大きな転機を前にして腑抜けのカラ2016/10/21

大きな転機を前にして腑抜けのカラ

本当に本当に、こんな展開は予期もしなかったことでした。


相棒はママが亡くなったことで人生の大きな転機を迎えました。


相棒に連れ添う私も同様に転機を迎えたことになります。

そんな私たちに共通して言えることは、自分を誤魔化せないということです。


煩わしい事が嫌いな相棒で、自分の歩調にあった人生を歩みだそうとしています。

それに私が賛同してついてきてくれれば良しといったところです。


誰だって煩わしい事は避けたいですが、それを含めての人生であります。

誰だって自分の歩調にあった人生を歩みたいものですが、

人の生きる道はなかなかそうは行かずそんな容易いものではありませんよ〜


正直に言って、この事態の流れに私の頭の中は低迷状態になってしまい

整理がつかず、大きな転機を前にして腑抜けのカラ状態で...ヤバいです。



教師として教壇へ立つことは断念しました。トラブルの多い子供たちに対応する

だけの経験と精神的に大きなキャパを持っていません。 結果的に挫折感に陥り

相棒自身の心の痛手となってしまいました。 教師である以上、ただ勉強を教え

るだけでなく良い子も悪い子も含めて導いていくのも教師の仕事だと思います。

それが出来なかった相棒は本人も自覚したように、教師失格なんだと思います。


これからは、自分の人生を楽しみたいと言います。 嫌なことは出来るだけ

切り捨てていき、良いことだけを選択していきたいと言います。

それが出来なければ、生きていたくないとまで言いました。

これって狭い領域で生きていくことを宣言しているようなものでしょうか。


少し休んで、焦らずにNiceな仕事を探していくと言っています。 Niceな仕事が

なんなのか、私にもわかりません。 相棒はこれから手探りしていくようです。


穏やかな口調で言っただけで決してプッシュしていないんですが私の理想論と

して、まだ定年まで普通に働き将来に備えた方がいいんじゃないと言ったことが、

どうも今の相棒には”働けちゃんと働け”って聞こえてしまうようです。


どこにでも一緒に行きたがる相棒に、私には一人の時間が必要だから何もかも

一緒に行動できないと言いました。 前向きになれない今の私は相棒を避けがち

になっています。 そうなると、私はハッピーじゃない、ハッピーじゃなければ

結婚している意味はないってな具合の展開になっていきます。

今は私も頭の中の整理がつかず、極端な話、自分が呼吸するのが精一杯で

相棒のご機嫌をとる余裕が全くありません。

今のところ実際にこれから何が変わっていくのか分からず、流れに任せてしまっ

ています。 二人にとって今後の流れは、今後の相手次第なのかもしれません。



 今後共に生きていくための二人のどこに接点があるのか、


今後の人生を左右する大きな局面に立たされた感じでいます。