アメリカの伝統的なベビーシャワーでみる私のポジション2015/07/17

アメリカの伝統的なベビーシャワーでみる私のポジション
NY行きに続き ベビーシャワーパーティーで ボストン近郊に住む

相棒の息子夫妻の家へ行ってきました。


パーティーの主役になる息子夫婦と産まれて来るベビーと祖父母になる

その両親がメインとなるパーティーでは正直言って事実上部外者的立場の

私、自意識過剰過ぎるのでしょうか 気が重いまんま出向いたのでした。

せめても英語が達者ならばしゃべりまくって堂々たる態度で自分のポジションを

確立させてその場を普通に過ごせるとは思うのですが なにぶんにも簡単な会話

の範疇を超えられないダッドの再婚者の私で なんともしょぼい感じの印象が

ぬぐいされない私 考え過ぎでコンプレックスを抱え過ぎなのでしょうか

どんだけ小さくなっていく自分がそこにあるのだろ〜かと気を揉みながら

足を向けた初めてのベビーシャワーパーティーでした。


パーティー会場は 近所にある相棒の息子の奥さんの従姉の大きな家で行われ

総勢30人くらい集まったと思います。 奥さんの従姉の家に居る大型犬も

デイケアに預けられて オータムとオスカーも家でお留守番となりました。


家の前の大きな敷地にはすでに沢山の車が停められていました。

相棒の前妻さんと次男とが私たちと同時に着き しょっぱな挨拶を交しました。


家の中に入ると 相棒の長男がエプロンしてここでも料理の準備をしていました。

彼はコックさんになりたいと思った時期もあったらしく 料理を作ることも

食べることも愛し楽しみ 料理のこだわりも腕前もなかなかであります。

バックヤードのポーチにはパンチ ビール ワインなどが用意されていました。

少人数が輪になっておしゃべりしながら入替え立ち替わり 次々と相手を変えて

おしゃべりを交していくこの感じは、

あ〜これって映画でよく目にするアメリカのホームパーティースタイルじゃん。


そして、前妻さんが私たちのところへやって来て三人の輪になりました。

彼女は私に、

アメリカの生活はどう?今住んでいるところは好き?長い冬に退屈しない?

ホームシックにならない? などなどと積極的に話しかけてきました。

3年アメリカで暮らすけど今だに英語力がつかないのが悩みという私に、

アメリカ人のお友達を作っておしゃべりするのが早道よってアドバイス。

それは理想的なことだけど この年になるとそう簡単に友達は出来ないので

英語クラスで根気よく勉強していくだけが関の山かな。

前妻さん、何故か私たち2人だけの写真を撮っていましたが 里帰りする時の

みやげ話用の写真のつもりなのかな。


一通り挨拶がてらローテーションするようにおしゃべりがすんで落ちつき始めた

頃に 私は一体いつメインの人たちの特別な何かが始まるんだろうかと思いつつ

1時から始まったパティーはあっと言う間に3時を廻っていました。

相棒がもう私たちは引けようなんて言います。えっ?私は主役になるお父さんが

さっさと帰ってよいのだろうかと心配すれば こういったパーティーは

苦手で好きでないからもう充分だと言う相棒でした。

帰りかけると、これからプレゼントをオープンしていくとのことでしたので、

それを見届けて4時過ぎには帰っていった私たちでした。

それから相棒の息子夫婦が帰ってきたのは6時半でした。


プレゼントオープン以外は普通に輪になったりテーブル囲んだりしながら

おしゃべりしているだけで時間が流れていて特別なことはありませんでした。

日本だったらお父さんが、誰かが挨拶するとか何かありそうなんですが、

ここに集まった人たちは親戚関係だったり特に親しい友人だったりで

すべての人たちがだいたい素性を知り尽くしているからでしょうか、

意外や意外で何も特別なこもなく身内や友人関係でゆったりした時間を

共有してなごやかに過ごすだけのものでした。

やはり私は考え過ぎな部分があり過ぎで アメリカではなおのこともっと

自然体になれるように努めることをこれからの課題としていきたいと思います。

その時の様子を帰ってからママにも報告しました。 途中で引けたこと言ったら

ママ一言、”なんてこと!”(なんで最後まで居ないのってことです)

やっぱそうですよね〜、いくら特別なことなくっても主役になるお父さんの

相棒がさっさと引けてしまうなんて何事かなって感じでもあります。

自分でおしゃべりは得意ではないと言う相棒ですので1時から6時半までもの間

延々とおしゃべりだけするアメリカスタイルのホームパーティーに

居られるワケがありません。

私がせめて英語が達者なら相棒をフォローすることも出来るはずなのですが、

それどこか相棒なしでは このようなパーティーでは過ごせない私ですので

これでは、どっちもどっちの私たちになってしまうようです。 :(