アメリカで初体験ボステリオフ会2017/02/01

アメリカで初体験ボステリオフ会

日本でも経験したことのない初のアメリカ版ボステリのオフ会に参加しました。

私たちにとっても愛犬オータムにとっても胸を膨らませてそれはそれは楽しみに

していて、スペシャルな日曜日になるに違いないと信じきって出向きました。


集合時間10時になっても誰一人やってこず、”もしかして場所間違った〜?”

のんびり過ごすには寒いし、15分過ぎても誰も来なければ引けようと言って

いる時に、ボステリを3頭乗せた車がやってきたのでした。3頭の飼い主は

主催者で、今日は21頭のボステリがやってくるとのことで、Wow〜!









それから次々やってくるわやってくるわ〜夢のようなボステリオンパレードに

感動が止まない私でした。ここまでは良かったのですが、フェンスも何もない

広場で12頭くらいのどの犬もノーリードになって走るは吠えるわ〜

新顔のオータムが気になってか、しつこく付き纏い吠えるわ〜

うぅ…オータムも仲間に入れさせたいけど、ここで放してしまって万が一の時に



コントロール出来なかったらと相棒も私もオータムをノーリードにすることが



出来ずになんだかオータムだけがリードにつながれたままではやっぱり可哀想



でした。ある飼い主さんから以前ここでフリーにしていてどこかへ行ってしまい



3時間も探したことがあったいう話をしてきました。わ〜怖っ!



不完全燃焼状態で可愛そうだけど迷子にさせるよりいいと私たちだけが浮いて



しまっていましたがそのまま同じところに佇んでいました。



ボール遊びに興じるボステリたちを目で追っかけて健気にもじーっとボールが

飛んで来るのを待っていてひとたびゲットすると自分のハンデが分かってるのか、

(向かって左にライトグレーのボステリ)

くわえたままで決して離そうとせずかなりムキになっていました。

一頭だけ側でやたらオータムに向かって吠え続けるのがいたのですが、オータム

まるで眼中にもなく動揺もせず興味あるのはボールだけで全く無視していました。

集団の中で何されても怒らない構わない終始そのマイペースさを崩さないその姿

やら、数頭がやたら吠えて止まず(ボステリってこんなやかましかった?)

テンション上がりっぱなしで(ボステリの特徴の一つ?)意外に乱暴なボステリ

もいたり、どんなに無視されてもオータムにひつこくからもうとしたりで、

集団の中で犬の性格も様々で人間と似たり寄ったりですわ〜

(ちょっとライトグレーに見えにくいですが後ろ姿の犬がそうです)

ちゃんとした写真を撮り損ねていましたが、なんとライトグレーの顔も整った

ボステリはまだパピーで愛嬌あってどの犬にもゴロンしてお腹見せていました。

人間同様に日頃の運動不足なんでしょうか、あとはやっぱりアメリカのボステリ

は飼い主が肥満だと愛犬も同じような傾向に...


とうとう相棒に限界が来て帰ろうということになり、21頭勢ぞろいする前に

早々とたった45分で切り上げてしまいました。


期待外れと言うか不完全燃焼と言うかそんな感じで終わった初のボステリオフ会

となり、やっぱりフェンスのない場所での安全性はないと走らせることができな

かった私たちは過保護すぎるかもしれませんが、広場から森の中へはつながって

いるので万が一ってことの方の心配が強いので結果仕方ありませんね。


日本では設備の整ったドッグランで解放しておもいっきりジャズを遊ばせて

飼い主共に楽しんだものでした。アメリカは結構ノーリードが普通だったりで

このスタイルのオフ会はもう参加することが出来ず残念です。

これを機に早速オータムのためにフェンスのあるドッグパークを探してみました。

ドッグパークは幾つかあるようで、今度どんな環境なのか下見に行ってみます。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://walk-myspace.asablo.jp/blog/2017/01/31/8343724/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。