私のニューヨークウォーキング2日目 ローマ法王もNYC入り2015/10/01

私のニューヨークウォーキング2日目 ローマ法王もNYC入り
NY2日目の朝、

気が張っているせいか寝不足にも関わらず元気に飛び起き、まだ寝静まってる

ホストのNinaでしたので キッチンで音を立てないようにブレックファストを

済ませて8時半頃にはアパートを出て行動開始で〜す!


この日はセントラルパークを散策しながら抜けてE 59th St.の Lexingtonへ向かい

地下鉄Nラインに乗って まずはクイーンズ地区のロング・アイランドにある

Isamu Noguchi Museumを予定しました。

アパートからすぐのセントラルパーク通りに出ると なにやらもの騒がしく

そこかしこの警察の警備態勢に通りにはすでに蟻集団のように多くの人々が

集まり出していました。ローマ法王のパレードへ向けての準備でしょうか

セントラルパークの入口も通行止めになっていたためコロンブス通りへ迂回して

群衆を避けながらLexington通りまで歩いていきました。

朝も早よからどこも商魂たくましいですね


Nラインの地下鉄から25分くらいの乗車で Broadway 31St.で下車です。

下車する駅さえ間違えなければあとは聞きながらもなんとか行けてしまうので

方向さえ間違えないように英会話の勉強と思い私は聞きまくって現地へ向います。

クイーンズ地区は生活感のある普通の町でこんなとこでどこにあるんだろ〜かと

民間の自動車修理屋さんの前に居たおじさんたちに 、

" Isamu Noguchi Museum は こっち方面でいいの?"

どうも私の Museumの発音が悪く聞き取れないのか分からない様子で...

何度も" Isamu Noguchi Museum”を繰り返す私に ”Oh〜, Museum!” 

”そぅ! Museum! 私の発音が悪いのね”

Oh, No Problem! そこ左に曲がったとこにあるよ”ってな具合でほとんどの

人たちが感じよく教えてくれる頼りになる地元のナビゲーターさんたちであります


次にマンハッタンの ロウアーイーストサイトの235 BoweryにあるNew Museum

of Contemporary Artを目指し Prince St.駅から南下してチャイナタウンへ

入り235 Boweryへ向かいました。つう〜か聞いた方向へ行けば方角間違えて

なんと結果的に遠回りになってしまったんですね。同じ通行人を捕まえて聞くと

こうして間違えることもありで 歩けど歩けどBowery通りに出ないのでチャイナ

タウンでお店に入って聞くとまだ3ブロック先だよ〜と やっとBowery通りに

出てほっ!左折してしばらく歩いていくと右側に漸く見えてきました〜

この新現代美術館は日本人の設計によるものらしいです。ユニークな建物なの

ですが何故か肝心な写真を撮るのを完璧に忘れていた私で疲れていたんですね〜



次は Friday from 4:00 pm to 8:00 pm Free の MoMAへ移動、

その前に私の遅〜いランチタイムに、



あるブログの情報で得た美味しいスープのお店 LA BONNE SOUPで私も是非

この機会に食べてみたくひとり遅いランチに向かいました。小さな2人用の

テーブルが引き詰められた小さなお店でひとりでも気楽に入れるお店です。

Wi-Fiのパスワードを聞いたらここの電話番号よで名刺をくれました。

評判のオニオンスープセット美味しかったけどチーズが多く私には濃厚でした。

基本的に残さない私は全部平らげ デザートのチョコレートムースも完食。

店内は混雑していなかったので 4時から無料で入館するのに時間調整で

少し休憩してから2ブロック先のMoMAへ向かいました。 ところが!!!


なんとすでにすごい数の人々が行列でフリー時間待ちしていました。

料金払って入ろうかと館内へ入ってみましたが...それでも混雑してる感じ...

待てよ!ここで25ドル払うなら次に予定しているThe Whitney Museumでの

from7:00 pm to10:00 pm: Pay-What-You-Wishでも

とんでもない人の数が予想されるに違いない。アッパーイーストサイドから

移動した新しいホイットニーは見逃したくないのでそっちを優先した方が

無難と判断して予定変更で今回MoMaは断念しました。


そこから地下鉄に乗ってホイットニー美術館がある14 St.へ。

地下鉄を降りて通りに出るとやはり方向感覚を失いピンとこず聞いて向うと

古い町並みの奥に際立ったそれらしき建物が見えてきました〜!

時間に余裕がありゆっくりペースで広い館内を観てはルーフトップに出て

ニューヨークの景色を満喫しながら大満足した新しいホイットニー美術館!

誰もが無料で観たい気持ちは同じでありますが人混みと待ち時間を覚悟しなけれ

ばなりません。ひとり旅の私には結果的に22ドルのチケット払って正解でした。

無料時間帯を避けたことで予定より早く帰途へと向かいました。


途中下車してから BroadwayからColumbus通りを歩いていく先に、

若干の人だまりがあり 電光掲示板に流れるニュースをみて

すっかり忘れていたローマ法王のNY入りを思い出しました。

ガラス張りのビルの中を見ると見覚えのある abcの文字..

あ〜ここはABC放送のスタジオだったんです。


朝から通しで移動して歩き回りこの日は結構疲れてしまいました。

うろうろしながらまだ歩いていたい未練がましい気持ちとアパートでくつろぎ

たい思いが交差したのですが、やはりひとりではイマイチ味気ない夜の歩道で

もあり デリでサンドイッチとお惣菜を買ってアパートへ帰ることにしました。


この日はなんだかんだと7時半頃の帰宅でしたがとりあえずセントラルパークの

閉鎖以外は私が行ったルートではなんのなんの影響もありませんでした。

前の晩の寝不足と疲れでぐっすりと寝ることが出来たNY2日目の夜でした:)

To be continued...



引き寄せ2年もあっという間に過ぎていく2015/10/02

引き寄せ2年もあっという間に過ぎていく
ここへ現実となって2013年8月に引越して丸2年の年月が過ぎました。

ここでの紅葉シーズンを向えるのは今年で3回目になります。

この不思議な紅葉現象の木も例年同様にまずは半分だけの紅葉が始まりました。

そして、

現実化した念願のここでの相棒の丸2年目の仕事に私の丸2年目の英語クラスは

共に継続中です。慣れ慣れが起こす中だるみの傾向を引き締めて ここでの心地

よい生活に感謝しなおし 今後はplus alpha思考で努力していきたいと思います。

そしてそして今日の記念すべき本題、

新たに私たちの人生に迎え入れた現実的な存在のオータムも

あっという間に成長して今日で2歳となりました。

Autumn

2013年10月1日生まれ
今日で2歳

Happy Birthday !! 


ボストンテリアの愛嬌ある可愛い姿形にまだパピーと聞かれること多く

うん、まだ1歳って言っていたのが 今日から2歳と言うようになりました。

ついこないだまで小ちゃな姿だったのが遠い昔に感じでしまい

懐かしい気持ちで写真を見入ってしまいます。

目出たい目出たい2歳の誕生日を記念して今年のプレゼントはこれです!

オータムの名前にちなんで秋色のアウトドアジャケットです。

これなかなか作りがよくってダブルになっていて暖かそ〜!

今年の寒い冬もこれで乗り切れそうです!


さ〜てさて、

こうして引き寄せ2年もあっという間に過ぎていくなか

新たなこれから先の思考&課題&試練は如何なるものでしょ〜か

引きよせ思考で今後も元気に邁進していかねば〜ですです!





望郷の味マンハッタンで食べた塩鯖定食2015/10/04

望郷の味マンハッタンで食べた塩鯖定食
今回最後のニューヨークウォーキング3日目の朝は9時過ぎにアパートを出て

まずは42 St にある Port Authority Bus Terminalに向いました。

小さなスーツケースでしたが、これを引っ張りながら夕方まで行動するのは

かなり困難であることを悟り出来れば預けたく荷物預かり所を探してみました。

もしなければ...とスーツケース持ってのギャラリー廻りを懸念していたのですが...

よかった〜ありました!短い時間であれば2ドルでしたが私は4時過ぎくらい

まで預けるので10ドルの支払いになりましたが それ以上時間が過ぎても

追加料金は発生しないようです。再び荷物のない開放感に軽やかな足取りになって

チェルシー地区方面の28St.で下車、まずは美術大学の無料のFIT.Museumへ

寄ってみました。ここはファッションの展示場で各国のコレクションが展示され

ており 地下ではかなり奇抜なフャッション展示がされていました。


さて、

今回のメインの目的はチェルシー地区のギャラリー廻りです。

W27StからW21St.に数多く密集しています。

W27St.からスタートして1ブロックずつ一つ一つ観ていきました。

作家たちの最新の作品に触れることは刺激的であり活動風景を観ながらこんな

空間にこんな作品がこんな風に展示されて..等々 それぞれの画廊の空間で

新作品が呼吸しだしているその雰囲気がたまらなく大好きなんです。

好き嫌いの作品傾向は私のなかでハッキリしていて疲れてきたころには

窓越しに観ては好みでない傾向はパスして次へと急ぎ足になっていきました。


22St.まで観て廻ったころにはさすがにけっこう疲れてきちゃいました。

時間も2時を過ぎてしまったので遅いランチにお目当てのタイムズスクエアに

ある大戸屋の日本レストランを目指しました。これも行く前に得たブログの情報

をみて私も是非食べてみた〜いでNYでの大事な目的の一つとしたのでした。

も〜この時には歩く気力もなくタイムズスクエアまで地下鉄を使ったのですが

土曜日なのかまるで日本の通勤ラッシュアワーのようにすし詰め状態でした。


そしてそして、

タイムズスクエアの地下鉄から少しだけ歩いていくと”あったぁ〜大戸屋!”

ほっけを食べるつもりでいたのですが 塩鯖のメニューがあって迷わず塩鯖定食

を注文しました。塩鯖定食を注文するのは余程通でなければ日本人以外では

そ〜居ないのでしょう、働いている日本人の方が日本語で話しかけてくれました。

一心になって食べ始めましたが ふと我に返りこの記念すべきマンハッタンでの

ご無沙汰してた感動の塩鯖定食の写真を撮らなきゃと急いで撮影しました。

19ドルの塩鯖定食は私にとってはけっして安くはないのですが

フードシックの私には文句なしで感動に値するものでした。

骨を数本残しただけで皮ごと完食です!

口の中にしばらく残るサバサバ感は日本では気になるものでしたが

この望郷の味!この故郷感!などなどと余韻が消え去るまで満たされていました。


こうして、身も心も解放された自己満足な一人ペースのNYCで過ごした短い

二泊三日を振り返りながら夕刻のバスに乗車して9時頃に無事帰宅しました。


P.S.

結婚していて1人旅行?って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが...


昔〜、結婚していたにも関わらず4ヶ月以上も仕事を休み家を留守にして

バックパックひとり旅を実践したことがありました。

そのうちの一ヶ月ちょっとだけはイタリアでモザイクを学んでいたのですが

あとは単独でヨーロッパをやはり美術館と画廊巡りだけで廻ったのでした。


なので私、やっぱり好きな場所への旅行はひとりペースが快適なのであります。

そんな私を理解して自由に泳がしてくれる寛大な旦那様に心より感謝してまーす!



最後のひとつに思いを寄せて2015/10/06

最後のひとつに思いを寄せて
『最後』という言葉に思いを寄せる感情はさまざまで、

物事がこれが最後だと思うと身が引き締まったり これで終わるんだと思うと

なんとも言いがたい寂しさにかられたります。

日常生活の中の小さなコトから本当に最後の最後の別れだったりと

いろんな場面で人それぞれで最後の場面を経験します。

その最後に思いを寄せる感性も十人十色です。


あとは よく水を例にした話でコップに半分の水があって『もう、半分しかないと

悲観的になるか あるいはまだ半分もあるとポジティブに物事を捉えるか』

思考回路の癖で人それぞれの思いへの解釈があります。

そして私も、

先週末に小さなコトの一環の最後の一つに深い思いを寄せる時を向えました。

それはそれは幸せ気分にしてくれた”最後の一つ”に、

私のアメリカ生活において格別な思いを寄せる瞬間でした。

まだあるまだある まだあるある半分も まだまだある三分の一もあると

パクパクと日本の伝統の味を口にしては微笑み幸せに満ちていた日々でした。

そんな真心が込められたラッキョウの味、

9月に届いたその自家製甘酢のラッキョウもとうとう完食してしまいました。

日本に居た頃は私にとっては特別でなくほとんど口にすることもなかった

ラッキョウが異国の地でこれほど愛おしく美味しく感じるなんて本当に本当に

日本食を口にする度にそのありがた味に謙虚な気持ちを覚えるこの頃であります。


そして、とうとう一粒になったラッキョウに見入りながら名残惜しい気持ち

いっぱいでパクッと口に入れてしまうのはそっけない別れな気分がしてしまい

この最後のラッキョウを初めてカレーの付け合わせで添えてみました。

うっぅっ〜ウマい〜!!!未練たっぷりに食べた最後の一粒に寄せる幸せ気分

最高に満足した格別の最後の一粒のラッキョウとなりました!


こうして、ラッキョウも私を幸せにする食の一つとなりました。

来春、日本へ一時帰国してス−パーで買う物の一つに間違いなく

ラッキョウの甘酢漬けのビンを手にすると思います。

あ〜異国の地で食べる日本食は極上でありま〜〜す!!!



逆転!大雑把なはずのアメリカ人ときめ細やかなはずの日本人2015/10/08

逆転!大雑把なはずのアメリカ人ときめ細やかなはずの日本人
何ごとにもダイナミックなアメリカ人のイメージが定着しています。

お国柄の違いで日本では周囲の人と波風を立てずに暮らしていくための

謙虚さや忍耐力が重んじられ そして几帳面であることも美徳の一つとされ

とくに仕事には欠かせない人材になります。


そうは言っても、

どこの国であろうと人それぞれの性格であって一概には決めつけられませんが

おおまか強引に自分の要望を主張したがる自己中で自信過剰なアメリカ人と

おおまか謙虚で奥ゆかしいと言われている日本人との国際結婚はある面では

アメリカ人の夫にしてみればこのうえなく心地よい伴侶なのかもしれません。



さて本題なのですが、我家の日課において最近気が付いたことがありました。

我家のワンコの世話は基本的に私が主にやっていますが、

朝の散歩時間は相棒の起床時間でもあります。

散歩から帰ってくると愛犬オータムの朝食の用意をしてくれます。

ドッグフードにこの缶詰のミンチを混ぜるだけの簡単なものです。

今まで全く気が付かなかったのですが先日、ちょっと遅い準備をしている相棒の

手元を見るとそれはそれは念入りにムラがないように混ぜ合わせていました。

えっ、そこまでするの!って感じでしたが 相棒曰く、ドッグフードにきちっと

まんべんなく混ぜ合わせた方が美味しいに違いないということでした。

一応几帳面な日本人の私ですら考えもやりもしなかったことです。

私の場合はざっくりと混ぜるだけでこんなにもムラがあります。

ま〜確かに相棒のオータムへの愛情はかなりのものであります。

その結果、自分に置き換えてきっと細かく混ぜ合わせた方が

フードの味もよくなると愛情込めた結果なんだと思います。

相棒の手前写真は撮れませんが それにしてもお見事でーす!

相棒の場合、日本人の私と結婚するくらいですので平均的なアメリカ人より

アメリカ人らしくなく神経質で礼儀正しく几帳面な面があったりで

同じアメリカ人の女性とは職場でもウマが合わない人が多いようです。


日本人の私の方が大雑把だったりとすることも多々あったりします。

なので、一概にアメリカ人だから日本人だからと決めつけられないのも事実です。


ま〜、その時々の価値観で大雑把だの細やかだのと違ったりで、

要は人それぞれに優先順位が違うのであります。

いずれにしても極端過ぎるのは何ごともよくなく何ごとにおいても

バランス感覚が大切で柔軟に振る舞えるようにしていきたいと思います。