割れたカップは元に戻らな〜ぃ :-(2013/08/30

昨夜、食器棚からこのマグカップを取ろうとして手が滑って床に落として割って

しまったのだ。この据付け食器棚は天井までの高さがあって私の身長では到底

手が届かず踏み台を使っている。アメリカ人サイズにしても高過ぎだよな〜。
これはサンドイッチのお気に入りの特別なカップだったのだ。 彼が16才の頃に

彼のお父さんがお土産で彼に買ってきた想い出のマグカップであることを初めて

割ってから聞いたのだった。謝って謝っても悔やんでも割れたマグカップは元に

戻らない。この時にちょうどネットで銀行のチェックをしていた彼のあらわなイ

ラつき。気持ちは分かるけど、そんなに露骨に落胆しなくたって...わざとやった

のではないし...。私も逆切れじゃないけど気持ち入れ替えるために夜の9時過ぎ

に黙って家を出たのだ。 このLenoxでこのシーズンだから観光客がこの時間で

も外にパラパラと見るのでちょっと安心して公園のベンチに座ってしばらく

時間潰し。そして思い出したことで、私が小学校の時に確か郵便局から毎月記念

に貰ってくる世界各国の人の特徴をデザインした陶器の貯金箱でガラスケースに

並べて毎月を楽しみにコレクションしていた父。その一つをやはり落として割っ

たことがあった。それこそ父の怒りは半端じゃなくマジ切れするので正直に言う

のが怖くって、ボンドで修復していつもドキドキしながら黙っていた。暫くバレ

なかったけど、それが分かった時の父のすごかった剣幕!完璧に忘れていたそん

なことをこの時に思い出していたのだった。

まったくね..私も気をつけて扱わなきゃ。気を取り直しで30分くらいして戻った

いつもだったら私は2、3日口きかないパターンになるんだけど今回は早々と

気持ちの入れ替えが出来たのだった。やれば出来るじゃん。:-)

割れたコップは元に戻らないって人間関係を例えでいうけど、 人と人の関係こ

そどちらかさえ折れれて見方さえ変えれば修復も出来ると思うんだけどな〜。

人間関係はそんな生易しくないかぁ〜...
このカップを私のペン立てに利用することにしたのだ〜。

2つ同じカップがあったからまだ救いだった〜。



ブログランキングならblogram Welcome! please click! にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村