アメリカの雄大な自然に息づく小さな町で自転車デビュー2013/08/28

アメリカでの初の自転車乗りだ〜。 アメリカではヘルメット着用はごく普通の

ことでルールも車•バイクと同じに信号に従わなければならないのだ。自転車の

ルールも車免許の教本にも載っている。しかし前に住んだ町でもこの町でも、

日本のママチャリ感覚で乗っている人もいる。

私はと言うとちょっとだけ遠出(隣町くらいまで)も考えているのでちゃんと

ヘルメット着用してルールを守っていくつもりだ。30代まで中型バイクに乗っ

ていたのでヘルメット着用に抵抗はないのだ〜。
記念碑大砲の前で、乗り主不在だけど野外で一応記念撮影。:-) 

自転車に乗ってやっと行動範囲の距離を少し延ばせるので楽しみが増えたかな。

大通り以外は快適安全で自然な大木の並木道をサイクリングで楽しめると思う。
レノックスの小さな町につながっているメイン通り。

これが今私たちが住んでいる日常的な風景。 自然を切り開いてお屋敷が点在し

ているので物騒な感じはないけどあっちもこっちもアップダウンだらけでウォー

キングより汗をかき体力が消耗する。 久しぶりの自転車なので少しずつ慣らし

ていこうと思う。

今日の見っけものなのだ〜!
これはアンティークな消化器もし間違っていたらどうか知らせて下さい。

プライベートな領域になるのでこれ以上近づかない。やはりアメリカなので

その気になっていたらとんでもないってことも無きにしもあらずだと思っている

これは井戸の水桶に花が植えてあるものだと思う。やはり中を覗く訳にはいかな

いので本物の井戸なのか分からない。たぶん井戸のオブジェだと思う。



今朝も頭痛が治まらないまま新学校での新学期スタートデビューの日を向かえた

今回は久しぶりに酷い偏頭痛に見舞われてしまっているサンドイッチ。

アメリカではかなり強い薬が処方されているようだ。 日本でお世話になった

脳外科医の先生が日本では許可されていない薬だと言っていた。

日本人的感覚でそんなに強い薬を何日も何度も飲んでちょっと心配もしている。

でも彼はアメリカ育ちのアメリカ人だから大丈夫なのかもね。

ともあれ、今日は私たちそれぞれのレノックスでのデビューの日で

普通の日常生活がそれぞれに始まったのだ。

昨日のパピーはやはり茶色がかなり混じっているので、 確かに成長とともに薄

くなることもあるが、ジャズがパピーの頃はここまで茶色が入っていなかった

...なのでやはり9月に生まれる子を待つことにした。

大丈夫、きっといい飼い主さんがやって来るからね!

Here are some quick pictures of the little guy. He does have a bit more

brindle but we tend to see it fade away as they get older. Let me know

what you think, or if you would like to come see him in person.



ブログランキングならblogram Welcome! please click! にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村