地球丸ごと食べちゃうぞ〜2019/10/13

地球丸ごと食べちゃうぞ〜

空を飛ぶものなら飛行機以外は何でも食べる、水の中のものなら潜水艦以外は

何でも食べる、四つ足のものなら机と椅子以外は何でも食べるという民族の話を

昔〜ある友人が、彼等はすっごいよねぇ〜、と一つの例えでよく言っていたのを

いま思い出したりしていますが…なんだかぁ〜、


その民族たちの生命力の強さを証明しているような見事な例えでもあって、

生命力が強ければ当然のこと繁殖力もすっごいってことに繋がっていきますね。



確かに、中華料理パワーで世界中に散ってそこでの生活に浸透している彼等の

姿を各地で見るのは珍しくなく、世界中で膨張する彼等のその生命力に改めて

すっごい民族パワーなんだな〜と、思わず感心脱帽してしまいそうです。


中華料理パワーで世界征服だけなら大いに美味しい話で平和的なんですが、


なんと言ったって一党独裁国家であって、それを忘れてはなりませんね。


我々は世界の中心であり他国は我々に従うべきという中華思想とかに

基づいているそうですが...そんな〜なんてこと...あ〜恐ろしや〜

ひとんちのいえに土足で踏み込んでくんな〜です!



この中華思想パワーで地球丸ごと食べちゃうぞ〜の勢いで世界制覇へと戦略を

着々と進めているなか、トランプ政権の思わぬ誕生でくじけ始めている今では

あるようですが、ゾンビのような手強い相手ですので果たして実際にはどうなっ

て行くんでしょうか。

人としてまともな発信者達のYouTubeで偏向のない情報を得る事が出来ます。


世界の特にアジアのトラブルメーカー中共政権は崩壊に近づいていると言われ

ながらも、行き詰まりの末に何を起こすやらとその脅威は消し去れない訳で、、

何度も自壊してはゾンビのように生き延びるその中共パワーは想像を絶する

ほどの凄みがあって、今のおもてなしが売りでお人好しだけの日本人では

到底太刀打ちできないくらいマジでヤバいん隣人国ではないでしょうか。


今日の香港、明日の台湾、明後日の沖縄

偏向報道に操られているまだ多くの日本国民は、今そこにここにある危機が

現実に近づいていることにも気がついていないのではないでしょうか。


嘘まみれの腐敗し切った地上波メディアのご都合主義とその横暴さは野放し状態、

こんな私でさえも言いたくなってしまいますが、

一体日本政府は何をやっているのでしょうか〜!


アメリカは中国を締め付けているのに、、、安倍総理は中国の建国70年に向けて

発表した祝賀メッセージになんと来年、習主席を国賓として日本に迎えたいと

述べたそうですが、、、

中共のウィグル弾圧、香港、尖閣問題があるにも関わらずヘコヘコと国賓に

迎えるなんて通常はあり得ないんではないでしょうか!

まともな神経を持った日本人なら断固反対だと思うんですが、どうしたことか..


移民法、アイヌ新法、水道民営化などなどを成立させた安倍総理の売国政策と

言わざるおえないような、どう考えても日本人のためにならないようなこと

ばかりを通してしまっている、ここのところ安倍総理への不信感が増したり

絶望したりと具合が悪くなりそうであります。






この安倍総理『器』論とは真実か?の動画討論を聞いて、

なるほど〜と納得すると同時に一体私たちの日本はどうなってしまうのかと

日本の行く末に深い懸念を抱いてしまいました。


日本での中共の間接侵略はすでに始まっていて政界人、 財界人、マスコミ、

自衛官にさえ及んでいるといわれいるそうです。

そんな事実を私たち日本人がどれだけ知っているのでしょうか


もう日本は手の施しようもないくらい中共パワーに喰われてしまっていて…

もうすでに手遅れ状態なのかもしれません...


そもそもの丸腰の日本なんてちょろいがゆえに、反日で日本人をバカにしまくっ

てますけど、 日本の安全と尊厳を守る為のはじめの一歩となる憲法改正を

成し遂げれば、我が物顔でのさばったやりたい放題の人たちも少しは大人しく

なるんではないでしょうか。


現在の世界の動向に、自称ノンポリの私でさえ目が覚めたくらいですから、

その危機感と実態は相当なものかもしれません。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://walk-myspace.asablo.jp/blog/2019/10/12/9163870/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。