ビッグなサプライズ_50セントの重み2018/02/12

ビッグなサプライズ_50セントの重み

イタリアンレストランで働き始めて、丸4ヶ月ちょっとが過ぎたばかりです。


アメリカには最低賃金システムがあって、私が住むマサチューセッツ州では

時給11ドルに定められています。


週一金曜日に支給される給与ですが、先週マネージャーが、 あなたはよく働く

ので、一月末付けで50セントだけどアップしたと私に小声で言って来ました。


突然のまるで予期しないこのビッグなサプライズに戸惑いながら、

Thank you So So Very Much!!!


後から後から、じわじわ〜と、嬉しさが押し寄せてきて、家に帰って明細書の

数字を確認すると、まるで子供のように心の中がはしゃいでしまいました。


日本ではハードワーカー は当たりまえで、普通パートタイマーはまんず4ヶ月

ぐらいでは昇給しないんではと思います。 いや〜ここはアメリカなんだーと、

実感しました。きちっと評価してくれる職場につけてラッキーです!


もうですね、たかが50セントされど50セントの重みを、ずしーっと感じてます!


私が見込んだだけのキッチンマネージャーです。 彼自身も働き者で、かつ配慮と

人格のあるボスだからこそ、皿洗いの仕事でもやっていられるようなものです。

やはり、どんな仕事でも職場でも頑張れるのは、まずはボスの存在のあり方は

大きいと実感します。


多くのスタッフの人たちもとりあえずは問題ありませんので、

普通に悪くない雰囲気の職場につけた私は本当にラッキーだと思います。


この50セントの重みを噛みしめて噛みしめて、

これからも縁の下の力持ち皿洗いで、邁進していきたいと思います。

 
やったあ〜!