50歳過ぎてもカッコいい人2018/08/10

50歳過ぎてもカッコいい人

50代は男女ともに、まだまだ若々しい人達がいるんですが、

50代から歳を重ねていくごとに、見た目の年齢に個人差が出てくるのも

この年代からではないでしょうか。


例えば、50代半ばを超えても挑戦し続ける情熱的なトムクルーズは、

衰えるどころか年齢を重ねるごとにますます進化しているようであります。


第6弾のミッション インポッシブル-フォールアウトを映画館で観てきました。

全力疾走で走る走る、息つく間もないようなビッグなアクションの連続!


スタントマンなしでトムクルーズが実際に、限界に挑みこれら全て直感と

情熱だけでやってるって言うのだから、すっごい話じゃ〜ありませんか!


ビルの屋上から対面するビルへとジャンプする撮影で足首を骨折した場面を

実際に映画で使用しているそうです。

しかし、この距離をジャンプして移動できちゃうなんて、日々のトレーニングの

成果にしても、これはこれは、すっごいです!


そんなトムクルーズのファンになったのは、ミッション インポッシブルの

映画を初めて観てからでした。(なんと去年あたりのこと)


このシリーズの第1作目が1996年に公開されたので、20年もこの映画のことを

知らなかったってことになります。

もちろんトムクルーズは知っていましたが、俳優に特に興味がなかったので、

この映画を観ていなかったんですね


相棒はトムクルーズの映画ファンであり、その影響でトムクルーズの映画をよく

観るようになりました。

そして初めて観たこのミッション インポッシブルのシリーズで、スタントなし

でやっていることを知り、体当たりで演ずるトムクルーズの情熱に魅せられ、

(この手の2枚目顔は好みではないのですが)今ではファンになりました。


ボトックスとかで顔をイジってるってことらしいのですが、


年相応の顔の老化があったって、これだけの体当たりの演技が出来る実力のある


トムクルーズなのだから、顔も素のままで十分魅力発揮出来ると思うんですがね。


例えば、

007シリーズのショーン・コネリーには全く興味がありませんでしたが、

それを卒業してカツラを止めてから、歳を重ねるほど遥かに遥かに個性的で

魅力的になっていったと思います。

演技派の役者なら顔の表情が命である訳ですからトムクルーズも、

いじくらない自然のままの顔で、60代70代と魅せて欲しいと思います。


私の周りにも50歳過ぎても年齢を感じさせない人たちがいます。

その共通する一つには、やはり直感的であること、感受性が豊かで行動的な

人ってことでしょうか。

60、70、80代へと見た目はどうしても加齢に伴っていく現象には逆らえないと

思いますが、物事に対する柔軟な姿勢と好奇心と童心を持った感性で生きていけ

ば、幾つになっても歳とってもカッコいい人でいられるんではないでしょうか。