気晴らし気分ルート22をNY方面へ2016/01/01

気晴らし気分ルート22をNY方面へ

牧歌的な風景に包まれたニューヨークに向うルート22、けっこう好きな道です。

クリスマスの家族の集いが終わってお兄さんの奥さんと娘ちゃんは一足先に

ブロンクスへ帰宅しましたが、その後の数日間を読書に散歩とのんびりひとりで

過ごした相棒のお兄さんを昨日、ニューヨーク州のWassaic(ワセイク)駅まで

送っていくのに、是非とも気分転換したく同乗した私でした。


たったそれだけのことなんですが、いつもと違う風景を見るだけで

充分に気晴らし気分になりました。 (いかにどこも出かけてないって感じ)


途中の小さな小さな町並みのミラートン(Millerton)で車を停めて、


お兄さんお気に入りのIrving Farm Coffee Houseでランチをしました。


わりと私好みのこのコーヒー店の雰囲気かもで、私たちが寄った時の客層は、

こんなカントリーな地域のどこに潜伏しているのだろうかと思うような

私好みのさりげなくおしゃれっぽい垢抜けした人たちがけっこう目につきました。

車越しに見た本屋さん(これもお兄さんのお気に入りの書店らしい)や

可愛いこじんまりしたお店が立ち並んでいました。

ここのとこ冬の森の中ばかりなんで、久しぶりに目の保養が出来きた感じで

結構、町も都会も好きな私なんですね、それで、

Wassaic駅ってどんな感じだろ、どんな町だろと楽しみにしていました。


えっ!こんなローカルな駅だったんですね。駅前の大きな有料駐車場には満車で

お兄さん曰く、この駅が終点でグランド・セントラル駅間をMetro North鉄道が

走っていて、ここからNYCへ通勤する人たちが多くいるそうです。


牧歌的な風景のなかにとけ込んだ駅と駐車場だけでした。


私たちの住むレノックスから1時間ちょっとのWassaic駅までと

初めて立ち寄る可愛いらしい町のMillertonでのランチとのんびりした

ルート22での小ドライブはちょっとした気晴らし気分での年納めとなりました。


こちらアメリカ東部 マサチューセッツ州はまだ2015年の年末ですが、


日本の皆様へ、

2016年、明けましておめでとうございます。良い年でありますように!



仕事継続祈願 2016アメリカでの私の初詣2016/01/03

仕事継続祈願 2016アメリカでの私の初詣

2016年度の仕事継続なんですが、ちと雲行きが怪しいそうな雰囲気かもです。

相棒、ボス校長とのコミュニケーションがうまく取れず仕事の段取りがやり辛く

それがかなりストレスになっているようです。曖昧な対応の校長先生からの

手応えが感じられず、もしかして校長先生に好かれてないのかもしれません。

これって一大事なことで、2016年度の継続が心配になっています。

相棒の話だけを聞いていると、この校長先生良い上司とは言えない感じです。

いつも忙しい忙しいと言っては何故か曖昧にされてしまうようで、

そんだけの給与取っているんだからきちっと対応すべきだと思うのですが。



今日は相棒も一緒に Great Barrington(MA)にあるMonument Mountainへ

久しぶりに2人でハイキングへ行く予定にしていました。


体力に自信がない相棒のためにIndian Monument Trailの方から

ゆるやかなコースでゆっくり行く予定にしていましたが、

夜中に頭痛発症のため 残念でしたが今年も私だけで行ってきました。


昨年の28日頃の初雪からさえない天候が続いるここマサチューセッツです。


マイクロスパイクを装着して気合いを入れて登山してきました。

ずーっとキツい登りが続くのですが距離がそんなにないので休憩なしで

一気に頂上までいってしまいます。日頃のウォーキングの成果だと思います。


今までは晴天で気持ちがいい頂上でしたが、

今回は曇りで風も強く頂上で吹き飛ばされないように若干要注意でした。


そして今年も相棒の勤める学校を眺めながら、

今年も問題なく仕事が継続出来ますようにと昨年同様に祈願してきました。



あたしもひとこと言いたい!2016/01/04

あたしもひとこと言いたい!
今日は三が日の最後の日です。午前中はやっとの快晴でしたが、

再び午後からは予報通りにどんよりとしてしまい気まで滅入ってしまいそうです。


この頃はオータムのことをあまり記事にしていませんが、

散歩中は相変わらず多くの人から声をかけられる人気者であります。

相変わらずの散歩中ではクレージーダンスに枝拾い食いと私を困らせてくれます。


そして年末には、年に一度の健康診断と検便と血液検査を受けました。

来週にはその結果が得られると思いますが、何分に狂犬病接種以外は

フロントラインもいっさいのワクチンを受けさせていないオータムですので、

内心、その結果にドキドキしています。



今日も元気なそんなオータムの散歩で、突然この家の前の階段に上がって

静止してポーズするかのように私を見つめていました。

今まで一度もなかったことです。

そこで飼い主の私は、オータムの気持ちになって解釈してみました。


" あたし、皆さんに2016年の新年の挨拶をまだしていません!"

" あたしも挨拶したいからあたしの写真も撮ってください!"

なんて、取ってつけたような話ですが、

本当にオータムにはあり得ると思えるくらいにユニークな犬なのであります。

ってなワケで、



       まだまだ、"Happy New Year!!!"



一人歩きアメリカでの明暗の三ヶ日2016/01/05

一人歩きアメリカでの明暗の三ヶ日

なんだか、ここんところ一人で過ごすのにすっかり慣れてきた私です。

そもそもアウトドアの楽しさを教えてくれたのは相棒だったのですが、

ここ数年は仕事だけで体力が消耗してしまう相棒です。

そんな私たちが2人で共有するのは今では唯一映画を観るくらいかもしれません。

あとは、めいめいに読書したりパソコンに向ったりで過ごしています。


2016年はアメリカでも4日から平常通り学校も始まり仕事始めとなりました。

しかしこの私はなんと!

今朝、英語クラスへ行くのにいつものバスに乗り損ねてしまいました。

いつもの時間なのに、何故かバスは早目に停留場に着けて一人の女性を拾って

”Wait! Wait!Wait! Wait!”も空しくも届かずさっさと行ってしまいました。

運転手の視覚に入っていないのと声が届くワケないのは分かってのことですが

人間って必死になるとこうして叫んでしまのが心情なんですね。

バスに乗り遅れて授業をミスしたのは初めてのことで、

年明けの初日だけに残念無念でした。



そして相棒は2日からの頭痛が再び夜中から偏頭痛になってしまい、

三が日の最後の日は1日中ベッドから出ることが出来ませんでした。

もうこのパターンは8年前から見ていて慣れっこなんですが、アメリカの薄暗い

部屋の中でシーンと潜んでいると私までも気が滅入ってしまうのであります。

この偏頭痛のパターンはもしかしたら仕事始めに出勤出来ないかもしれないと

懸念していました。偏頭痛は朝になってもぬけなかったのですが、

今日は休明けの初日でもありで、それでなくっても...やっぱマズいっでしょ!

通常この頭痛のパターンの時は仕事が出来ず休みますが...

本人もかなり危機感をもっているようで、行きました〜ホっ〜!

日本人的感覚の仕事に這ってでも行くとはこのことでありますね。



あっという間に過ぎ去った三が日、私もオータムも元気ではありますが、

やはり一人でも病人が出るとなんだか暗い暗い家の中の様子であります。


三が日と言えど、アメリカでの私たちの新年は特別な料理の準備もしません。

アメリカで日本風の正月料理で新年を祝うのは乙なものと思うのですが、

あいにく相棒は好きでなくこの4年間は正月料理とは全く無縁に過ごしています。

暮れの年越しそばは我家でも恒例で、縁起を担いで年越しうどんで食べます。



一年の計は元旦にあり、三が日は気を引き締めて過ごそうと思いました。


さて、

元旦の朝のオータム散歩は相棒の番で、私珍しくも寝坊してしまいましたが、

やはりケネディパークでの初ウォーキングで2016年の私の幕開けとなりました。

帰ってからスロークッカーでポークリブをセットしてラクチンディナー。

午後はママのところへ、再びウォーキングで出向いて新年のご挨拶で談笑。

午後には一応、英語の勉強もちらっとしてみました。


夜には映画鑑賞で、すでに『スターウォーズ』は昨年観終えていましたので、

7時15分上映の『Point Break』を観に相棒と出向きました。


20年以上も前のキアヌ・リーヴス主演の『ハートブル−』のリメイク版は

スケールアップしていてサーフィンだけでなくスノーボード、ウイングスーツでの

スカイフライング、ロック・クライミング、モトクロスなどの見応えあるアウト

ドアスポーツシーン満載でした。いや〜断崖絶壁のクライミングと山頂での

モトクロスは観てるだけでも怖いくらいの神業でスッゴぃ!

相棒、この迫力を映画館でもう一度楽しみたくまた観に行こうとなりました。


難点は、若手FBIエージェント役の体中に入れたタトゥーには..げんなりでした。


どうしてあ〜も入れまくるのでしょう〜どう見ても私には落書きにしか見えず、

私としては、たとえどんなにハンサムさんでもイメージダウンしてしまいます。



2日は、すでにブログにしましたが私の初詣で祈願登山をしました。

相棒は頭痛で1日家で過ごしていました。

ディナーには相棒のリクエストでロブスターを茹でて食べました。



そして三が日最後の日は久しぶりの青空を白い雲の間から覗かしてくれました。


森の中で見る久しぶりの光と影に気分よくしていつものケネディパークの

数々あるTrailで初めてのコースをウォーキングしてみました。

山の中の一人歩きなんて前の私には到底考えられないことでしたが、

何ごとも場数を踏めば慣れてしまうもんで、一人でもへっちゃらになりました。


こうしていつもと変わりなく過ごした三が日で、特に今年の抱負はないのですが、

ただただ今年前半は、相棒の仕事が無事続けられることを祈るだけです。


告知は早ければ3月頃、それを過ぎると5月後半には分かると思います。

この地に骨を埋めるまでとはもちろん言いませんが、

せめて相棒のママが元気なうちはここで暮らすのがベターであります。

なのでなのでこれは神様お願いです的レベルまで達してしまうのです。



どうする3つのスロークッカー2016/01/07

どうする3つのスロークッカー

アメリカ人の相棒は子供の頃から普通にスロークッカーが身近にあったそうです。

私の子供時代に日本の世の中にあったのかどうかも知りませんが、

私の家に限ってはそんなものはなく、大人になっても料理に興味がない私には

全く縁のないものでした。
なのでそれがどんなものかも知らないまんま

相棒のママから古いタイプのスロークッカーをママの2年前の引越しの際に

譲り受けていて、普通はこれ何ってことになるんですが 何故か、

そのまんま棚にしまっていた始末で...なんて料理知らずの私なんでしょうか。


ごくごく最近になってから、スロークッカーレシピに出会い突然に目覚めたか

のように、もしかしてこれがスロークッカーってやつかもと、

遅ればせながら これで初めて調理したのが、牛肉ブロックでチリ&ビーンズ。

ラタトゥイユ。牛肉リブ、これがこれが柔っこくて美味しいのなんのって、

日本で食べた美味しい牛肉以来、これですっかりと味を占めました。


ママのは縦長で一体型の内鍋がないタイプで、調理のあと洗いづらいと言うと、

相棒の子供時代の役目だったそうで 3回調理して三回とも相棒がキレイにして

くれました。 すっかりスロークッカー調理法が気に入ってしまった私は、

もう一つ横に広いタイプを買って使い分けたく相棒にリクエストしました。


昨年のクリスマス前にTargetで、ちょっと小ぶりだけどデザインも可愛いく

タイマー付きでなんと30ドルくらいで手ごろな値段なので買いました。

とりあえず我家のクリスマスの献立はスロークッカーを使用しないので、

箱も開けずに手付かずのままに置いておきました。



そして、

昨年のクリスマスのプレゼントで、なんと相棒の子供たちから

容量が大きいスロークッカーがプレゼントされたのでした!

この時点で3つのスロークッカー所有者になってしまいました。でも...

3つもあってもしょうがないし、これはタイマー付きではないのですが、

せっかくのプレゼントを返品するわけにいきません。

私たちが買ったスロークッカーをそのままそっくりと年末に返品してきました。


そして、年明けの1日には新品スロークッカーでポークリブを調理しました。

これがまたまたウマくってウマっくて、たまりませ〜ん!

今さら何言ってんですかぁ〜なんて声が聞こえてきそうですが、

遅ればせながら私もスロークッカー調理にハマりまくっています。

なんてったってどれも簡単で出来栄え味わいが申し分ない。


レシピ本も付けてくれましたので、プレゼントされたスロークッカーを

メインにして調理内容によってはママのと使い分けて、人数が多い時には

2つ同時使用で調理して、う〜ん、これはこれは料理の強い味方になります。

美味しい美味しいスロークッカーレシピで幸せ料理に励んでこ〜