アメリカで新たなる生活感_単調な仕事の利点2017/10/02

アメリカで新たなる生活感_単調な仕事の利点

単調な仕事ゆえの都合の良さが私の生活感にぴったりマッチしたようです。


そして、

たかだか週3日の皿洗いのパートですっかりと盛り上がってしまう私で、

アメリカでの新たなる生活感でフレッシュスタートって感じでいます。


やはり何と言ってもですね、僅かでもお金を得るってことは嬉しいことです。


キッチンマネージャーが次の週のスケージュールを確認する時に、もしもっと

仕事できるならやってみる?と言われましたが、まだ3日目で体も慣れないので

もう少し様子をみます。通勤時間片道7分、頭を使わない単調な作業で仕事を

引きずらない、スタッフの人たちもいい感じ、などなどでもう1日増やしても

いいかな〜と考えてはいます。


例のもう一つ面接を受けたスーパーの仕事ですが、採用されるような流れだった

のですが、結局は二次面接の連絡もなく、もしかしたら私の方から早い段階で

電話確認をすれば採用されるきかっけになったかもしれません。

相棒も教師の就活の時にそんなケースが実際にありました。

しかし結果的には、これからの生活ペースやら色々と考えると全ての事が

容易い今のレストランの仕事に決めてよかったかなと思います。


飲食業界の仕事体制はどの国でもやっていることは同じであると思います。

この業界は若い時にバイトでちょっと経験したくらですが、その雰囲気は

同じで全然違和感を感じずに日本で働くようにやっていけそうです。


さて、金曜日と土曜日のその忙しさはやはり想像していた通りで、料理人が

6人くらいと他のスタッフもどこからやってきたのと思うくらいごった返しに

増えていて張り詰めた空気の中、大忙しに時間が瞬く間に過ぎてゆきました。


ハード類洗い場専属の仕事を始めて二ヶ月になると言う高校生と組んだり、

マシンを使う洗い場にヘルプで入ったりで仕事の流れを見ながら両方掛け持ちで

やりました。

この高校生の男の子、いまどきの若者のイメージはなく真面目そうな仕事を

丁寧にきちっとやるタイプの子で、たった15分のブレイクタイムの時間に

彼がなった時に、新人の私を心配してか、食べたらすぐに戻ってくると言って、

貴重なたった15分の休み時間なのに本当に10分もしないで戻ってきたのには

驚いてしまいました。大きな物とかすっごく汚れているものは率先して彼が

やっています。まだ幼い顔が残ったこの高校生の仕事への姿勢に感心感心!

そして、そんな若い男の子と一緒になってやれちゃう体力のある私って…

もしかして、この仕事の適正度が高いのかもしれません(苦笑)

画像は内容と異なるものです

そうそう、一人のシェフが私に日本製の包丁をみせに来ました。

漢字で掘られた文字、なんて読むのか聞かれたのですが、残念ながらメガネも

なくよく見えず漢字が難しくもあって読めませんでしたが、   でも、

”Japanese knife that world chefs desire is the world's best!! ”
世界のシェフが欲しがる日本の刃物は世界一!って言うと、

I know,I know well!と満足そうに微笑んだイタリアンシェフでした。



"Happy Birthday!!!" オータム、今日で4歳になりました!



あっけなく終わった2017/10/04

あっけなく終わった


9/9
11:00~15:30 壁の羽目板剥がし、トイレの交換、バスタブ周りの


パネル剥がしとバスタブのガラス戸撤去


9/19
9:45~17:00 壁の仕上げを残してバスタブとシャワーをセット


9/20
11:00~13:30 バスルームの壁のパネルを仕上げ


 9/28
10:00~13:00 傷んだリビングの壁のパネル張り(これも塗装なし)


 
  トータル4日間/実労約17時間で、あっけなく終了しました。


なんだかですね、我が家の内装工事は片手間に終えたって印象なんですが...


結果的にパーフェクトな仕上げで終えてくれれば片手間だろうがなんだろうが

良いんですが、私はちょっとこれらの完成度に不満があります。



 画像では分かりづらいですが例えばこの蛇口、若干傾いでいます。


入浴後排水するとこの部分から水漏れが若干生じていました。

実際に内部を見るためにはまた大掛かりな工事になってしまいます。

てっきり私は再工事になるだろうと覚悟していました。それを指摘すると、


シーリングでこの部分の目地を埋めれば大丈夫だと言うことで、

このラインのジョイン部分と水漏れ箇所をシーリングで補充しました。

しかし私はどう考えてもちょっとした隙間からの水漏れとは思えず、

パネル内部の排水部分に何か問題があるのではないかと心配しています。

確かに目地止めしてからは水漏れもなくなりましたが、内部に問題がなく、

単なる応急処置になっていなければ良いのですが。



 ようやく、一番初めに発見した大きな問題の破損した壁が終了しました。


 最初は窓周りの羽目板も外して全部チェックするってことだったんですが、

大丈夫そうってことで結果やりませんでした。(忙しくって面倒になった?)


こうして、なんだかんだと待ちに待たされ、4日間の実労約17時間、

気がついてみればあっけなく終わってしまったような内装工事でした。


これで幾らの請求になるんでしょうか。まだ請求書届いていません。



工事の最終日は英語クラスの日で職人さんと会うことが出来ませんでした。

私だったら細かくあれこれといってしまいますが、職人の彼はとてもいい人だと


言うだけの相棒で全く不満がないようです。確かに悪い人ではないんですが...

プロの仕事に、こっちはお金払うんだからさ!




ーここからは、書きそびれていた9月の小さな事柄ですー


朝晩とちょっと寒くなってきたこの頃、室内温度を20℃くらいに設定しました。

セントラルヒーティングは作動するのですが、カタカタとあっちこっちで

けっこう耳に障る音がしています。 これを修理するとなったら大変なもんです。

なので、作動している限りは、暴れるような音に慣れていくしかありませんが...。



 先週の日曜日に相棒の二人目のお孫ちゃんに会いに行きました。


 生まれてまだたった二週間目のちっちゃなちっちゃな赤ちゃんでしたが、


それでも顔つきはすでに立派な男の子でした。



 6月に前の住まいから始めてトマトを苗から育ててみました。
日当たりも良く水も朝夕とちゃんとやっていました。

しかし、たった2つのトマトの収穫でした。



 9月の末くらいまで珍しくいつまでも暑い日が続きました。


 日本で買って持ってきたスリッパがヘタヘタになってしまい、

その代わりにと室内履きに足袋を履いていた妙な外人の相棒でした。

(アメリカでは私が外人になるんですが...)


いきなり寒くなってくると足袋を終えて普通の室内履き落ち着いた相棒でした。 





 色々あって、9月もあーっと言う間に過ぎてしまった感じです。 


落ち葉が少しずつ散り始めています。 きっと我が家のヤードも落ち葉で埋まって

しまうのかもしれません。相棒は私が率先してやるから任せているのかもしれ

ませんが、いずれにしてもあまり家仕事が好きでないようなので私が合間に

せっせとやっていくことになると思います。


私が仕事の時には自分で好きなものを食べてくれますので手がかかりませんし、

この頃では前に増してランチやディナーを作ってくれたり、洗い物も前に増して

やってくれるので助かっています。



 そして、この10月はもう一つアメリカでの新しい広がりがあると思います。


 これを起爆剤に個人活動していければと思っています。



寛大な申し入れに感謝して返金2017/10/07

寛大な申し入れに感謝して返金

内装工事屋さんからトータル$1,344,28請求書が届きました。


トイレとバスタブは私たちで購入しましたが、決して高くない請求だと思います。


内、トータル労働時間が19時間で時給40ドルの計算になっていました。


当初、7月の段階では修理の概略見積もりが各、温水器の修理代におよそ

500〜600ドル(違う業者)、壁修理がおよそ1200ドルとのことでした。


そして、私たちの家を購入した時の担当の不動産が、ホームインスペクターの

見落とし分、温水の故障と壁修理代として責任を持って私たちにおおよその

見積もりの半額900ドルを早々と支払ってくれていました。


不動産の寛大な申し入れに感謝して返金したく内装工事屋さんにその内訳を

聞くと壁修理分は715ドルということでした。


う〜ん、壁よりバスルームの方がはるかにハードな仕事だったと思いますが…

合計からこの壁修理代を引くとバスルーム代が約630ドルってことになります。


なんかヘンですが、内装工事屋さんに連絡しても2、3日返事が来ませんし

再び聞くのも面倒で合計金額に納得出来ればとこれで済ませることにしました。


温水修理代680ドルを合計して約1400ドルになります。

この金額をシェアして700ドルとなりますので、当然のこととして200ドルの

チェックを切って不動産の寛大な申し入れに感謝で返金してやれやれでした。


なんだかんだでしたが、この件についてとりあえずは、めでたしめでたし!

……ということにして、見落とし修理の件に関して終わりにしたいと思います。



ズバリ初給与にんまり〜in アメリカ2017/10/09

ズバリ初給与にんまり〜in アメリカ

初めてアメリカで働いたその報酬いただきました!

”にんまり〜”

給与というにはちょっと大袈裟な表現かもしれませんが、

もしかしたら誰もが皿洗いから脱皮したいと思うある意味キツい仕事かも

しれません。誰にでも出来るような、たかが皿洗いされど皿洗い、取り組む

姿勢はどんな仕事でも丁寧な人といい加減な人の違いは一目瞭然であります。


レストランで働く人たちは皿洗いに始まって、

たいがいの人たちは次のステップを目指しているのだと思います。

ピザ作り担当の男性が自分も最初は皿洗いからだったと言っていました。


さて、アメリカ初の仕事でドルで初給与なんて、私には夢のような話で、まるで

高校生が初めて仕事してバイト料を受け取った時に近い感動的な場面でした。


週一の金曜日払いになっていて、これは私の3日分になります。

この報酬日があるからどんな仕事でも続けられるわけですね。

と言うか、私の場合は余裕のない生活のために続けていくわけですが。


そして今回もキッチンマネージャーに再び申し入れられました。

月曜日にもう1日やってもらえないだろうかと!

多分、私の迅速な動きの働きっぷりが認められたんだと思います。

自分で言うのもなんですが、この私の迅速さはですね、実は鍛えられた時期が

ありました。 昔〜自営している時にバブル崩壊後の不景気な時期に仕事が

あまりない時、前夫と二人で仕事場で仕事待機していてもラチがあかないと思い

僅かでも現金収入を得るために二ヶ月くらいの短期アルバイトをある化粧品会社

のラインの仕事をやったことがありました。あと、やはり時期限定でお中元の

ラインの仕事もやったことありました。この時に、手を休めず丁寧に迅速にを

単純作業でのコツを学びました。 仕事の内容は違いますが、これで単純作業の

特徴で待った無しの忙しさに対応する仕事の姿勢が身について体が覚えていたん

ですね。こんなことを考えるとですね、どんな仕事も無駄ではないってことです。


今こうして色んな意味で臨機応変に皿洗いが出来るのもこんな経験を経て来て

いるからだと思います。 もしもです、妙なプライドがあったりで底辺の仕事が

出来なかったら、この歳で英語力のない私は永遠にアメリカで仕事をするのは

不可能だったと思います。 仕事をしないこの5年間の日ごろ鍛えて来たウォー

キング➕最近では庭仕事などなどが体力作りに役立ってきたんだと思います。


さて、マネージャーからのオファーですが、 日本人の私は、というかこれは

私の性格かもしれませんが、 頼まれれば断れませんでした。


なので、月、水、金、土を仕事に、火、木は英語クラスで勉強です。

英語クラスは今まで経験したクラスの中で最も学校らしいシステムになっていて、

しかも先生がいい感じで、レベル3クラスをなんとかキープして出来る限り

頑張ってついていきたいと思います。と言うか、頑張って続けなければですね、

履歴書のReference欄に三名記入しなければならなかったのですが、一人はこの

カレッジのEducation and Career Advisorのポジションを持つ人に依頼して

喜んで引き受けてくたという流れがありました。

なので、英語クラスもギブアップするわけにいきません。

9月が終わった時にクラスにやって来たアドバイザーがそれぞれにどんな9月だ

ったかと問いかけてきました。 私が仕事を得た話をすると、イタリアンが大好き

なクラスの先生は、なんとそのレストランがある町の出身者で、よく行く大好き

なレストランだそうです。この先生、驚くなかれ19歳を頭に末が半年の赤ん坊

の5人の母親でもあり、聞かなければそんな風にはとてもとても見えない

若い感じでパワフルな明るい感じの先生です。


たとえ歳食っていようが仕事に就いた以上は高校生や若い男性たちに混じって

負けず劣らずで初心者気分で頑張っていかなければなりません。

確かにこの歳になると気と体力のギャップがあってキツいにはキツいんですが、

日々のエクササイズだと思って乗り切っていきたいと思っています。



ひがみ根性なメラメラ気分なんですが2017/10/11

ひがみ根性なメラメラ気分なんですが

基本的に嫉妬しているとか僻んでるとかの感情をあからさまに出したくなく

それらの感情は極力慎んでいる私の人生観なんですが、

この件につきましては、メラメラと過剰反応してしまう傾向に陥ってしまいます。


一年の後半期にある数々の家族イベントは正直な気持ち憂鬱さでいっぱいです。


相棒の孫が誕生してからはパーティーが増えていく傾向で、

同様に前妻さんはgrandmotherですので、そんな場面では当然欠かせません。


もしもです、前妻さんにもご主人がいらっしゃれば、これは全く違う話の展開に

なりますので、そんな設定の雰囲気なら私だって喜んでその場に参加します。


しかし前妻さんは相棒と別れてからもずーっと今も一人暮らしです。

相棒の家族図、ここではお呼びでないよそ者のようなアジア人の再婚者の妻で、

明らかにそこからはみ出してしまった居心地の悪い場になってしまうんですね。




相棒のママが健在なときは私たちもママと同じレノックスに住んでいて、

ママの誕生日パーティー、サンクスギビング、クリスマスと 相棒の家族がママの

所へ訪ねて来ましたので全く問題がありませんでした。そしてママはいつも私の

気持ちに気遣って私にも頼ってくれていましたので、全く違和感も感じず

ママを通してアメリカでの家族感を実感していました。


時が流れママが亡くなってからは自然とその様子が変わってきました。

交流することのなかった前妻さんとも会うような機会が出来てきました。

相棒にも孫が出来て私たちも1時間内で行ける近いエリアに引っ越したことで、

とても身近な孫を囲んだ濃密な家族関係になってきました。


相棒はお孫ちゃんの2回目の誕生日パーテイーで土曜日に出かけていきました。

私は正直行きたくもなく仕事を口実に辞退しました。


ここまではまだ良かったのですが、週末に長男から、お孫ちゃん誕生日パーティー

の次の週末にも自分の誕生日に韓国料理店で家族だけのパーティーをすると招待

されたのでした。そのメンバーは同じ長男の奥さんのご両親に相棒の前妻さんに

私たちです。もちろん、私は仕事を口実に行きませんが、韓国料理も嫌い、

渋滞(ボストンを通って行く)も嫌いだけど相棒は行くと言います。


”ふぅ〜ん”って感じで流していたつもりですが、だんだん気分がメラメラと

悪くなってきました。


例え離婚した両親でも子供たちにとっては永遠の両親であって、母親が再婚して

いないことで尚の事思う存分に過ごせるこの掛け替えのないひとときです。

そんな場にお邪魔虫的な私が行って楽しめるわけないじゃありませんか〜!


電話があった次の日になって、長男の母親がその日は仕事があって行けないと

キャンセルしたそうで結果、全てをキャンセルした長男夫婦でした。

(私が仕事でキャンセルして私不在でも決行される当たり前の事実)


それを聞いてさらに気分がメラメラと悪くなってしまい... 私としては二週も

続けて行くなんて...出来れば私の気持ちになって、”あなたが”キャンセルして

欲しかったと言うと相棒、改まって深刻な顔つきになってしまいました。


あなたは何も理解出来ていない、家族はかけがえがない存在であって子供の

招待を断るなんて、あなたにはすまないけど出来ないとあっさり言われました。


これはこれはですね、私があがけばあがくほど自ら首を絞めるようなもんで、

離婚した子供の居る夫と子供のいない妻との再婚者同士、子供の居ない私に

課せられた定めでもうどうにならないことです。


子供のいない私には、その孫の存在の可愛さは想像できますが、あくまでも

想像の範疇であるのが現実で、濃く繋がっていく家族図からかけ離れたような

ところで生きていて、その家族風景の発想が全く浮かびません。


例え義理の義理のって言われたって全然ぴ〜んとこない部外者なわけです。


家族家族が大事だと当たり前のことを当たり前に言われると、家族のない私は

なんだか、はみ出し者のような疎外感を感じてしまいます。


ここはアメリカですので、もしも相棒が私より先に逝ってしまったその時の

何やらは子供たちに頼らざるを得えません。 もちろん、私の事は一切頼れません

ので、子供たちとの関係も繋ぎ止めるもがなくなりそれまでになります。



私不在のこうしたパーティーが定着してきています。

子供や孫たちと、両家のおばあちゃん&おじいちゃんが和気藹々に過ごす

クリスマスパーティーも仕事で辞退します。 子供達にとっては、辛かった時を

乗り越えて現在、揃った両家の両親たちとの集まりはこの上なく掛け替えのない

幸せなひとときなんだと思います。


やはりですね、アメリカ生活では相棒だけが頼りの孤独な私なのかもしれません。

だからこんなとき、気を病んだりするんだと思います。 そんな私の気持ちは

理解できても全ての招待には私抜きでも行くという相棒を引き止めることは

出来ませんので、この部分では生涯メラメラ気分を抱えていくしかありません。



なのでなので、私は私で もっと活動的になって本当に楽しめる仲間づくりを

していくしかありませんな。 これを来年の目標の一つにしていこうかな!