やがては老いと老朽化の共存生活2017/12/02

やがては老いと老朽化の共存生活

7月16日に引っ越して来てから、今月半ばで5ヶ月経過するんですが、

なんだかですね、もうずーっとここで暮らしているような錯覚すらして、

ここでの生活に馴染み自然と溶け込んでいっているようであります。


自治会だの地域のプレジデントだのと当初は堅っ苦しいな〜と思っていましたが

実際生活してみると、さして鬱陶しい内容もなくミーティング日も強制される

こともなく、別段普通の地域と変わない生活感の中での私たちのホームパークの

利点は、どの家もよく整備された景観となんと言っても治安の良さで、

しかも家の問題で何かの時にすぐに相談に乗ってくれる心強い体制があります。


このパーク内のオータムとの散歩では、通る車通る車すべての人たちが私に向けて

手をあげ挨拶してくれます。最初は知らない人に手をあげるのは私にとって

自然なことでないので躊躇いがありましたが、毎日散歩している私たちなので、

隣の違うパーク内の住人を含めた全員が知っている訳で、そう考えるととりあえず

通る車に私の方から挨拶しておけば間違いないと思うようになりました。


アメリカ在住5年間に流れ流されてきて4度もの引越し移動に終止符を打ち、

ようやく腰を据えた平均的な生活を向かえることが出来たのかもかもしれません。


この件では度々触れますが、簡素な建物で何かと問題のある築38年の家です。


モービルホームタイプの建物でクオリティが低くちょっと頼りないマイホーム

なんですが、上を見ても下を見てもキリはないわけで、買えただけでもラッキー

で私たちの生活力では妥当な選択だったと思います。たとえ諸所の問題あっても

見れば見るほど暮せば暮らすほど私たちにフィットした住まいだなって思えるし、

この家自体が私たちを住人として待ちわびていたような気がしたりしています。


私たちに経済的な余裕さえあれば、あれこれと修理したり手をかけたくなる

ようなイメージと愛おしさが私たちの住まいに湧いてきています。

最低限の現状維持での要修理だけは出来る範囲でやっていくつもりですが、

残念ながら追加したいテラスやら余分なことは出来ません。


今も現実的に対処せざる負えない問題に振り回されています。

温水の修理をしたにも関わらず、真冬並みの寒さになってきて平均的に熱いお湯

が保たれません。掃除機で埃を取ることを勧められたセントラルヒーティングも

零下になると調子があまりかんばしくありません。これで150ドルちょっとの

請求書が届きました。相棒曰く、業者があまり信用できないので変えたいと、

例のバスルームの改装をしてくれた相棒お気に入りの人に相談しました。


その彼が恐らくこれで大丈夫だろうとこの部分を調整してくれたようです。

今の所前より良くなりましたが、まだ分かりませんので様子見です。


以前、ベッドルームの添えつけの絨毯をフローリングに変えるのにホーム・デポ

に見積もり依頼したところ思ったよりも高額でキャンセルしました。

なので相棒はかなりその人を気に入っていて、再度依頼しています。その工事が

やっと来月に入ります(?) この人確かにいい人で私も決して嫌いではないの

ですが、一人でやっている人なので超多忙で仕事の日程がイマイチ明快でない

のが不満なだけの私であります。

こうしてなんだかんだと何かと出費が続きます。

なので、私もせっせとパートタイマーの仕事に勤しまなければなりません。



緑に囲まれた癒しのあるヤードを持つ私たちの暮らしです。 しかし、現実的な

問題で小さな自然に癒されると言ういい面ばかりではありませんでした。


冬に向けて落葉樹はあたり一面に葉を落とし尽くしていきます。 分かっては

いても今までの人生ではまったく他人事だった風景が現実のものとなって

わが身に降りかかってきました。

かつては秋から冬の到来を告げる情緒的な落ち葉風景を味わっていましたが、

この枯葉掃除...こりゃ〜ですね、時間と体力がなければ大変な作業だったんです!

バックヤードは全てが裸木になってからやることにします。


落ち葉の回収日が一度だけあり通りに面した庭部分の落ち葉を掃除しました。

芝刈りも済ませて一瞬キレイになった庭でしたが、次の日には再び次から次と

絶え間なく落ちていく枯葉で、今の時点でようやく 1/3くらい落ちたでしょうか、


掻き集めながら、いつまでこの体力が続くんだろうかと...老いて老いて

本格的に老いた頃になったら出来るんかな〜とちょっと不安がよぎります。

業者に頼める余裕はないと思うので、老後はどうなるんだろか…です。

この地域でももちろん元気なご老人はご夫婦で枯葉をかき集めていました。


我が家も揃って元気な老人の時を迎えられれば良いのですが、こればかりは

その実態はその時にならなきゃ分かりませんので、とりあえず今は今を生き抜く

ので精一杯であるのが現実ですしあまり考えないように努めるしかありません。


やがては貧しさと老いと家の老朽化との共存生活になっていくのかもしれません。

そんな事言うと悲惨な老後の印象ですが、これも予測で実態は分かりませんが、

人様に迷惑かけないようにだけは心がけて枯れ果ていこうと思っています。


しかしですね、予測はしても何事も実際の先のことは誰にもわかりません。

なので、成るようにしかならないわけであります。



コメント

_ あーる ― 2017/12/02 07:03

そっちは暖かいんだね、こっちはもうとっくに落ちきってる落ち葉。
落ち葉集めも大変だよね。
でも住みやす場所で良かったね。家も徐々に手をいれながら、益々愛着が湧くんだね。
ウチもお義父さんちがバスルームの工事中だって、毎日トラックが来てる。
ここも直して欲しいよー。

_ Riceball ― 2017/12/02 13:11

レノックス時代は確かに12月もなればすべて裸木でした。
それに今年はまだ雪も降らないし暖冬かもしれませんね。
トイレ、バスタブは毎日裸で使用するのでやっぱり新品は気分いいですよ!
ダメもとでお父様に是非是非おねだりしてみるのオススメで〜す。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://walk-myspace.asablo.jp/blog/2017/12/01/8738487/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。