アメリカで初体験ボステリオフ会2017/02/01

アメリカで初体験ボステリオフ会

日本でも経験したことのない初のアメリカ版ボステリのオフ会に参加しました。

私たちにとっても愛犬オータムにとっても胸を膨らませてそれはそれは楽しみに

していて、スペシャルな日曜日になるに違いないと信じきって出向きました。


集合時間10時になっても誰一人やってこず、”もしかして場所間違った〜?”

のんびり過ごすには寒いし、15分過ぎても誰も来なければ引けようと言って

いる時に、ボステリを3頭乗せた車がやってきたのでした。3頭の飼い主は

主催者で、今日は21頭のボステリがやってくるとのことで、Wow〜!









それから次々やってくるわやってくるわ〜夢のようなボステリオンパレードに

感動が止まない私でした。ここまでは良かったのですが、フェンスも何もない

広場で12頭くらいのどの犬もノーリードになって走るは吠えるわ〜

新顔のオータムが気になってか、しつこく付き纏い吠えるわ〜

うぅ…オータムも仲間に入れさせたいけど、ここで放してしまって万が一の時に



コントロール出来なかったらと相棒も私もオータムをノーリードにすることが



出来ずになんだかオータムだけがリードにつながれたままではやっぱり可哀想



でした。ある飼い主さんから以前ここでフリーにしていてどこかへ行ってしまい



3時間も探したことがあったいう話をしてきました。わ〜怖っ!



不完全燃焼状態で可愛そうだけど迷子にさせるよりいいと私たちだけが浮いて



しまっていましたがそのまま同じところに佇んでいました。



ボール遊びに興じるボステリたちを目で追っかけて健気にもじーっとボールが

飛んで来るのを待っていてひとたびゲットすると自分のハンデが分かってるのか、

(向かって左にライトグレーのボステリ)

くわえたままで決して離そうとせずかなりムキになっていました。

一頭だけ側でやたらオータムに向かって吠え続けるのがいたのですが、オータム

まるで眼中にもなく動揺もせず興味あるのはボールだけで全く無視していました。

集団の中で何されても怒らない構わない終始そのマイペースさを崩さないその姿

やら、数頭がやたら吠えて止まず(ボステリってこんなやかましかった?)

テンション上がりっぱなしで(ボステリの特徴の一つ?)意外に乱暴なボステリ

もいたり、どんなに無視されてもオータムにひつこくからもうとしたりで、

集団の中で犬の性格も様々で人間と似たり寄ったりですわ〜

(ちょっとライトグレーに見えにくいですが後ろ姿の犬がそうです)

ちゃんとした写真を撮り損ねていましたが、なんとライトグレーの顔も整った

ボステリはまだパピーで愛嬌あってどの犬にもゴロンしてお腹見せていました。

人間同様に日頃の運動不足なんでしょうか、あとはやっぱりアメリカのボステリ

は飼い主が肥満だと愛犬も同じような傾向に...


とうとう相棒に限界が来て帰ろうということになり、21頭勢ぞろいする前に

早々とたった45分で切り上げてしまいました。


期待外れと言うか不完全燃焼と言うかそんな感じで終わった初のボステリオフ会

となり、やっぱりフェンスのない場所での安全性はないと走らせることができな

かった私たちは過保護すぎるかもしれませんが、広場から森の中へはつながって

いるので万が一ってことの方の心配が強いので結果仕方ありませんね。


日本では設備の整ったドッグランで解放しておもいっきりジャズを遊ばせて

飼い主共に楽しんだものでした。アメリカは結構ノーリードが普通だったりで

このスタイルのオフ会はもう参加することが出来ず残念です。

これを機に早速オータムのためにフェンスのあるドッグパークを探してみました。

ドッグパークは幾つかあるようで、今度どんな環境なのか下見に行ってみます。



幸福を感じやすい私の脳は安上がり2017/01/10

幸福を感じやすい私の脳は安上がり

週末は一日中降り続き本格的な雪となり翌日にはドカーっと積もりました。

気温も氷点下12℃まで下がり日中も氷点下5、6℃くらいまでしか上がらず

かなり寒い寒い大雪を伴った寒〜い土日となりました。


月曜の朝は、さらに気温が下がって6、7時頃は氷点下23℃になっていました。


雪だ寒いからって家にこもっていたらもったいない、クロスカントリースキーと

スノーシューも持っているのだからやらない手はないと雪に反応する私の脳です。


吹雪く中を近くのビーチに沿ってあるグラウンドでクロスカントリースキーへと

繰り出しました。 相棒は日頃の運動不足のせいでしょうか、昔のような勢いは

なく慎重になっている様子がうかがえます。


前の住まいの近くにあったケネディーパークのような自然の森の中で味わうよう

な爽快さはありませんが、小さな小さな林の中には若干の起伏があったりして

十分な運動になって気分も良くなれました。


私の脳は安上がりなのか、運動するだけで幸福感に満たされています。


翌日は快晴の中、スノーシューを付けてパウダースノーの上をリズミカルに

サクサクと気持ちも軽やかにグラウンドを数周してみました。

短時間で結構な汗をかきます。これだけのことで達成感と気分の高揚が得らる

私の安上がりの脳であります。


単調な日課のウォーキングでは、いろんな発想を展開させながら歩きます。

いつもの見慣れた風景の中での小さな発見から得るイマジネーションだったり、

たったこれだけのことなんですが、心のバランスを保つのに役に立っています。


日常生活なんて同じような作業の繰り返しで退屈しがちであって、そうそう変化

は得られませんが、たとえマンネリ化した日常でも視覚からの情報を求めて外へ

繰り出して意識的に想像力を働かせるようにすれば結構、あっちこっちと転がっ

ているネタを感知したりで、全くお金をかけないでも刺激効果を得たりして、

なんて私の脳は安上がりにできているでしょ〜かと実感するこの頃であります。



ちょっとした変化が嬉しくなる2016/12/18

ちょっとした変化が嬉しくなる

朝起きて窓から外をのぞくと、すでに辺り一面真っ白になっていました。


朝一の散歩でオータムに久しぶりのゴム靴を履かせて外へ出ると、

子犬のように雪と戯れ、はしゃぎはしゃぎ弾けながらオータムも

私同様にレノックス時代を思い出していたでしょうか。


久しぶりの雪にスノーシューでウォーキングを開始して、 ビーチ沿いにある

公園とグラウンドを覆った雪の上をサックサックと踏みながら歩きまわり

これだけで汗を掻くので雪の日のウォーキングは持ってこいのエクササイズに

なります。 レノックスに住んでいる時は、早朝の歩道をクロスカントリーで

颯爽にエキササイズしてる人も居たりで、雪の多い地域ではそんな光景は普通の

ことでしが、この地域の様子はやはり違っていて、週末いつも会うランニング

している人たちもウォーキングしている人たちも今朝は見かけませんでした。


こんな日にふさわしく目先を変えてスノーシューで歩いてみれば様になってか、

車の中から通りすぎながらGood!サインを出してくれる人もいました。


次はクロスカントリースキーをしようと相棒も誘いその気になってくれていた

のですが、残念ながら10時過ぎた頃には、雪から氷晶雨になってしまいました。


本格的な雪景色にスノーシュー、もちろん前のようにケネディーパークでやる

ようには満喫できませんが、それでも積もったばかりの真っ白な雪の上を軽快に

サクサクサクとリズミカルに歩くのはなかなか気分がいいものです。


日常にいつもと違うことを少しやるだけでも気分が改善されたりします。

やっぱ同じところばかり見ていては視野も狭まりモノも見えなくなったりで、

こんな時には目先を変えて気分転換を図れば何か新しい発見があったりしますね。



欲張らない期待しないが秘訣かも2016/01/19

欲張らない期待しないが秘訣かも

実は内心、つい相手にこうしてほしいこうあって欲しいと期待してしまうことが

有りがちな私なのかもしれません。なので、自分の思うようにならないと

一方的に苛ったり失望したりでマイナス思考に陥ったりしているのだと思います。

私がすねてしまうのは 相手に期待し過ぎる結果なんだと思えば、

自己反省をこめて少しは気持ちを改めていけそうな感じがしてきました。


そして実感として、

この週末に、相棒との関係を円満に保っていけるような感覚を得ました。


スノーシューハイキングの前に、"Walk in the Woods"の企画通知が

追加で入り、散策のような感覚の内容なので、試しに相棒も誘ってみました。

相棒もこれなら無理なく参加出来そうということで、Ice Glenn Loopでの

ウォーキングに さっそく私+1人で参加申込をしました。


家から車でたった15分くらいのところにこんな所があったなんて

今の今まで知らなかった私たちでした。森林なんてどこも同じようですが、

初めてのところは未知なわけで新鮮でワクワクな気持ちにしてくれます。


ここは昔は鉄道が走っていて1930年頃に廃止されたそうです。

このレールとHousatonic 川に沿ったトレイルをのんびりペースで歩き、

新鮮な空気を楽しむためのウォーキングでした。


相棒に軽いウォーキングだからと説明したのですが、森の中では何が起こるか

分からないと相棒けっこうしっかりとした出で立ちで出向きました。


2人で森へ行くのは久しぶりでちょっと懐かしく嬉しい気分になりました。

相棒も新鮮な場所と人々と空気にふれてリフレッシュ気分で嬉しそうでした。

出始めには、一番後ろに付いていた私たちは顔を見合わせ手をつないだりして、

環境変われば気持ちも変わるで、やっぱりこれって大事なことでありますね。



↑download picture ムジルリツグミ(ブルーバード)

全体が青い色だったのので、たぶんこの鳥ではないかと思いますが......

まったく定かではありません........

途中、いつも行くケネディーパークでは見たことのない、美しい青い鳥が

何羽も枝に停まったり飛び交っているのを見て不思議な気持ちになりました。

この時これを見たのは凍って滑る箇所がある道を先に行っていた私だけでした。

写真を撮りたかったのですが、すばやく撮れませんでした。何度かシャッター

チャンスを狙っているうちにどこかへ飛んでいってしまいました。

こうした自然に満ちた森の中では、私にとっても神秘的なあるいは不思議な

空間に引き込まれるような体験をしたりすることがあります。



たまに、こんな無理のないウォーキングも企画するようで、

無理のないウォーキングには相棒も参加したいと言ってくれました。

これで2人で共有する楽しみが少し持てそうです。

決して欲張らず、相棒と私たちの関係も少しずつウォーミングアップ

してバテない体力とめげない夫婦関係を見直していけたらと思います。


そして、

日曜の雪で昨日の朝は絶好のクロスカントリースキー日和になりました。

朝のウォーキングで下調べして、午後に一人で行くつもりでした。

帰ってきてその準備をしていると、相棒なんと少しだけでもいいなら

クロスカントリースキー一緒に行こうと言ってきたのでした。


少しだけの距離でしたが、2人でクロスカントリースキー気分を

楽しむことができました。この歩み寄りがいい感じであります!


欲張らずに無理なことさえ期待しなければ、こんなにも平和で温和な気持ちに

なれて良い関係が保たれます。
人に期待さえしなければ、相手に歩み寄れば、

楽しみのひとときを共有しあえます。すねていないで向き合う努力が大切ですね。

今週末はどうやらまとまった雪が降る予報になっていて、

スノーシューハイキングが出来そうです。これには相棒不参加ですが、

メンバーの皆さんとMeetupして楽しみたいと思います!



Meetupしてアメリカで人との交流目指そぉ2016/01/15

Meetupして アメリカで人との交流目指そぉ

そもそも日本でもどこでも大勢集まる団体行動が苦手なわたしは、

こういった類いのコミュニティ活動は視野に入れていませんでした。

しかし、

単純に言ってあまりにも単調な日々になってきてつまらなくなってきたこの頃。


一人で歩く森の中も、けっこう慣れてしまい どこまでも自分ペースで

楽しめるのが私に合っているようで、すっかり日課の一つとして定着して、


それはそれでいいのですが、ただただ一人歩きだけする日々だけではなんだか

味気ないようで、ここのところ余暇で過ごす楽しみごとからすっかり遠ざかって

しまったような生活であって、なんとなく見直し始めていました。


相棒に無理のないコースで一緒にウォーキングしようと誘っていますが、

なかなかタイミングが合わず実現しないのが現状です。

いつも忙しいような、あるいは頭痛日かで、相棒を当てにしても今のところ

何も始まりません。始めは相棒抜きにして自分だけ楽しんでは申し訳ないかな

とも思い躊躇っていました。しかし、一緒になってインドアだけしていても、

DVDを観るかそれぞれに本を読んでいるか、パソコンに向っているかぐらいで、

それだけではなんとなく物足りないような感じでいました。



暫く行っていないハイキングらしいハイキングにも行ってみたいのですが、

これだけはさすがに一人で行く気になれません。


そこで、試しに何かめぼしい活動はないかなと検索してみました。

今まで知らなかったけど、meetupってのがあったんですね。

さっそく、あるHiking Groupのメンバーのビギナーで登録しました。

ちょうど今月にスノーシュー(雪があれば)ハイキングがあったんです。

それから相棒に、登録したけど...これに参加しても問題ないか確認してみました。

『OK』でした。



さっそく、

昨日から降った雪のあとの今朝のケネディーパークへ出向き、

スノーシューで休憩なしの2時間をばっちりトレーニングしてきました。

なんとかついていけそ〜かなぁ...


昨日まで続いた強風、森の中でも必ず1本や2本と大木が折れたり

根こそぎ倒れていることは珍しくなく そんな光景にも慣れてはきましが、

やっぱり自然の猛威は怖いと思うので風の強い日は避けた方がよいのかも。


朝は氷点下11°で体感は氷点下16℃くらの表示でしたが、森の中での天気は晴れ

渡り、それだけでどこまでも自然が心地よく一人の孤独感も恐怖感もありません。


この気温は東京育ちの私には想像を絶し以前の私には考えられないことですが、

このアメリカ生活3年で鍛えましたのでもう大丈夫!


今のところ私を入れて9人くらいが参加予定です。

ハイキングもスノーシューもビギナーの私ですので、初めて合流するグループに

付いていけるように、日々のトレーニング欠かせません。


これでちょっとはメリハリのあるアメリカ生活が送れるようになるかな。