令和_やっぱり優しく温かく和らぐ心じゃない?2019/05/04

令和_やっぱり優しく温かく和らぐ心じゃない?

この令和の書道は、

大正15年生まれの介護付き有料老人ホームに入所している人が書いたものです。

母と同年代であるこの方は実家の前に住むご近所さんなのですが、

一時帰国でたずねて行った時に、壁に貼られていたこの書が私の目を引きました。


何枚も何枚も書き直したとのことでしたが、力まず温かみと優しさをを感じるバランスの

とれた書きっぷりは、この年代の人に共通した普通に書心があるのではないでしょうか。

新元号を記念したとてもステキな書道を頂き大変満足しています。


クリアファイルに入れて保護したもののスーツケースに慎重に入れてきましたので

シワが入ってしまいました。

相棒もこの書がたいへん気に入ってます。

まだ額を買ってないのですが、きちっと入れて記念にしたいと思います。