フードシックに嬉しい日本ソウルフード2015/09/07

フードシックに嬉しい日本ソウルフード
半月以上もブログをサボってしまい すっかりとご無沙汰しています。

予定が多かったバタバタ8月もあーっと言う間に過ぎ去り 9月になって

やっと通常の生活へと戻りつつあります。

日中は気温が上昇して真夏日ですが 朝晩は随分と涼しくなってきました。

今年も昨年同様に雪が多ーい寒ーい冬になるらしいです。:(


まだ気候がいいこの時期の9月下旬にNYCへ行くことにしました。

ホテルは高く今回はUpper West SideでAirbnbを予約してみました。

2泊3日だけのショートステイですが、一人ペースで楽しみたいと思っています。

今回は夜のジャズクラブへひとりで行ってみるつもりです。



前置きはこの辺にしまして、

昨日、日本のこころソウルフードが届きました!

お礼のメールを送ったら返信されてきた内容に泣けてしまいました。

そのまんま一部をペーストしました。


無事に届いてよかったです!私も初体験でしたからドキドキでした。いつもブログ拝見していて、日本食恋しくなるのは当たり前のこと。何か心温まるソウルフードなるものを届けたいと思いました。実家から届くような感じの。痛まないもので~なんて考えてたら、ちょうど保存食作りの季節だったのでそれにしました。らっきょう、手作りのは美味しいでしょう?一度作ったらハマっちゃって毎年作るようになりました。ゆかりは、今年のは色がよくないですが味は変わらないです。お弁当のご飯にかけると食べる時はきれいな色になってるので、ご飯に混ぜておむすびするといいかもです。また何かあったらお届けしますよ。


以前、母のグループホームでお世話になっていた初代の管理者の方です。

実家から届くような感じの...まさしくそんな心遣いには、 辞められた今でも

施設の母たちや私たちを気に留めてくれているのが伝わってきます。

本当にありがたいことです。

以前はあまり好んで食べなかったらっきょうですが

このらっきょうマジで美味しいです!

ちなみに相棒は口にして吐き出してしまいました。よかった独り占め出来ます:)


親のもとを離れて親のありがた味が身にしみるように 日本に住んでいる時は

特別でなかった食べ物たち 日本を離れて分かるその質素で伝統的な日本食は

五臓六法にしみわたり心身とも元気になる味わいなのであります。

これらはアメリカ生活では最高のご馳走です。



揺らぎ揺らぎ癒されるとき スカイランタンと焚き火2015/09/09

スイス在住20年で仕事の拠点をこのマサチューセッツに移すのに移住してきた

海外生活の長ーいお友達に先日頂いた美味しいラッキョウをお裾分けしたく

メールしたところ夕飯後にランタン飛ばしをするので来ないかとお誘いがあり

夕飯を済ませて相棒と出向いていきました。



去年初めて訪れたときは、日が沈み辺りは真っ暗状態でその道中の様子や

家の周りの様子も焚き火以外は分からないままでしたが、

今回は日暮れの少し前に行き 広〜いヤードにシンプルで可憐な一軒家を目にした

その贅沢観な情景はまるで聖地にトリップしてきたような感じでもありました。

焚き火がすでに用意されていて 日が落ちる前の深い青空に放すスカイランタン

の揺らぎながら象徴的な波動を残して天高く登っていく光景につい願い事を

唱えてしまうような心境になりました。

この日は空が澄み渡りそのくっきりと輝く星を久しぶりに堪能したのでした。

自然のなか揺らぐだけの時を静かに共有し合うのもなかなかの味わいであります。

一カ所にじっとしていられない相棒なのですが この夜は帰ろうと言わず

相棒にとっても居心地がよく揺らぎ揺らぐスカイランタンと焚き火に癒され

リラックス出来た場所と時になったようでした。


P.S.

しかし、この時期と時間帯に自然の中で身をさらすと!

暑いこの頃でうっかりと身をガードするのを忘れた私は10カ所以上も蚊に

刺されてしまいました。私は蚊に刺され易い体質で今年は特にそのキズアトも

痛ましくそれで、 蚊に刺されやすい体質を調べてみました。


お酒を飲んでる人  体臭の強い人 (どっちも当てはまりません)

そうだったんだ〜!? 蚊はO型の血液が好物だそうです。

マサチューセッツではこの時期は草むらや木の葉に潜むダニに要注意です。

怖ーいダニ感染症で身近で聞くライム病があります。

スカイランタンに願いを込めてオータムも私も今年も無事に過ごせますように!



身近で不思議発見!驚異な現象 Balance Rock2015/09/10

身近で不思議発見!驚異な現象 Balance Rock
日本の友人が私たちのアパートに滞在中のときに隣町にあるOnota湖に行く

つもりが 道に迷ってしまってしまい偶然に行き着いたのがこの場所でした。

恐らく地元の人たちが知るだけで特に観光地にもなっていないような

普通の森にあるBalance Rock Parkのようでした。


そこで地元出身の個人レッスンのパット先生に聞いてみました。

マサチューセッツの自然保護課によって維持されている森林の一部で

恐竜が生存していた頃の一万三千年前の最後の氷河時代の残存物らしいです。


それとも巨大隕石の衝突に伴う複数の隕石が降り注いだ一つ???


しかし、どうしてこうも不思議にも地面から突き出ている小さな岩の上で

165トンの巨大石が信じられないほどの均衡が保てているのでしょうか???

風化していく過程でバランスが崩れることはないのでようか???

PittsfieldのLanesboroughの地にまるで超強力接着剤で付けられたようなワザ...

高度な文明を持った宇宙人の仕業なのでしょうか???

岩は落書きで覆われていて因みにパット先生の旦那さんも

1950年代の子供の頃に名前を彫り込んだらしいです。



私たち2年もここで暮らしていますが、

Balance Rockのこと誰からも聞いたこともなく全く知らないことでした。

きっと自然の力に引き寄せられたんだと思います。



人間バランスロック おまけ版2015/09/11

人間バランスロック おまけ版
ここは、Great BarringtonのMonument Mountainの頂上です。

私のお気に入りのこの山を日本から来た友人と軽くハイキングしました。

晴天に誘われるように友人がこんなポーズをとりはじめました。

私のように岩の上に立ち360度の雄大なパノラマにため息しながら

こうして時間の流れを忘れて堪能する人々がほとんどだと思いますが、


彼女は、

こうしてGreat BarringtonのMonument Mountainの頂上での

パフォーマンスアート(初の?)を繰り広げるユニークな友人です。


そこに川があれば そこに滝があれば そこに湖があれば 水の中に入っていき

死んでもいいという覚悟で湖2カ所と滝1カ所で水と戯れる彼女でした。


規制されない自由な発想と感性で自律と自立を目指す今後の活躍を

楽しみにしている彼女の多くの友人の中のひとりの私であります。



映画「A Walk in the Woods」を観た2015/09/15

映画「A Walk in the Woods」を観た
アウトドアが好きな23歳の次男からおすすめ映画情報をメールで受取った

相棒で、さっそくに土曜日の夜に観に行こうってことになったのでした。



いつもはガラガラの映画館なのですが 私たちが出向いた時にはすでに

多くの観客が席につき上演前にはなんとほぼ満席状態になっていました。

場内を見渡すとやはり50歳以上の中高年層がほとんどで映画の内容を全く

知らなかった私は”うぁ〜ロバート•レッドフォードの人気は衰えてな〜い”

と思った私も結構以前は好きで「明日に向って撃て」から「モンタナの風に

抱かれて」くらいまでの作品は何度となくよく観ていました。

映画が始まって久しぶりにみたR•レッドフォードに ちとショックを受けて

しまいました。精悍でハンサムだった...確かに中年以降はやたらシワっぽく

なっていたのは記憶にあるけど...

最新のR•レッドフォード すっかりと老人っぽくなってしまいました。

↑2010年 相棒 in Japan


さてさて、これはコメディドラマだったんですね。

笑い笑い笑いに湧く場内で 私も結構マジで笑ってしまいました。

そ〜遠くない自分の姿をこの2人に照らし合わせて我ら中高年だからこそ

その可笑しさあらゆる痛みが分かり分かち合え共有できるのでした。

R•レッドフォードの役どころと見た目すべてが対照的なニック•ノルティの

演じるなんともコミカルなキュートなおじいさんの存在はかなりの頻度で

笑いを誘ってくれました。


↑2010年 相棒 in Japan


誰もが遅かれ早かれ老化していくことは避けられませ〜ん。

しかしです!

やはり感性と冒険心は幾つになっても発見できるのだと言うメッセージを

この映画のレッドフォードとノルティが老体にむち打ちながらその可能性を

届けてくれる映画だと思います。


↑2011年 私 in Japan


生涯青年の心を地で行くような印象のR•レッドフォードと現実での見た

目の老化とのギャップにはちょっとショッキングな感じもありましたが

幾つになっても老いても冒険心と夢を追い求める感性に年齢制限はなく

ありがちな年寄りの概念を見事に打ち破ったR•レッドフォードだと思います。


見た目すっかりとお爺さんになってしまったR•レッドフォードですが

生涯心の青年俳優の今後の役どころを楽しみにしたいと思います。

P.S.

一昨年私たちもグレイロック山をハイキング中にアパラチアン・トレイルは

アメリカ東部のジョージア州からメイン州にかけての14州にまたがる

約3,500kmの長距離自然歩道のほんの1.5kmほどハイキングしたのでした。

↓ ↓ ↓

気分転換にアパラチアン・トレイル1.5kmのハイキング