーした時のこと、、、


気が向いたときのたま〜〜の事なんですが、何かのタイミングで、

疲れたしぐさの気安いスタッフだけに肩をマッサージしてあげるんですが、

これがですねぇ、皆んな興味ありありでウケるようですね。


比較的ゆっくりペースの週日のこと、いつも気が張っているような彼女の肩を

マッサージすると、バリバリガチガチに凝ってる肩ではありませんか〜


その様子を見た二人のウエイトレスが、私の肩はどう?で、寄ってきました。


私の働くレストランのウエイトレスはベテラン年齢が多く、70越えの人も

一人います。彼女は長年このレストランで働いて鍛えているのでしょうか、

足腰も全然劣っておらず、重たいトレイを普通に運んでます。

細身で小柄なそんな彼女なんですが、他の50、60代のスタッフに比べて

ガチガチ感もなく、その健常ぶりにびっくりしたりと盛り上がってるなかに、

多分50前後くらいのウエイトレスが興味深そうに寄ってきて、やっぱり私の肩

どう?って具合だったので、ガチガチだね〜で、ちょこっとマッサージして

あげた後、その彼女が去って行く時でした。


なんと〜突然に、その彼女の背後から思いっきり、あっかんべぇーした

ではありませんか!

いやいや〜、彼女のこと相当お嫌いなんですねぇ、


そのあかんべーした彼女が嫌う人たちって、確かに一理ありで…


特にその人って、なんつ〜か、横柄というか、、

だいたいが私も同じく苦手なタイプなんですわ〜


彼女は、どちらかと言うとそのまんまの真っ直ぐなタイプなので、なおのこと

ウエイトレススタッフの中では、何かと摩擦があったりするのかもしれません。


ちょっとすっとんきょうな面もあるんですが、下げたお皿をちゃんとトレイから

下ろして並べて置いてくれる彼女は模範的なウエイトレスだと、評価しています。

ウエイトレスでそこまでちゃんとやる人は数少ないのが実態で、 70の人、

あのあかんべーされた人は、これは自分の仕事ではないに徹しているのでしょ、

どんな状況でもお構いなくそのまんまボンと置いて去っていきます。

基本的にバスボーイが済んだお皿を引き下げてくるのですから、仕方ないのか

なとは思うのですが、中にはバスボーイでも、そのまんま置いて行ってしまう

のが居るのですから、やるやらないは、やはり面々の性格なんでしょう。


ま〜私も、時々べ〜したい感じもあったりするんですが…

私の場合は、あくまでも皿洗いの身分で、とりあえずは常に関わることは

ないので、幸いしているのかもしれませ〜ん。


自慢話しちゃおかな、こんなこと2019/11/30

自慢話しちゃおかな、こんなこと

サンクスギビングデーは、私の働くレストランも休日となりました。


前日の水曜は非番なのですが、出勤となり忙しいのを覚悟していましたが、

テイクアウト部門だけが忙しかったようで、客室の方は空き席も目立ち、

皿洗い係のニューボーイを指導するのには、ちょうど良いペースでありました。

やっぱり、

家族や親戚、友人やらが集う大切なサンクスギビングの準備で外食する人も

少なっかったんですね。


因みに我が家のサンクスギビングデーは、相棒のママが亡くなってからは、

質素に二人だけでターキーを食べてます。


そして、

いつもより1時間も早く仕事を終えて帰ろうとした時のことでした。


レストランマネージャーが不意に、こんなもの(上記画像)をくれました!

こんな詰め合わせで、21. 95ドルもするなんて驚いちゃいました。


しかし、どういう訳か、察する限りこれを頂いたのはどうも私だけのようで、

なんか〜、特別にご褒美もらったような気分で嬉しいじゃ〜ありませんか!


でも何で〜私だけに、、よ〜く考えたらですね、もしかしたらアレで、、、?


15分の休憩を終えて再び仕事に入る準備をしていると、私を探している

様子で私の名前を呼んでいて、そして私を見るなりに、女子トイレで

紙詰まりがしてるので...と、ご指名で掃除のお願いを頂きました。


つい私も”オーマイゴッド〜”と言いながら恐る恐る客室の女子トイレに向かうと、

オーナーも付いて来て、便器を凝視したまま私の作業の様子を見守っていましたわ。


大量のペーパーだけで、アレはなかったので、胸をなで下ろしホーッとしました。

ゴム手袋した手でペーパーを4回ほどすくい上げてから、例のラバーカップで

6回くらい繰り返したら、ようやく水が流れてくれました。


不意打ちのそんな事で、サンクスギビンの前日前夜に奮闘した一コマでした。


なので、もしかしたら、そんなこと含めた私の手際いいお手柄ってことかいな?

相棒は私がいつもGodJobな話をするので、ご褒美だねって言ってくれましたが、

このトイレ掃除の件は相棒には言っていませ〜ん。


そう言えば、、、

今回の件で随分前の事を思い出したんですが、ある高校生の皿洗い係が、

エマージェンシーでトイレ掃除をさせられたようで、どんな状況であったのか

知りませんが、その後、掃除道具を置いた場所が臭いで充満していました。

そんな事だったんだとゾッとしましたが、彼はよくやりましたね。そんな彼で

すが大学生になってからも仕事を続けピザ担当に落ち着き今も働いています。


誰かやらなきゃならないわけで、これってやっぱり底辺職の皿洗い係の

領域仕事になるんでしょうから、何かあればまたご指名が入るかも〜


ま〜どうあれ、レストランマネージャーから直々のご褒美です。

日頃の私の働きっぷりも含めて評価してくれたのも事実かもしれませ〜ん :)


自分では絶対に買わない、こんなお高いクッキーセットを、 Thanks giving〜!


ま〜そんな事だったんですが、、、こんな事を自慢しちゃおうかな〜なんてさ、

これってやっぱ、私の安上がり人生かいな〜?


そうそう、

この日のサンクスギビングに合わせて買ったこのエプロンなんですが、

ボーイ3人ほどが、それぞれ見るなり、そのエプロン好きって言ってくれました。

アメリカンボーイたちのこの反応と素直さにも、悪い気しませんね :)




レゲエヘアボーイがやってきたけど_私の働くレストラン2019/10/18

レゲエヘアボーイがやってきたけど_私の働くレストラン

アメリカのレストランで働き始めて早くも丸2年が過ぎましたが、

その間に、数多くのティーンエイジャーたちが入っては去っていきました。


ま〜、皿洗いだけに、人の出入りが激しいのが定めでもあるようです。


こうして常に当てにならないティーンエイジャーですが、16歳になれば働ける

わけで、千里の道も一歩からで、バイトデビューとして取っ掛かりやすい経験

不要な単純作業なので、次々とニューボーイたちを補足していくのは容易く、

質よりかは頭数揃えてってとこで成り立っている皿洗いの仕事でもあります。


そんな私の働くレストランでの皿洗い早番は、中年の男性たちが担当しており、

遅番では、フィリッピンガールズ2人+私で、当面は辞めない3人を確保して

いるので、とりあえずはなんとかなる洗い場で落ち着いていると思います。


私が働いている2年間だけでも何人の高校生と出会ったかな〜と思うくらい、

出入りが激しい職種でありますが、そんななかでも見込まれたほんの数人は、

ピザ作りかラインの助手にまわり今も続けている子が2、3人はいます。

だいたい使えそうな子はピザ担当かライン助手として起用されていくので、

その分また新人の皿洗いが補足されていくという流れであります。


ここのところ皿洗い新人が安定せず、バタバタするような洗い場の状況で、

数人のトロ〜ぃ新人に加え、新たに先週から一人補足されて、今回はどんな子が

やってくるのやら〜と、レギュラーパートの私は無関心ではいられません。


最初に古株の私に指導は任されますが、彼らの仕事への取り組み姿勢や私が言っ

たことへのリアクションを見ていれば、今後戦力になるかは、単純仕事なので

1日でだいたいは判断できてしまいます。

画像は実物とは異なります。

今回やってきた少年はレゲェヘアをヘアーバンドで一本に束ねた頭に黒のヘッド

ラップを着けて、その出で立ちはなかなかサマになっているではありませんか〜

そのヘッドラップ、私とおんなじだねと言うと、13ドルで買ったと言ったり、

そのヘアー、ミュージシャンみたいだねと言うと、前はギターを弾いていた

と言ってくれたりと反応も悪くなく、 仕事の段取りなどを指導するとですね、

色々と確認したり質問してくるレゲェヘア少年の仕事への責任感と熱心さを

垣間見るようなその仕事っぷりであって、この若さでちょっと今までに居な

かったタイプで好感が持てる感じであります。


だいたいはいちいち言わないと慣れるまでなかなか気が回らない子がほとんどで

ま〜それが普通の平均的な高校生なんですが、このレゲェヘア少年なんですが、

一度言ったことは全て覚えていて機敏に無駄なく動いて色んなことをすでに

効率よく処理してくれます。


オーダーストップの時間になると一人が掃除に入り、ほうきで掃いてモップ

がけをするのですが、どの子も初めてのことで使い方を見事に知りません。

日本ではどんな子供もホウキの使い方を自然と身につけているものですが、

アメリカ社会ではそんな習慣もなくどの子も生まれて初めて手にするほうきと

モップであるようで、掃除する事自体が初めての体験になるのでしょうかね。


レゲエヘアボーイはどこで覚えたか知りませんが、はじめっからホウキを

正しく持って掃いていました。


いや〜この子、容姿と性格だけでなく、なかなか仕事もいけそ〜じゃん、、

こんな子が少しでも長く定着してくれれば大いに助かるんだけどな〜と、

すでに期待してしまってますが、果たしていつまでやってくれるかな〜です。


わたしの働くレストランの分からず屋さん2019/08/21

わたしの働くレストランの分からず屋〜

職場の同じ皿洗い人との些細な些細ないざこざだったんですが、いやいや、、、

仕事のやり方が型通りと言うか、その融通の利かなさに呆れてしまいました。


昔ながらのやり方と決められた手順でたんたんと働くだけのこと、、

ま〜単純作業な皿洗いなので、もちろんそれで良いんですがね、、

しかしです、それでも状況の変化に応じてよりやり易く、可能なことは

臨機応変に改善していくことはどんな仕事にも必要だと思うんですがぁ


土曜日だけ3時から出勤する私と、早番の人と入れ替わりで若干関わるんですが、

見た目50代のアメリカ人男性でしょうか、私の挨拶に普通に対応してくれ

ますし、無口な印象なだけで特に人として問題はないのですが、なんとな〜く

彼と相性が良くないのか、小さな小さな衝突を場面場面で感じております。


引き上げてきたカップに残ったドリンクや水をバスボーイ達がプラスチック

製業務用バケツに捨てることになっていて、45cmくらいの高さのバケツに

氷を含んだ水が溜まってそれをバックヤードの奥地に設置してあるゴミ箱まで

運ぶのは女性にとってこれはかなり重労働になりますので、私が仕事を初めた

時に、マネージャーが満杯になったら男子に頼むように言ってくれましたが、

すぐに満杯になってしまうのをいちいち頼むのは面倒でもあり、

そこで思いついたのが、バケツ三分の一くらい溜まったら使っているシンクに

流して、レモン、ストローだけを拾い上げゴミ箱に捨てれば外まで行く手間も

重たいものを運ぶ労力も省けるじゃありませんかね。


私のすぐ後ろの位置で仕事しているキッチンマネージャーで、その処理法

について何も言いませんので、このやり方に問題ないってことになります。


ところが、キッチンマネージャーがお休みのある土曜日のこと、

早番のその男性、その処理の仕方を見てすかさず、外に設置してあるゴミ箱に

捨てることになっているから、ここに捨ててはダメって言ってきました。

満杯になったバケツは私には重たいので運べないと強調して言うと、

誰かに頼めばと言うだけの彼に、なんだかなぁ〜このオッちゃん、、、

(ならば自分が引ける前にバケツを空っぽにしてくれてもいいんじゃん)

とは、内心思ってもさすがに口に出しては言えませんね。


それからでしょうか、毎回土曜日、私をなんとなく監視してるような感じでも

ありますので、彼が退社するまでバケツには手をつけないようにしていました。


そして、先週の土曜日のことでした。

コンテナに氷を張り各野菜をカットしたものを冷やすために使用したその氷を

営業が終わってからステンレスザルが置いてある流し台に捨てるところがあって、

ここまでなら私にも運べると思い、最近ではそこに捨てるようにしていました。

私がそこに捨てている時に、事前に私の動きをチェックしていたのか、

すでに私のすぐ側に来ていて、すかさずここもダメと言ってきたので、

間違ったことはしていないと確信ある私は、彼によ〜〜く説明しました。


氷を手に取り、これはここに捨ててあるものと同じ氷ではありませんか?

こうしてストロー、レモンなどを拾ってゴミ箱に捨てれば残りは同じ氷と水だと

思うけど、これが何か問題ですか?


しかしですねぇ、彼は断固として、外に捨てることになっているので

ここには捨ててはいけないと突っぱねます。

いや〜いや〜この男性の頭の硬さに呆れてしまいました〜

ならば、私はキッチンマネージャーに確認すると言うとですね、

彼はオーナーに確認するといい、と言いますので、

私たちのキッチンマネージャーに私は確認すべきだと言い返しているところに、

ちょうどオーナーの息子になるレストランマネージャーがやってきたので、

私はすぐに彼に説明して確認すると即答で問題ないと言ってくれました。

そもそもここに溜まった氷も仕事の最後の大ゴミ出しの時に一緒に捨ててしまう

ものですので、例えゴミも一緒に含まれていたとしても何の問題もないんですわ

しかも、このシンクのお掃除も私たちがしてる訳であって、、

当ったり前ですね、これは誰が考えてもみても問題ないってことになります。

普通に考えて問題ないことにとやかく言われては誰だって気分よくないっすね。


その後、引けていく彼に”Have a good one”といつものように挨拶すると、

一応いつものように対応してくれましたがね


そうそう他にも思い出したけど、、

祝日の超〜忙しい時に一緒に仕事をやったその時にも彼のそんな一面が

出てましたっけ

気合いを入れてやらないとこれは追いつかなくなると思った私は、どんどん

私のやり方で処理し始めました。すると、その私のやり方が気に入らないのか、

ボソボソとあれこれ言うので私も言い返したりと、そのやり取りを聞いていた

真後ろにいるキッチンマネージャーが、彼女は遅番で仕事しているので

よくわかってるから心配ないって言ってくれてました。

(なんてたって、気配り目配り&作業の早い私は皆んなに頼りにされています)


あとこんなこともありましたっけ

汚れたお皿を洗浄ラックに置いていくんですが、この洗浄ラックがかなり使い

こなしたものを使ってます。忙しい時は待った無しで手早く処理していかないと、

全ての流れに支障をきたしてしまいますので、ラックを選んでいられないくらい

てんてこまい状態の中で、朽ちかけたラックをセットしてすでにお皿を置き始め

たそばから、このラック嫌いだからと、それを外してしまった彼でした。


これらのお皿を処理していくのに…そんなこと言ってる場合じゃないじゃん、

内心Baっカじゃないの〜って呆れてしまいましたが、ま〜ある意味マイペース

な人なんでしょう

ぜんぜん威圧的な人ではないですが、ちょっとネチッこいのもね、、

このオッちゃんとは早番と遅番で仕事の時間帯が違うのが幸いしています。


随分前〜に、オーナーから早番出来る?って聞かれたことがありました。

もし、引き受けていたら、ここでの仕事続かなかったかも!

そもそも早番は朝7時半からですので、朝の早いのは苦手なので

即答で出来ませんとお断りしたのは大正解でした!